友田明美先生のマルトリートメントについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

34021888_s

どうも、ザビエルです^^

今回は、10月28日のテレビ「世界一受けたい授業」の中で、子供の脳が変形する危険な子育てというものが紹介されていました。

非常におもしろく、見入ってしまったので、少し紹介してみようと思います。

この友田先生という方は、日本の脳科学者で、福井大学の教授です。

また、ハーバード大学との共同の児童虐待が脳を委縮させる件についての研究が有名だそうです。

この方の研究の中で、親の行動により、子供の脳が変形するという研究結果が出たそうです。

で、テレビの中では、親の行動の中でも、特に子供の脳に影響を与えるランキングが紹介されていました。

5位:過干渉

危険・恐怖心を感じる「偏桃体」が変形する

→自分は信用されていないと認識し、自分に自信を無くす。その結果、大人になった時、いつもビクビクする

4位:スマホ育児

感情をコントロールする「脳梁」が変形する

→集団行動ができなくなる

3位:風呂あがりの裸(特に子供が嫌がっている場合)

視覚を司る「視覚野」が変形する

→記憶力・認識能力が低下

2位:兄弟・友達と比較する

喜びや快楽を感じる「線条体」が変形する

→アルコール依存や薬物中毒に発展する恐れがある

1位:感情に任せた暴言(体の暴力よりも言葉の暴力の方が脳にダメージを与える)

聴覚を司る「聴覚野」が変形する

→心因性難聴などの症状が起こる

※詳細は、下記の 「子どもの脳を傷つける親たち」を読んでみて下さい。

(僕も実際に読みましたが、非常に興味深く、面白かったです。あと、この方の思いも伝わってきたすばらしい一冊だと思います。これは僕が受けた印象ですが、少しだけ難しい感じがしました^^;)

子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

新品価格
¥842から
(2017/10/29 15:29時点)

で、ここからは専門家でもなんでもない僕の視点で解説してみようと思います笑(まぁ、一応心理学視点です)

・・・

僕の中で、子供が問題行動を起こすのは、

「自己肯定感の低下」(僕は存在価値という言葉を使っているので、以下は存在価値という言葉で説明します)

だと思っています。

これって、よく言われますよね。

で、自分が存在する価値というものが低ければ低いほど、自分の自信が無くなっていきます。

その結果、

自分なんてどうでもいい

とか、

自分は何をやっても失敗する

と思っていくわけです。

では早速解説してみましょう。

<過干渉>

干渉されればされるほど、「自分の意志」というものは育ちにくくなります。

これは、僕の考えですが、基本的に、この5つのSTEPで人は成長すると思っています。

STEP1.自分で考える

STEP2.自分で選択する

STEP3.自分で決断する

STEP4.失敗or成功体験をする

STEP5.体験から学ぶ

って感じです。

ですが、干渉(親が考え、選択し、決断する)が起こると、子供は何も学べなくなります。

学べないと何が起こるか・・・

 

失敗or成功体験がないから、決断できない。

決断ができないから選択ができない。

選択ができないから考えられない。(考えられるけど、本当にそれでいいのか悩んでしまう)

 

なんてことが起こるわけです。

その結果、この子はどんな大人になるのかというと、、、

自分に自信がないから、自分で考えられず、周りの人の考えを気にし、人の選択に乗っかり、人に決断を委ねる。

失敗すれば、人のせいにして、成功すれば自分のおかげだと思う。

もしくは、自分自身が出せない(うまくいかないと思い込んでいる)ため、人と関われない、その結果、引きこもりや不登校のきっかけになるかもしれません。

そんな大人になるかもしれません。

もちろん、必ずそうなる!って話ではなく、可能性の話です。

 

<スマホ育児>

スマホ育児(特に1日中スマホやパソコンを使わせるような場合)は、人間との関わりが減るため、対人関係において、どんな行動や言動が、相手にどんな影響を与えるのかがわからない。

そのため、相手が怒ったとしてもなぜ怒ったのかわからないし、喜んでいてもわからない、、、

ようは、「人間の感情に鈍感になる」という感じでしょうか。

人間の感情に鈍感になるため、「人の気持ちが全くわからない」、、、そんな大人になるかもしれません。

 

<風呂あがりの裸(特に子供が嫌がっている場合)>

これはちょっと僕の言葉では説明が難しいです。(体験が無いので汗)

ただ、子供が嫌がっていることをやり続けるということは、子供にとっては好ましくないのは確かです。

また、その理由も必ずあると思います。

ようは、風呂あがりの裸を見ると、どうして嫌なのか?の理由ですね。

だからこそ、子供の中でどんなことが起こっているのかを聞いてみることは必要かもしれません。

<兄弟・友達と比較する>

なぜ、兄弟・友達と比較するのが、問題行動を起こす理由になるのでしょうか?

