幸せな家族の作り方

レゴランドと夫婦円満

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
当サイトの管理人ザビエルです。これまで僕は、計15000名以上に夫婦関係を良好にする秘訣を配信しています。 また、おかげさまで夫婦関係の本も2冊出版させて頂いております。
詳しいプロフィールはこちら

レゴランド

こんにちは、ザビエルです。

先日家族でレゴランドに行ってきました。

世間では「かなりおもしろくない」という評判が先行していて、僕の中でもあまり期待してなかったんです。

ですが、なぜかその日は、入場チケットを購入するまで「1時間かかる」と言われるほどの盛況ぶりでした。

久しぶりのテーマパークという事もありちょっとワクワクしながら並んでいたんですね。

いやー、やっぱりワクワクすると1時間なんて早いもんで、サクッと時間は経ち、入場したんですが・・・・

結果、レゴランドは大満足で年パスも買っちゃいましたw

で、ここでちょっと考えたんです。

どうしてレゴランドはニュースで取り上げられるほど評価が低かったのか?と。

それでいろいろと考えた結果、、、

あぁ、これって夫婦関係でも同じだなと。

結局はこの視点を持てるかどうかが、夫婦関係の改善に役立ってきます。

どういうことか説明していきますね。

元々、レゴランドはファミリー層向けのテーマパーク(だそう)なので、ディズニーやUSJと比べると、カップルとか、友達同士なら、ちょっと物足りないかもしれません。

ですが、それでもそんなに評価低いか?と。

で、テレビでインタビューをしていた人たちの言葉を思い出したんです。

「入場料が高い!」「乗り物がしょぼい!」「食べ物が高い!」

なんてことを言ってたんですね。

たぶんこの人たちは、物質的な比較ばかりしてるんだろうなぁ~と思ったわけです。

ようは、ディズニーはいくらで、あんな施設で、こんなパレードもある。

USJは、あんなんでこんなんで〇〇円。

でも、レゴランドは、こんなんで〇〇円!?と。

簡単に言えば、目で見える物質的なものに価値を置いて、その物質同士を”比較”してるんですよね。

もちろんこれは全然悪い事では無いし、ダメな事でもありません。

むしろ普通に生きてたら自然な事でしょう。

でも、それやって「楽しいんか?」と、思っちゃうわけです。

確かに目で見える部分って比較しやすいんですよね。

でもそれやってると、どこ行っても、”不足の種”を見つけちゃうんですね。

”不足の種”とは、あそこがダメだった、あれはあり得ない、あの金額でこれは、なんてことばかり見つけちゃうんです。

そうなると、この”不足の種”は、立派な花を咲かせ、

あぁ、行って損した!行くんじゃなかった!誰があそこに行こうって言ったんだ!

なんて、悲しい結末を迎えるわけです。

まぁ、こんなことを言っている僕自身も、前はやってましたけどね笑

あれはなかったよな、あの金額でこれはない、二度と行くか!

なんて事ばかり話していました。(今でもたまにありますがw)

ただ、今の僕は目で見える物よりも、見えないものに価値を置いています。

たとえば、レゴランドで言えば、子供たちが喜んでいる姿や、笑顔、先走っていろんなところに走りまくる姿、、、

そんな景色ばかりが思い出されるんです。

そして、奥さんと、あのときのあの顔は忘れられないね、とか、あの乗り物に向かって走っていく姿が超可愛かったね。

なんて会話をするんです。

そうなると何が起こるのか?っていうと、僕も奥さんも「感情の記憶」が思い出されるので、

その場面を思い出すだけで、心が温かくなったり、笑みがこぼれてくるんです。

そうなると当然ですが、金額以上の価値を感じる様になります。

(毎回こんな感情を得られるかも!って思ったら行きたくなりますよね。)

これって言葉を変えると、「損する思考」か「得する思考」かって話なんです。

大分前にブログで書いた幸せセンサーとか不幸センサーの話にもつながってきますよね。

結局は、自分がどんな視点を持つか?によって損するし、得も出来るって話です。

で、ここからが本題です。

実は夫婦関係もおんなじことが起こっています。

幸せセンサーを働かせていると、目では見えないパートナーの思いに気付くことができます。

ですが、

逆に、不幸センサーが働いていると、思いに気付かずに、目で見えることばかりに目が行きます。

たとえば、パートナーがあなたに「お菓子を買ってきた」としましょう。

大半の方は、自分の好きなお菓子なら喜ぶし、そんなに好きじゃないと、なんでこんなん買って来たんだと思ってしまいます。(表面上はありがとうと言いますが。)

ですが、実はこの「あなたのためにお菓子を買ってきた」という出来事には、何層にも分かれるほどの深さを持っているのです。

具体的に言えば、

・あなたに何かを買おうと思った(あなたを思い出し、あなたのためだけの行動を起こそうと思った)

・わざわざ売店に向かった(もしかしたら、すごく遠い所にあったかもしれないし、何店舗も回ったかもしれない)

・何を買うか選んだ(時間をかけたかもしれない、さらにあなたが何が好きで、何が嫌だったのかも思い出そうとしたかもしれない)

・お金を払って買った(自分のお小遣いで買ったかもしれない、節約したお金で買ったかもしれない、仕事で頑張って働いたお金で買ったかもしれない)

・買ったものを忘れないようにしていた(忘れないようにずっと意識していたかもしれない、一度忘れて急いで取りに戻ったかもしれない)

もちろん、真実はわかりませんが、こんなことが「お菓子を買ってきた」という1つの出来事に含まれているかもしれないわけです。

で、ここに気付くから、「心からの感謝」が出来るわけです。

「あぁ、自分のためにここまでやってくれたんだ!」

ということに気付けるわけです。

これは誰かのブログや書籍か忘れましたが、こんなことが書かれていました。

フランスでのこと。

夫が洗濯物を畳んでいたんですが、畳み方がめちゃくちゃで結局は奥さんがやり直したらしいです。

で、この時の話をママ友にこんなふうに話していたそうです。

「うちの旦那ってほんと可愛いの!洗濯物がめちゃくちゃなのよ!!」

と。

多分ですが、夫の”思い”に気付いているんじゃないかな~と思って。

目に見える「洗濯物がめちゃくちゃ」ってとこよりも、

「自分を思って、行動してくれた」ってとこに気付いているんじゃないかな~と。

レゴランドも同じです。

レゴランドのおかげで、僕たちはこんな感情を与えてもらえるんだという意識で見るのと、

こんなにお金を払ったのに、これだけしか返ってこなかったという意識で見るのとでは、

自分に返ってくるものは、全く違うわけです。

結局は自分で自分に損をさせているって話ですね。

なので僕としては得する思考を身に付けようよ!って提案をしているわけです。

だって、そっちの方が絶対に楽しいし、人生を豊かにしてくれるんで。

ぜひ、夫や妻、子供の行動に対して、深堀してみて下さい^^

いろいろなことに気付けると思いますよ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
当サイトの管理人ザビエルです。これまで僕は、計15000名以上に夫婦関係を良好にする秘訣を配信しています。 また、おかげさまで夫婦関係の本も2冊出版させて頂いております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 夫婦道 , 2017 All Rights Reserved.

興味がある方をどうぞご覧ください^^
興味がある方をどうぞご覧ください^^