心を読む(日記)

誰の話を聞きたいですか?

お知らせ:本が出版されました!(実話)

たまーに、僕のもとにはこんなメッセージが届きます。(といっても、これまで3人ぐらいかな)

・エルさんは、どんな勉強をしてこられたんですか?

・専門的な知識はどこで学ばれたんですか?

・資格などを持っている専門家ですか?

簡単に書くとこんな感じです。

 

で、僕はとっても不思議に思うのです。

「誰から話を聞きたいの?」

って。

 

もちろん、前提として「誰から聞いても良い」とは思っています。

ただ、僕だったら、「専門家」「持ってる資格」「学歴」といった知識やステータスを持っている人よりも、「その壁(悩みや問題)を乗り越えた人」「今もそれをやり続けている人」の話を聞きたいし、僕自身もそうありたいと思っています。

 

だからこそ、僕自身は資格も持ってる(といっても、お金払えばもらえるやつ)けど、わざわざ出さないし。

高卒だってことも言ってるし、書籍はいろいろと読んだけど、専門的な機関で学んだわけでもない。

顔も出してないし、名前も出してない。(メリットよりもデメリットの方がはるかに多いと思ってるんで。)

 

僕が持っているのは、壁(自分が持っていた悩みや問題)を乗り越えた”体感”だけ。

その体感を、言葉にして、説明しているだけなんですね。

 

そして、当然ですが、壁(悩みや問題)は、年齢や環境の変化とともに、僕の目の前に現れてきます。

だから、その壁と常に向き合ってる。

壁と常に向き合ってるから、僕の方法が正解です。なんてことは言えないわけです。

 

だって、向き合ってるうちに、今は正解だと思っていたものが、変わる可能性があるから。

これが僕の中では、変化・成長につながっている。

そして、僕が変化・成長すると、語る言葉も変わる。

僕の有料講座が、3回かな?バージョンアップしてるのは、そのためです。

 

僕の感覚、視点が変われば、使う言葉も変わる。

使う言葉が変われば、使っていた言葉も変わる。だからバージョンアップが必要になるわけです。

 

僕の中で、自分が求めている答えは自分が持っていると思っています。

だからこそ、僕は誰もが必ず、自分の理想の人生を歩めるって確信を持ってるんです。

 

ただ、それは、自分の中から答えを見つけようとしない限り、見つからない。

自分の外(知識)から答えを探すのも良いんですが、めっちゃ遠回りだと思っています。

 

結婚してようが、離婚してようが、子どもがいようが、いまいが、お金があろうが、なかろうが、環境が整っているのか、整っていないのか、、、

答えはすべて、自分の中にあります。

それを誰かや何かのせいにするのか?自分の中に何があるのかを探そうとするのか?

選ぶのは自分。

 

自分の人生の主人公は自分でしかない。

 

誰かが自分の人生を幸せにしてくれるわけではなく、自分が自分の人生を幸せにしてあげるしかない。

今の僕はそう思っていますし、いろいろな壁を乗り越えてきましたが、今のところ、100%すべて自分の中に答えがありました。

 

妻のせいでも、子どものせいでも、上司や部下のせいでも、ご近所さんのせいでも、会社のせいでも、社会のせいでも、地域のせいでも、なく。

そう思う自分、そう感じる自分、そう考える自分の中に、そのすべての原因(悪い意味じゃなくて)がありました。

 

これを見つけていくたびに、僕の人生がどんどん温かくて、ゆるくて、面白くて、豊かになっている気がします。(何かを手に入れたわけではなく、逆に手放している感じです)

って感じで、、、

 

あなたは誰の話を聞きたいですか?

 

補足;ちなみに、今回のお話は、僕から話を聞いた方が良いよ、専門家から話は聞かない方が良いよって話ではないですからね~。どうせなら経験者(僕はそのうちの一人でしかない)から聞いたらどう?って提案してるだけです。

お知らせ:京子物語(実話)を出版しました!

-心を読む(日記)