幸せな家族の作り方

今すぐできるモラハラ夫を従順にしつける対処法

ザビエル
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ザビエル
当サイトの管理人ザビエルです。これまで僕は、計21000名以上に夫婦関係を良好にする秘訣を配信しています。 また、おかげさまで夫婦関係の本も2冊出版させて頂いております。

プリント

ザビエルです。

あなたはもしかしたらモラハラ夫に困っているかもしれません。

辛い日々を送っているかもしれません。

ですが、安心してください。モラハラ夫を従順にしつけるための対処法をこれからじっくりと説明していきたいと思います。

ぜひ最後までじっくりと読んでみてくださいませ^^

1.モラハラ夫を従順に躾けるために

それでは、これからあの超強敵なモラハラ夫を従順にしつけるための方法というものをお伝えしていきたいと思います。

これは、主に心理学を応用していますので、人間の本質に基づいたしつけ方法になります。

そして、実はこの方法というのは2つあるので、どちらでしつけるかはあなたが選んでください。

それでは、いってみましょう。

2.人間の本質

人間は快か痛みかのどちらかで動くというふうに言われています。

まあ、簡単にいえば飴と鞭の理論ですよね。

例えば、これをやったら何かをあげる、ごほうびをあげる、もしくは、これをやらないとこんな痛みがあるというどちらかです。

そして、一番いい動かし方は、痛みを最初に与えて、その後で快で走り続けるというのが、最も効果的というふうに言われています。

では、モラハラ夫をしつけるために、この痛みと快による、人間が動く本質をどう活用していけばいいのか。

それについて、お話ししていきたいと思います。

3.あなたはどちらでしつけたいのか?

先ほども言いましたが、人間は快か痛みかで動きます。

すなわち、モラハラ夫を痛みでしつけたいのか、快でしつけたいのかによって、あなたの行動が変わります。

ただし、これは非常に注意が必要なのですが、このどちらかで動かした結果、どのような未来が待っているのかというのも、常に見据える必要があります。

それでは、一体それぞれのしつけ方法で、どのような未来が待っているのか。

4.痛みを与えた未来

大半の人は、この痛みを与えるしつけ方法を取ろうとします。

例えば、離婚で脅したり、もしくは、いかにこのモラハラ夫がおかしいのかということを言ったり、逆には泣いて「自分が悪いの、自分が悪いんでしょ」と自分を責める。

そして、いかにあなたが私を苦しめているのかということを表現しようとする。

そして、旦那にそれがいかにおかしいことなのかを分からせようと努力をします。

もちろん、この方法でもいいと思います。

ですが、その先に待っている未来というのはどういうことかというと、モラハラ夫の凶暴化や、あなたが疲弊して精神病にかかったり、離婚という決断を取る可能性が高くなります。

すなわち、夫婦関係というのはどんどん壊れていく可能性のほうが高くなるということです。

では、逆に快を与えた未来はどうなるのか。

5.快を与えた未来

快を与えた未来というのは、夫に快を与える、要は夫を気分良くさせるということです。

ただ、ここで勘違いしてほしくないんですが、夫を喜ばせるためにあなたが頑張る必要性は全くありません。

そうではなく、あなたと一緒にいて楽しいと夫が思うことが重要なんです。

あなたが努力して、夫の言うことを聞くわけではありません。

それをすればするほど、あなたは疲弊していきますし、夫は図に乗ります。

なので、そこではないわけです。

それでは、もう少しお話ししていきたいと思います。

6.痛みなら痛みが快なら快が与えられる

これは簡単に言えば、どちらかの感情を与えれば、どちらかの感情が返ってくるという法則が働くということです。

先ほども伝えましたが、痛みを与えれば、相手はストレスを溜めます。(そうとうM気質なら快になるかもしれません苦笑)

そのストレスは、より弱い相手に向きます。たとえば、子供や物にあたる、自分を責めて、自分をうつ病にしてしまう、、、どんな結果が出るかわかりませんが、あなたが痛みだと感じるものが返ってきやすくなるわけです。

では、快ならどうでしょうか?

