幸せな家族の作り方

夫婦のコミュニケーション不足を改善する心理学

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
当サイトの管理人ザビエルです。これまで僕は、計15000名以上に夫婦関係を良好にする秘訣を配信しています。 また、おかげさまで夫婦関係の本も2冊出版させて頂いております。
詳しいプロフィールはこちら

 

夫婦のコミュニケーション・・・

一昔前は

 

「めし」
「風呂」
「さけ」
「ねる」

 

でも通じたとか通じなかったとかの
不思議な国の日本。

これで成り立っていた?というのに
今では、全く成り立たないし、

 

こんな会話をしていたら
パートナーからは、

「何言ってるかわかんね~し!」

と言われるのは必至。そして、早々に離婚届に
判を押されるだろう。

 

そんなことにならないように
夫婦のコミュニケーション不足を改善する
心理学について話していこうと思います。

 

ここで、最初に言っておきますが、
いきなり、夫婦のコミュニケーション不足が
改善するわけではありません。

少しずつ、少しずつ、本当に少しずつ
会話を増やしていくことに意識を向けます。

 

そうして、会話を増やしていくことで

コミュニケーション不足を改善していくのです。

 

 

でもでも、ただ会話をすれば良いわけではありません。

 

 

じゃー、コミュニケーションで最も大事なことは

なんだと思いますか?

 

コミュニケーションで最も大事なことは

 

「あなたが楽しむこと」

 

あなたが楽しまない限り
相手は、「話していてもつまらない」と
感じてしまうから。

いろ~んなテクニックがあるけど
結局はここに集約される。

僕の場合は、相手がどういう反応しようが
関係ありません。

奥さんの近くに行き、
「ふんばば!」と言いながら
顔は猪木だったり、

 

電気を付けっ放しだったら

「お前は、我が家の電気代を
根こそぎ持って行く気か~!」

と言ったり・・・

 

ようは、相手の反応は
どうでも良いので、自分が楽しむようにしているんです。

しかも、相手を怒らせないようにです。

電気が付けっ放しだぞ!!

と言えば、相手は嬉しくありません。

 

でも、

ちょっと大げさに、少しひねったら、

「おもしろい&言いたいことも伝わる」

可能性が高くなります。
(もちろん、伝わらないときもありますがw)

 

 

でも、ここまで行くには
夫婦仲が良くないと出来ません。

 

 

いきなり、こんなことやっても
しらけるだけですからね(汗

 

また、いろいろなサイトで言われてるような

「聞き上手になる」
「話を否定しない」
「目を見て話す」
「かぶせるように自分の意見を言う」

いろいろとあるでしょう。

もちろん、これらに効果が無いとは
言いません。

でも、これらを全て取り入れたとしても
あなたの真の目的は達成できませんよ。

あなたは、何のためにコミュニケーションを
しようと思ったのでしょうか?

ただ単に、話がしたかっただけ?

 

もし、そうなら先ほどの
“テクニック”的なことで十分かもしれません。

 

しかし、もし

 

・夫婦仲を良くしたい、
・もっと幸せな家庭を築きたい
・ラブラブ夫婦になりたい

 

と思われるのであれば、先ほどのようなことは
取り入れないでください。

 

あなたには、その前にすべきことが
あります。

 

それが、

「夫婦関係を改善させるということ」

夫婦関係が良くないのに、
コミュニケーションの質を上げたところで
意味がありません。
(厳密に言うと、効果が薄いということです)

 

夫婦仲が良いからこそ、
コミュニケーションが生きてくるんです。

 

世間一般から見れば
おもしろくないような会話だって

 

夫婦関係が良くなれば、
それは許されるし、おもしろいんです。
(しつこいと嫌がられますがw)

 

じゃー、どうすれば
夫婦仲が良くなるのか?

 

それは、こちらにしっかりと
書いていますので、ご覧下さいね^^

 

夫婦円満の秘訣は、あるたった1つの行動で決まる!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
当サイトの管理人ザビエルです。これまで僕は、計15000名以上に夫婦関係を良好にする秘訣を配信しています。 また、おかげさまで夫婦関係の本も2冊出版させて頂いております。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 夫婦道 , 2013 All Rights Reserved.

興味がある方をどうぞご覧ください^^
興味がある方をどうぞご覧ください^^