夫婦

夫(妻)と価値観が合わない…どうすれば良いの?

この記事を書いた人

ここでは、1500名以上の夫婦関係や子育ての悩みを直接サポートしてきた私、エル(旧ザビエル)がお話しさせて頂きます。(おかげさまで夫婦関係の本も2冊出版させて頂き、テレビラジオでも取り上げられました)

 

今回は、”価値観”についてお伝えしていければと思っています。

実は、離婚原因の一位にもなっているのですが、この価値観に対して、どのように向き合うかによって、夫婦関係は壊れたり、幸せな夫婦になったりします。

 

え?どういうこと!?

と思われるかもしれませんが、ここから、これまで聞いたことがない角度でお伝えしますので、最後までご覧ください^^

 

ではまず、なぜ価値観の違いによって夫婦関係は壊れるのでしょうか?

価値観の違い=夫婦の亀裂

※これは1つの事例になります。

ある2つの家庭があったとします。

 

1つは、父親が家事を一切しない家庭(母親が家事や育児をする)

もう1つは、父親が家事をする家庭(母親は家事をしない、または父親と一緒に家事をする)

 

この家庭で育った子どもはどのような価値観を持つでしょうか?(これは可能性の話であり、100%この価値観を持ちますということではありません)

父親が家事をしない場合(母親が家事や育児をする)

息子;父親と同じように家事をしない(女性に対して、家事や育児はやって当たり前と思う)

娘;家事、育児を自分がする(男性に対して、家事も育児もやらないのが当たり前と思う)

このような可能性があります。(他にもいろいろなパターンがありますが、ここではあえて割愛します。)

次に

◆父親が家事をする場合(母親が家事をしない、または一緒に家事をする)

息子;家事をする(女性は家事をやらないのが当たり前、または一緒にするのが当たり前だと思う)

娘;家事、育児をしない、または一緒にする(男性が家事をやるのは当たり前、または一緒にするのが当たり前だと思う)

可能性があります。

※今回の例は、すごく単純に書いていますが、長男や長女、末っ子などの立場、他には母親が、父親の文句を子どもに言っていたり、逆に母親が父親を褒めていたり、父親と母親の関係が険悪だったり、逆に良好だったりすると、それぞれの状況で育った子どもたちは、また違う価値観を持ちます。

そして、次に、それぞれの家庭で育った二人が出会い、結婚した場合、どのようになるでしょうか。

価値観がぶつかる理由

家事をしない父親のもとで育った男性は、「女性は家事や育児をするのは当たり前」という価値観を持っているかもしれません。

一方で、家事を手伝う父親のもとで育った女性は、「男性は家事も育児もするのが当たり前」という価値観を持っているかもしれません。

この価値観を持っている男性と女性が出会い、結婚した場合、価値観がぶつかるのは目に見えて明らかでしょう。

 

では、逆はどうでしょうか?

家事をしない父親のもとで育った女性は、「女性は家事や育児をするのは当たり前」という価値観を持っているかもしれません。

一方で、家事を手伝う父親のもとで育った男性は、「男性は家事も育児も手伝うのが当たり前」という価値観を持っているかもしれません。

こちらは一見うまくいくように感じるかもしれませんが、女性側が、家事や育児を自分でやらなければならないと思っている場合、自分がひたすら頑張り続け、男性に家事や育児をやらせないかもしれません。(もしくは家事や育児にケチをつける)

 

その結果、家事を手伝わせてもらえない(ケチをつけられた)男性は、家事や育児を頑張りすぎていて、幸せそうではない妻をみて、自分は妻を幸せにできていないと思うかもしれません。
#実はこのパターンも良くあります。

その結果、価値観が違うことで戦いが起こります。

どちらの価値観が正しいのか?どちらの価値観が間違っているのか?という戦いですね。

 

戦いの結果、勝者と敗者が生まれます。

 