相手に快を与えると、相手は喜びやすくなります。相手が喜ぶと、当然ですがあなたにも快を与えたいと思うわけです。

人の感情は非常にシンプルです。

痛みを与えれば、痛みを返したいと思い、快なら快を返したいと思うわけです。

ただし、これは100%そうなるという話がしたいのではありません。

そうではなく、あくまで確率の話です。

そして、どちらを与えるのかはあなたが選ぶことができます。

7.オススメは快

僕としては、お薦めは快を与えることです。

そして、快を与えるというのは先ほどもお話しした通り、夫があなたといて「楽しい」「嬉しい」「感謝できる」というような、いい感情を感じることだと思っています。

そして、いい感情を与えるからこそ、このモラハラというものはなくなっていきます。

しかし、先ほども言った通り、痛みを与え続けると、「あなたはいかにおかしいのか」「あなたはいかに間違っているのか」ということを認識させようと努力すればするほど、夫のモラハラはひどくなったり、DVに発展したり、はたまた、あなたには精神病や離婚という決断に向かわせる可能性が出てきます。

ですので、ぜひここではお薦めは快の選択を取ることをお薦めしています。

8.快の与え方

それでは、夫があなたと一緒にいて「幸せだ」「楽しいな」と思うにはどうすればいいのかというと、これは実は非常に簡単なんですが、あなたが幸せになることが最も重要になってきます。

これは、よく考えてほしいんですが、あなたの状態がいいときと悪いときという2つの種類があったとします。

あなたの状態がいいときというのは、いわゆる機嫌がいいときですね。

このときは、例えば、ちょっと手間でも旦那の好きなものを作ってあげようとか、ちょっとしたことでイライラしなかったりとか、笑顔が増えたりとか、ちょっと面白いことを言ってみたりとか、そういうことができると思います。

しかし、一方であなたの気分が良くないと、ちょっとしたことでイライラしたり、夫を喜ばせるという発想は全く生まれずに、それよりも嫌なところばかりが目についてしまうということが起こるかもしれません。

なので、ここで重要なのが、あなたがあなたのご機嫌を取ること。

そして、機嫌を取ることによって状態が良くなれば、あなたは気分良く過ごせるわけです。

気分良く過ごせてるあなたと接する夫は、あなたからいい感情というものを受け取ります。

そうすると、実はそのいい感情というのは、夫からあなたにまた戻ってくるんですね。

なので、ここでは、まずあなたが気分良く過ごすというのがすごく重要であるということを覚えておいてください。

9.あなたがご機嫌に過ごすこと

先ほども話しましたが、あなたがいかに機嫌良く過ごせるのかが、実はモラハラ夫を従順にしつける方法であるわけです。

何度も言いますが、痛みでしつける方法と快でしつける方法の両方があります。

そのどちらを選んでも、あなたにとっては正しい選択なので、僕はどちらでもいいと思います。

ただ、未来を想像して行動に移してほしいんです。

痛みを与えた未来はどんな未来なのか、快を与えた未来はどんな未来なのか。

あなたはこれまで、痛みを与えるようなしつけ方法をしてきたのではないでしょうか。

結婚当初はそこまでモラハラというふうに感じなかったのが、結婚して何年か経つと、「何てひどいことを言ってくるんだ、この人はモラハラなんじゃないか」と感じ始めた。

でも、実は過去を振り返ってみると、痛みであなたはしつけようとしてたかもしれない。

その結果、モラハラという行動で返ってきた可能性もあるわけです。

ということは、当然また同じような痛みでしつけるようなことをすればするほど、そのモラハラというものはもっとひどくなる可能性が高くなるわけです。

なので、ぜひここでは、まずは夫のモラハラ云々はちょっと置いておいて、あなたが機嫌良く過ごすことに意識を向けてみてください。

10.あなた次第で夫は変わる!

これも先ほどお話しした、あなたが変わればモラハラ夫は変わる可能性が十分高くなります。

痛みでしつけていたものが、快でしつけるようになるわけなので、それを受け取る夫というのは、痛みやストレスではなくて、喜びや楽しみという感情を受け取るわけです。

そうなると、当然夫から返ってくる反応というのは、いいものが多いです。

当然ですが、ストレスを与えればストレスが返ってきます。

痛みを与えれば、痛みが返ってきます。

脅しを与えれば、脅しが返ってくる。

でも、逆に喜びで与えれば、喜びが返ってくる。

楽しみを与えれば、楽しみで返ってくる。

これは、全てその通り返ってきます。

なので、あなた次第、本当にあなた次第で夫は180度変わります。

ぜひ一度試してみてください。

 

もし、もっと詳しく知りたい本当に幸せな家庭を作りたいと思われるのであればぜひ↓のメルマガに登録してみてください^^

最初の1通目で、「旦那から”やっぱりあなたと一生一緒にいたい!”と思わせる3つの法則」をレポートとしてプレゼントしています。

もし、このレポートを読んでもあまり価値が感じなければ、メールの一番下から解除できますので、試しに読んでみてください^^

今から3ヶ月後、、、、あなたと旦那さんとの関係を改善させるぐらいのものだと自負しています。

周りから「お宅は本当に幸せそうね~」と言われるような家庭を一緒に作りましょー^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ザビエル
当サイトの管理人ザビエルです。これまで僕は、計21000名以上に夫婦関係を良好にする秘訣を配信しています。 また、おかげさまで夫婦関係の本も2冊出版させて頂いております。