比較するパターンとしては2つ存在すると思っています。

1つは、自分の子供が、比較相手がのパターン、もう1つは、自分の子供が、比較相手がのパターン。

これは、どちらも問題行動に発展する可能性が高いです。

それでは、もう少し詳しく説明していきましょう。

 

自分の子供が下、比較相手が上のパターン

こちらは、単純に言えば、いかに自分(子供)ができないのか?を認識させるパターンになります。

なぜなら、その比較は、常に子供が勝てない比較だからです。

・あの子は出来ているのに、あなたは出来てない

・あの子は上手なのに、あなたは下手

といった常に勝てない比較をさせられるために、できない自分とどんどん認識していきます。

そうなると、子供は、どんどん自分に自信を無くし、余計にできなくなっていくし、さらにほかのことが出来なくなったり、他に問題行動が起きたりします。

 

自分の子供が上、比較相手が下のパターン

こちらは、先ほどと似ていますが、逆に「自分よりも下の人と比較するパターン」が出来上がります。

そのため、自分がたとえ出来ていなくても、出来ていないという認識よりも、「あの人よりはできている」という認識が強くなります。

そうなると、何かを学び、成長する、成し遂げる、、、こういうこととは無縁な人生を送るかもしれません。

もう少し言えば、常に自分が勝てる場所でしか勝負をしなくなり、自分で道を切り開くということが出来なくなるかもしれません。

 

<感情に任せた暴言>

ここでいう暴言とは、主に「人格否定」の言葉になります。

人格否定とは、相手の存在価値を無くす言葉と言っても良いでしょう。

たとえば、、、

「生まなきゃよかった!」とか

「いない方が良かった!」とか

「なんでここにるの!」「もう嫌い!」「出て行って!」

・・・

という、その子の存在そのものを否定するような言葉になります。

存在を否定された子供は、いろいろな問題を起こします。

内に溜める子供であれば、精神が崩壊(うつ病や、自閉症、不安症、パニック障害などの精神疾患)していくかもしれません。

外に出す子供であれば、暴言、暴力、犯罪行為などなど

そんなことが起こるかもしれません。

これらもすべて、存在価値が低下することで起こるものだと思っています。

もちろん、このようなことをしたことがある、子供が問題行動を起こしている、、、という場合でも安心してください。

 

ここで説明した通り、存在価値が低いから問題行動を起こしているのだとしたら、、、逆に存在価値を認めてあげることで、問題は改善に向かう可能性が高いです。

実は、僕自身もそうで、干渉、比較、暴言をしてきました。

その結果、息子の問題行動はひどくなっていったんです。(一番下のページをご覧いただければ、どんな問題行動を起こしていたのかがわかります)

そして、僕は心理学を学び、息子の「存在価値」を高めることだけに意識を向けました。

およそ1年、、、

息子の問題行動はほぼすべて改善しました。

存在価値を高めるって実は、そんなに難しいことではありません。

 

ただし、子供の問題行動を改善する前に、あなたに質問があります。

あなたと、パートナー(夫または妻)との関係は良好でしょうか?

実は、子供の問題行動には、夫婦関係が大きく影響してきます。

 

ある意味、夫婦関係が良好であれば、子供の問題行動は起こりにくいと考えています。

もし、あなたの夫婦関係が、良好です!とお互いが言えないのであれば、、、まずは夫婦関係を改善してみませんか?

夫婦関係を改善することは、すべての人間関係に影響してきます。(当然ですが、子供との関係改善のヒントにもなるでしょう)

ぜひ、夫婦関係を改善するだけでなく、幸せな家族を作り上げてくださいませ^^

もし、興味があれば、一番下のメルマガを読んでみてください。

1、2通読んで、何か違うと思われたら、すぐに解除できますので!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

ブログ投稿者

コメントを残す