そして、敗者は我慢をし、敗者は諦め、勝者は敗者を責める、、、そこから会話が減り、関係が壊れていく可能性があります。

 

では、価値観が近い人と結婚すれば全てが解決するのか?というとそんなこともありません。

確かに、先程の家事や育児に関しては、価値観が近いとうまくいきやすいかもしれません。

ですが、価値観はいろいろなところに現れます。

お金の使い方、貯め方、仕事のやり方、人との関わり方、住む場所、部屋の使い方、清潔感、子育て、義両親との関係、トイレの使い方、お風呂の入り方などなど、、、

独身時代にはあり得なかった状況が、結婚することで訪れるわけです。

 

この時に、全ての価値観が同じかどうかなんて、わかるはずもなく、その状況になって初めてわかることばかりです。

 

最初から、全ての価値観が一致する相手を選ぶのはとても至難な技ですし、全ての価値観が似ている相手なんてのは、ほぼいないとも思っています。

じゃー、価値観が違う相手と結婚した場合、ずっと我慢しなければならないの!?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

それこそ、価値観の違いに対して、どのように向き合うのか?で幸せな夫婦になることが可能になるのです。

そのお話は、後で丁寧にお伝えしますので、少々お待ちください。

 

まず、夫婦関係が壊れる理由は、お互いが持っている価値観がぶつかることで、戦いが起こる。

その結果、一方は我慢をするか、諦める。一方は気付かずに日々を過ごす。

または、一方が反発して夫婦喧嘩になる、、、このどれかではないでしょうか。

この積み重ねが、居心地が悪い関係を作ると思っています。

 

そして、居心地が悪い関係が続くことで、問題(借金、働かない、モラハラ、浮気・不倫、別居など)が起こり、仮面夫婦か、離婚という結末を迎えるのだと思っています。

 

では、価値観が違う場合、どうすれば、より幸せな夫婦になれるのか?

その答えは1つしかないと思っています。

それが「自分の価値観を変える」ことです。

自分の価値観を変える

価値観を変えるという話をすると、多くの方は勘違いします。

その勘違いとは、相手のために変えるのか?とか、自分の価値観がダメだから変えるのか?といった考えです。

 

違います。

 

ここから話す内容は、「なぜ価値観を変えると、自分が幸せになるのか?」です。

そして、さらに、「自分の幸せが、夫婦の幸せにつながるのか?」がわかります。

 

それでは、もうちょっと深くいってみましょう!

 

例えば、先ほどの例で言うと、

「夫は仕事をして家族を養わなければならない」という価値観を持っている男性と、

「妻は家事や育児をして夫を支えなければならない」という価値観を持っている女性が結婚したとします。

 

このとき、価値観は、どのように影響するのか?そして、自分の人生を幸せにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

価値観1;夫は仕事をして家族を養わなければならない

あなたが夫だとして、「夫は仕事をして家族を養わなければならない!」という価値観を持っていたとします。

この価値観を持ち続けるとどうなるのか?

確かに仕事に対して一生懸命になるかもしれません。

 

ですが、妻や子どもたちはどうでしょうか?

仕事を一生懸命することが、妻や子どもたちを幸せにすることなのでしょうか?

もちろん、仕事をすることで、妻や子ども達の生活は守っているかもしれません。

ただ、ここで大切なのは、”あなたの気持ち”や、”お金”ではありません。

 

「妻」と「子どもたち」の気持ちです。

 

もう少し言うと、

あなたが仕事を一生懸命すること=妻や子どもたちが幸せを感じること

なのでしょうか?

 

大切なことなので、もう1度言いますが、「妻」や「子どもたち」の気持ちはどうなのか?と言うことです。

もし「妻」や「子どもたち」が、もっとあなたと一緒にいたい、もっと一緒に人生を楽しみたいと願っていたとしたら、、、

それでも仕事の優先順位が一番高いままの人生が、あなたにとって本当に幸せなのでしょうか?