Comment

  1. アバター 匿名 より:

    メールマガジンを読ませていただき、とても参考になっています。
    自分なりに考えを改め、自分を満たしてご機嫌な状態を作ったり、相手の本当の気持ちに以前よりは気づけるようになりました。

    ですが、私から夫に話しかけても「あぁ」「ん~」くらいしか返事がなく、夫からは話しかけられない日が続くと、どうしても気持ちが沈んでしまいますし、「私の一方的なコミニケーションに意味はあるのだろうか?」とも思ってしまします。

    自分に無理をしてまで相手に尽くさなくてもいい‥‥ともおっしゃっていましたが、私からの一方的な会話でさえ、無くなるとコミニケーション0の夫婦になってしまうので、どうしたらいいのか悩んでいます。

    何かアドバイスをいただけたら幸です

  2. ザビエル ザビエル より:

    コメントありがとうございます!

    アドバイスはしておりませんので、ご了承くださいm(_ _)m

    ただ、なぜそのような関係になってしまったのか?ここを理解されると、旦那さんがそのような会話をする理由が見えてくるかもしれません。

    ちょっと抽象的でわかりづらいかもしれませんが、お伝えするのに時間がすごくかかってしまうため、ご理解いただけると幸いです。

  3. アバター 匿名 より:

    こんにちは、読ませていただきました。夫は私が機嫌良くしてると攻撃してきたり、バカにしてきたりします。この場合はどうしたらいいのでしょう?

  4. ザビエル ザビエル より:

    メッセージありがとうございます!

    ぜひ、メルマガやメルマガ内でプレゼントしているレポートを参考にしてみてくださいませ^^

  5. アバター てらにし より:

    夫は自称社長。でも生活費を全く入れてくれません。それなのに息子二人を二代目にするとか言います。自分の言い分が通らないと大声を出してどなるし、一度警察がきたので、それからはまだ暴力はないのですが、もう限界かなと思い離婚を考えています。一筋縄ではいかないと思っています。モラハラと言うよりDV?

  6. ザビエル ザビエル より:

    なるほどです!もしよければ、一度メルマガをご覧くださいませ^^

    いつでも解除が可能ですので!

  7. アバター 匿名 より:

    あのね、どうして女だけ努力しなきゃいけないのよ。モラハラ男は元々モラハラだよ。誰と結婚してもモラハラなのよ。何度結婚しても浮気してしまうのとおなじだよ。女は子供いるから我慢するしかないのよ。
    それだけ。

  8. アバター 匿名 より:

    日々の言いようのない心理的苦痛がモラハラだとわかりました。私の夫は快でも痛みでも、それを感じるという神経がありませんので、快を与えればそれを受けとるのみで、あの人だけが喜び、痛みを与えれば返してくる どうしようもない人間です。関わらない という選択肢を選びたく離婚を望んでいますが、その間さえもしんどくと精神的におかしくなっています。

  9. ザビエル ザビエル より:

    メッセージありがとうございます!

    ただ、僕としては女性だけが努力すべき!という考え方ではありません。

    たとえば、妻からモラハラをされているという男性には、男性自身を変える方法を教えています。

    わかりづらくて申し訳ありません。

    何か少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

  10. ザビエル ザビエル より:

    メッセージありがとうございます!

    そうなのですね、最終的に決断するのはご自身ですので、僕はどの道でもご自身にとっては正解なのだと思いますよ^^

    ただ、その前に今の状況になった理由、旦那さんやご自身の心の中で何が起こっているのか?などなど、いろいろな角度で分析してみると、見えてくるものも違ってくると思います。

    何か少しでもお役に立てられればさいわいです。

  11. アバター 匿名 より:

    こんばんわ。藁をもすがる思いでメール講座の1通目を読ませて頂きました。
    自分とはちょっと状況が違ってこの先読むべきなのか少々戸惑っております。
    その理由として、1の女性の写真の文章のような対応を私は夫にずっとしてきたからです。
    逆にそれが仇となってしまったようでどんどん夫が自意識過剰になり、モラハラとパワハラに発展したのです。俺は完璧だけどだからお前はダメなんだとか俺のおかげでお前は存在出来てる、お前は寄生虫とかわらない、という考えになっていきました。
    味方であることを全面的に出して相手を尊重して来た為に相手が自分を神かなにかと勘違いし始めてしまい周り全てをバカにして卑下するようになってしまったんです。
    この先講座を読んでいけばそういう普通と真逆の原因で起きてしまっているモラハラも改善出来るようになるでしょうか?

