心を読む(日記)

後悔しない結婚とは?

お知らせ:本が出版されました!(実話)

僕のもとには、これまで、1万件以上の相談が来ています。

そこで、もっとも多いのが、「どうしたらいいでしょうか?」「こんな状況でもうまくいくでしょうか?」というものがほとんどです。

 

ですが、当然ですが、、、わかりません。(絶対にうまくいきます!とも、絶対にうまくきません!とも言えないということですね。)

 

なので、もし「どうしたらいいのか?」「今の状況でうまくいくのか?」と思っている場合、こういう視点で考えてみたらどうだろう?ということでお伝えしていきたいと思います。

 

その視点というのが、「後悔しない結婚」ってなんだろう?ってことなんですね。

 

後悔しない結婚とは?

ちなみに、これが絶対に後悔しない結婚だ!なんてことを言うつもりはないです。

僕だったら、こうなったら後悔するだろうなぁ~ってだけで。

 

まぁ、簡単に言えば、「どうしたら後悔するか?」を考えれば、その裏返しが後悔しないってことなんじゃないかな?って思うんですね。

たとえば、

 

・離婚するにしても

・奥さんに好きな人ができたとしても

・僕が別れる選択をしたとしても

・僕か奥さんが最後を迎えるとしても

 

何をしなかったら後悔するんだろう?って考えてみたんですね。

そうしたら、こんな感じかな?と。

 

◆本心が言えなかった(自分の本心を言葉に出して伝えられなかった、もしくは自分の本心に気付けなかった)

◆本心が聞けかなった(相手が本心を話せる関係になれなかった)

◆ありがとうやごめんなさいが素直に言えなかった

◆自分が持っている優しさや思いやりを存分に発揮できなかった(相手のせいや、自分のせいにして、出し惜しみした)

◆相手が持っている優しさや思いやりを存分に発揮させられなかった(素直に受け取れなかった)

 

ぱっと思い浮かんだことを書いたけど、こんな感じかな~。

 

結局は、悩みや問題が起こった際に、「自分が悪い」という自分責め、「相手が悪い」という相手責め、、、いわゆる”戦いの世界”にいる限り、上記の1つも達成できないんじゃないかな~と思っています。

 

ちなみに、「自分が正しい」と思っているときも同じ。

相手が悪いとは思ってないけど、「自分が正しい」と思っていたとしても、それは僕の中で、戦いの世界だと思っています。

相手を受け入れられない時点で、それを受け入れられない自分の中に原因があると考えています。(良いとか悪いじゃなくてね)

 

で、こういうときに、アドラーの課題の分離とかが出てくるかも。

 

簡単に言えば、自分の都合のいいように使っちゃう可能性があるかもって話です。(ちなにに、昔の僕がそうでした(;'∀'))

それは相手の課題だから、、、って。

 

自分がそれを受け入れている状態=変えたいとか、変わった方が良いのに、とか、それ違うのに、とか思っていない状態

 

だったら、課題は相手だけど、少しでもそう感じていたとしたら、それは「自分の課題」だと僕は思っています。

 

まぁ、そんなことを僕がどれだけ言ったところで、それをどう受け取るかは、自分次第ですけどね。

 

自分がどうありたいのか?

 

できている自分、できていない相手と考えている自分が、ありたい自分なの?

自分はよくやっている、と自己防衛している自分が、ありたい自分なの?

自分は可哀そうな人、と自己憐憫(自分を自分が可愛そうと思っていること)している自分が、ありたい自分なの?

自分は被害者だと、悲劇のヒロイン状態でいる自分が、ありたい自分なの?

 

何度も言いますが、何が良いのか?悪いのか?じゃーなくて、自分はどうありたいの?ってだけです。

さぁ、一体何が、後悔しない結婚なんでしょうねぇ~。

 

ちなみに、これは僕自身が思っていることですが、

 

「できている自分」

 

これ思った時点で、できてない。(自分の状態を自分である程度整えられるだけで、相手と本音で話せてない可能性が高い)

 

「自分はうまくいっている」

 

これ思った時点で、うまくいってない。(相手のせいにして見て見ぬふりをしている可能性が高い)

 

もし、当てはまったらぜひ、「それがありたい自分なの?」と問いかけてみてください。

僕もこの状態にはいたことがあるので苦笑

 

と、話がそれましたが、結局は、「どうしたらいいのか?」「こんな状況でもうまくいくのか?」と思ったとしたら、、、

たとえ、離婚になったとしても、どうしたら後悔しないんだろう?ってことですね。

 

この言葉も勘違いしたら、相手を追い詰める選択を取るかもしれません。

そんなときに、「それは、自分の心が喜ぶ選択なのか?」って質問をしてみてください。

相手がどうか?じゃなくて、自分。

 

自分が喜ぶ選択なのか?自分の心が喜ぶ、ハッピーな選択なのか?ってこと。

僕はそうやって1つ1つ自分に問いかけています。

お知らせ:京子物語(実話)を出版しました!

-心を読む(日記)