心を読む(日記)

離婚したら、こんなことを思われるんじゃないか?

お知らせ:本が出版されました!(実話)

もしかしたら、離婚の危機にいる場合、こんなことを思われるかもしれません。

周りの人にバレたら、何を言われるんだろう?あの夫婦、離婚したんだって、と噂話をされるんじゃないか?

いろいろと不安になると思います。

 

もしかしたら、離婚したときに自分がどう思われるか?離婚というものに対して自分がどう思っているのか?

いろいろな不安や恐れから、離婚しないように、離婚を回避する方法を考えるかもしれません。

 

ですが、ここでさらに踏み込んで考えてみて欲しいんです。

もう少し具体的に言うと、もし離婚したら、実際に何が起こるのだろうか?ということですね。

これを考えないから、漠然とした不安から、離婚阻止へと舵を切ってしまうわけです。

 

離婚阻止へと舵を切ると、相手を怒らせないように、嫌かな?と思うようなことをしないように、どんどん自分から距離を取るか、逆に、我慢が募り、結果的に、離婚へと進んでしまう可能性が高くなるんですね。

 

もちろん、それがダメって話ではなく、結局は「本音」で話すことなく終わっていく可能性が高くなる。

本音で話さないと、相手が思ってること、自分が思っていることを話さずに終わってしまうんですね。

お互いが本音で話せない関係のまま終わると、次(新しいお相手とも)も同じようになるかもしれないんです。

 

なので、まずは離婚に対する不安や恐れを自分の中で解消すること。

そのうえで、お互いの本音を話せると、離婚ではない道も見えてくるかもしれしません。

 

じゃー、離婚に対して不安や恐れをなくすにはどうすれば良いのか?

それが「具体的にする」ってことが大切だと思っています。

 

実際に離婚したら、どんな日々を過ごすことになるのか?具体的にお金はどれぐらい必要なのか?いくらもらえて、働くなら、どれぐらいの収入が必要なのか?誰か助けてくれる人はいないのか?、、、などなど、いろいろなことを具体的に考えてみましょう。

 

次に、周りの人から、こんなふうに思われたらどうしよう?という不安がある場合、実際に、「そう思われたら、自分の人生にどんな影響があるだろうか?」と考えてみるといいかもしれません。

さらに、自分が離婚したことを噂話されるのは、「どれぐらいの期間?」「どれぐらいの人数?」「本当に、そんなに自分の離婚が、周りの人たちは興味があるのか?」「何年も話すような人がいるのか?」

 

そして、自分自身が関わりたい人は、どんな人だろうか?噂話をしている人たち?それとも、大丈夫、何かあったら力になるよ!と心配してくれる人たち?といろいろと、具体的に考えていくと、実は自分が持っている不安や恐れって、小さくなっていく可能性が高いんですね。

 

なので、ぜひ離婚に対する不安がある場合は、一度、めちゃくちゃ具体的にしてみてくださいませ~。

 

離婚したからと言って、新しい恋をしちゃいけないわけでもないし、やってみたいこと、やりたいことをやっちゃいけないわけでもないし、楽しんだり、ハッピーになっちゃいけないわけでもないんで。

お知らせ:京子物語(実話)を出版しました!

-心を読む(日記)