 

もちろん、「でも仕事をやらないと家族を露頭に迷わすことになるじゃないか!」と思われるかもしれません。

だからこそ、”考え続けること”が大切なのだと思っています。

 

仕事(自分)も大切、妻も大切、子どもも大切だとしたら・・・

「どうしたら、自分も妻も子どもたちも大切にでき、幸せにできるのだろうか?」と問い続け、考え続けること。

 

何が正解かはわかりませんが、妻や子ども、会社や上司、部下のせいにして、考えることをやめてしまうと、次第に、自分の人生の傍観者となっていくかもしれません。

自分が何を望み、何を大切にしたいのか?は、自分で決めて、行動することができます。

結果はどうなるかわかりませんが、これまでとは違う新しい選択が見えてくるかもしれません。

 

価値観2;妻は家事や育児を頑張らないといけない

この場合も、先ほどと同じです。

あなたが妻だとして、「妻は子育ても家事も頑張らないといけない!」という価値観を持っていたとします。

この価値観を持ち続けるとどうなるのか?

確かに、家事や育児は頑張るかもしれない。

 

しかし、家事や育児を頑張ることが、本当に夫や子どもが望んでいることなのか?家事や育児を頑張ることが、夫や子どもの幸せなのか?

そして、それが本当にあなたが欲しい幸せなのか?

 

この価値観を持ち続けることは、自分が理想としている人生につながっているのか?これを考えることが大切です。

 

例えば、こんな言葉を自分にかけてみてください。

「どうしたら、自分も妻(夫)も子どもたちも大切にでき、幸せにできるのだろうか?」

 

価値観を変えるとは、自分が持っている価値観に対して、それを持ち続けたいのか?何を大切にしたいのか?自分が大切にしたいものを大切にするには、どうすればいいのか?これを考えることでもあります。

 

そして、この価値観を変え続けることで、自分が自分の人生の主人公として、望んだ未来へ進むことができます。

それは、今を生きることにつながり、自分らしく生きることにつながります。

もちろん、そんなことは詭弁だ!理想論だ!無理に決まってる!と思っても良いです。

 

もし、そう思われたらこのページは閉じて下さいませ。

 

あなたが選べる選択は2つ。

愚痴を言い、文句を言い、誰かや何かに怒り、自分を責めてため息をついて、どうせ無理だと諦め、問題や悩みを回避し続けるのか?

前を向いて、問題や悩みに挑み、間違ったり失敗をしながら何とか乗り越えながら、自分の望んだ人生を歩むのか?

それは、あなたが決めることができます。

 

幸せな夫婦になるのも、夫婦関係を壊すのも、「自分で選べる」ということなんです。

もしかしたら、あんな夫なのに無理です!妻がこんなんなのに無理に決まってる!と思うこともあるかもしれません。

 

そういった場合は、ぜひ、他の記事や動画を見てみてくださいませ!

たとえば、下記の記事では、そもそも幸せな夫婦って何?どうすれば作れるの?というお話ししていますので、興味があれば読んでおいてくださいませ!!

 

幸せな夫婦の作り方

<妻編>

幸せな夫婦の作り方(妻編)

  こんにちは、エルです^^   今回は、僕の経験ですが、どうすれば幸せな夫婦になれるのか?ということをお伝えしていければと思います。 それでは、どうぞ!   手を繋いで ...

続きを見る

<夫編>

幸せな夫婦の作り方(夫編)

    こんにちは、エルです^^   今回は、僕の経験ですが、どうすれば幸せな夫婦になれるのか?ということをお伝えしていければと思います。 それでは、どうぞ! &nbsp ...

続きを見る

 

こちらは、僕が60000人以上に伝えてきた夫婦関係を改善する方法になります。

 

こちらは、もう少し深く入って説明しています。

もしよければ、高評価&チャンネル登録もお願いします(;'∀')

-夫婦