    もし無理であるようでしたらすぐにでも女性相談に駆け込もうと思っております。モラハラが始まって数年経ちます、ストレスからメニエール病を発症し心も体もボロボロでもう限界なので時間が無いと思っています。

  12. ザビエル ザビエル より:

    メッセージありがとうございます!

    僕の中では、ご自身が、どういう想いで接していたか?よりも、相手がどう受け取っていたのか?が大切だと思っています。

    ですので、ご自身は、1の女性のつもりだったのかもしれませんが、相手にはどう伝わっていたのでしょうか?

    ここは僕自身もわかりません。

    何か、少しでもお役に立てられればさいわいです。

  13. アバター 匿名 より:

    相手をしつけるという考え方自体がDVという構造です。
    相手を傷つけたから、自分に返ってくることもあるでしょうが、そもそも快を与えるという立場ではなく、お互いを尊重する態度を両者が持つべきです。
    些細なことでもモラハラと感じたら、ボロボロになる前に女性相談を利用された方がいい。
    相談をしても、何も現実は変わりません。ためらわずに、気後れせずに、まず相談へ。
    その後自分がどのようなアクションをとるかで現実が変わる。
    自分の行動を変えてみる、分かれる選択肢を選ぶ、両者がDVを自覚しともに更生・回復を選ぶも自由。

    自分がどんなコミュニケーションの技法を駆使しても相手は変えられません。
    変えられるのは自分自身。コントロールできるのも自分自身。
    相手を変えようと、快で相手をコントロールするのはあなたもDVの加害者になるということです。

  14. ザビエル ザビエル より:

    メッセージありがとうございます!

    おっしゃる通り、コントロールしようとすること自体、相手にとっては嬉しくないことだと思っています。

    僕が書いている「快」とは、相手にとっての「快」であり、自分にとっての「快」ではありません。

    ただし、相手が思った通りに行動する事でもありません。

    ここは、ブログという手段では伝えきれず、わかりづらい表現だとしたら、申し訳ありません。

    メルマガではレポートや音声などで、解説しているので、興味がありましたら、ご覧になってくださいませm(__)m(価値が無いと思われたらすぐに解除できますので)

  15. アバター 中鉢桐湖 より:

    主人は常に自分が正しく私には以前暴力をふるったのに「一切手もあげてない」と言いはってます、主人か上、間違いや意見んわ言おうものなら「言い訳」と言われ「具合が悪い」と言えば「心が弱いから大袈裟なんだ」と一喝です、本音もいえず泣く事もできず我慢してきました、夜も緊張がとれず眠れません、日々ころころと感情がかわります

  16. アバター ぴぷぺぽ より:

    主人が常に正しく間違いを認めません以前暴力があったので怖くていいなりですどうか心を助けてください

  17. アバター びろひろです より:

    びろひろです有り難う御座いましたが私と主人は最初から最悪な出会いて主人は「何もかも捨ててお前を此処まで育て上げだんだ!」とぃう所から始まっていますのでDVはしつけ、説教は説諭(教育になり)年も17離れているので俺が常に正しいお前がまちがっているとわたしがないて土下座する迄おわりません、誰にも本音が言えません。死にたい、、はしょっちゅう思います

  18. ザビエル ザビエル より:

    大変な中、メッセージありがとうございます。

    お辛い日々を過ごされていると思います。

    ぜひ、一度メルマガなどをご覧いただき、少しでも現状が打開できるよう、お役に立てられれば嬉しい限りですm(__)m

  19. ザビエル ザビエル より:

    メッセージありがとうございます。

    メルマガやレポートなどが、ぴぷぺぽさんのお役に立てばうれしい限りですm(__)m

  20. ザビエル ザビエル より:

    メッセージありがとうございます!

    こうすれば良いというアドバイスはできませんが、今の状況から何をどのような視点で、行動してみればいいのか?というのは、メルマガやレポートがお役に立つかもしれません。

    少しでも何かのお役に立てられれば、嬉しい限りです。

  21. アバター 匿名 より:

    モラハラ、自己愛性パーソナリティ障害は、妻が変わっても変わりませんよ。
    自分で自分のご機嫌を取りながら、夫婦生活をうまくこなす。のは、普通のご夫婦において、であって人格が偏っているモラハラ気質の男性相手には通用しません。

  22. ザビエル ザビエル より:

    メッセージありがとうございます!

    なるほどです!それはご自身がどうされたいのか?なので、お任せしますm(__)m

    何かお役に立てられれば嬉しい限りです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 夫婦道 , 2017 All Rights Reserved.

興味がある方をどうぞご覧ください^^
興味がある方をどうぞご覧ください^^