幸せな家族の作り方

ぶっちゃけ、どの子育てが本当に良いの?

ちまたでは、自己肯定感を高める!褒めて育てる!怒らない!スキンシップをする!というような書籍で溢れています。

ですが、僕はこう思うんです。

◆本当に自己肯定感を高めれば、子供は将来幸せになれるのか?

◆褒めて育てれば、その子は人の気持ちがわかり、自分の力で人生を切り開けるように育つのか?

それってきっと、子供が30歳ぐらいに成長しないとわからないんじゃないかな?って思うんです。

 

あなたはどう思います?

 

・子供を育てていない人の子育て論

・理論やテクニックばかりの子育て論

・学歴重視の子育て論

・うまくいった事だけを書いた子育て論

 

何が正しいんでしょう?

 

もちろん、僕は誰かの子育て論に対して否定をしたいわけではありません。

でも、実際に子供を育てていくうちに、それって本当?と感じる事が本当に多い。

 

僕には、男の子が二人、女の子が一人います。

それぞれに、いろいろと起こっています。

だからこそ、僕はその都度、考えています。

 

そして、やっとわかったんです。

「何が正しいのか?何が良いのか?なんて、わかるわけがない」と。

状況も、環境も、起こった出来事も、すべてが違うのに、どうやって対処すればいいのか?わかるわけがないと思ってます。

 

そこで、、、僕の子育て(現在進行形)を見たくありませんか?

って、いきなり知らないやつの子育て論なんて、知ってどうするんだよ!と思われるかもしれません。

でも、実は一時期、僕は自分の子育て論を教えていました。

その結果、このようなお手紙や感想の声をいただきました。

(お手紙も多数頂いています)

 

>>感想の声

 

本当にありがたいことです。

ですが、現在は販売を中止しています。

その理由は、先ほどもお伝えしましたが、子供が大きくなり、状況や環境が変わる中で、この理論だけではうまくいかないことがわかったからです。

(もちろん、効果がないってわけではないです)

ようは、これだけでは、中学2年生以上の子には、大きな効果は期待できないと感じたんです。

ただ、この理論は、僕の子供が中学2年生ぐらいのときに作ったものなので、その年齢までであれば、うまくいきやすいと思っています。(感想の声のような効果は実感してもらえると思っています)

 

しかし、中学3年生、高校生になるとその理論だけではうまくいかなくなっていきました。

具体的にその理由を、息子が辿った問題の軌跡から説明します。

◆息子の場合、小学校5年の頃に、下記のような問題を起こしていたんですが、僕が教える方法で、それがほとんど解消しました。

・親からお金を取る(6回も!)
・ゲームは隠れて深夜までやる
・ほぼ確実に何か忘れていく
(先生から何度も電話がかかってきた)
・宿題は無いとか平気で嘘をつく(何度も!)
・質問しても「別に」しか言わない
・話しをても意味がわからない
・学校の準備をしない
・片付けは全くできない
・物をすぐになくす(カギや財布も!)
・歯は磨かない
・キレると自分が大事にしているラジコンを壊したり、
 カード(買ったばかりの!)を破ったり!

 

◆中学2年生になってから、いじめに加担していたことを先生に教えてもらって、それについてどう話しをし、息子の中の優しさに気付いたこと。

(ここまでは、僕が伝えていた理論で解決していきましたが、これ以降は別のアプローチが必要だと思っています)

 

◆高校受験の前に、ゲーム三昧だったが、内申を29から39に一気に上げた方法。

 

◆高校に入ってから、一時期不登校(学校を辞めると言った)になった理由。

 

◆ゲームで昼夜が逆転し、親のお金を再び持って行ったときに話した内容。(僕と妻と息子の3人で涙を流し、息子に変化が起こったこと)

 

◆(今ここ⇒)自分の意志で大学を目指し、ゲームの時間を制限し、勉強を行っていること。

※この先も何が起こるかなんてわかりません。今はたまたまこの状態が続いているだけだと思っています。

 

子供が大きくなり、変化・成長することにより、届く言葉、想いが変わる感じがしたんです。

もう少し言うと、中学2年以降になると、現実(社会に出る事)がだんだんと近づいてきます。

このとき、ゲームばかりやっていて良いのか?スマホは必要なのか?勉強はどうすればいいのか?学校はどうするのか?などなど、いろいろと考えることが増えてきます。

その対応次第で、不登校、ひきこもりなどの問題が起こると思っています。

 

そこで、僕自身が、どう対処してきたのか?どのように自分と向き合い、息子と話してきたのか?というリアルはお届けできるんじゃないか?と思いました。

また、娘の場合であれば、

◆小学校低学年の頃に、友達に死ねと言った時に娘の心の寂しさを感じ取った出来事。

 

◆ある友達と遊ぶときに、毎回家に迎えに来させていたが、一度話しただけで、一切しなくなった方法。

 

◆(今ここ⇒)小学校高学年で、好きな友達が自分に振り向いてくれないと感じたときに、話した内容(人を大切にするとはどういうことか?という話をしました)。

 

などがあります。(出来事は大きなものだけを取り上げていますが、それ以外にもいろいろと起こっています(;’∀’))

 

そのときに、僕はどのように向き合い、どのように考え、どう行動しているのか?はお伝えできると思いまして。

もちろん、これが正しい方法だ!なんてことは言えません。

 

ただ、僕の中では、

「今、どんな状況だったとしても、どんなお子さんだろうと効果はある」

という確信はあります。

 

実際に、111名の親御さんに試してもらったところ、109名(98.19%)の方のお子さんに良い変化が現れたんで。

なので、この講座は試す価値があるのではないか?と勝手に思っています^^

 

ただ、あの講座だけでは、どこかの時点で壁が来ると思ったので、有料メルマガ(月額880円)として、継続して子育て情報をお届けしていこうと思ったのです。

 

ぜひ、3ヵ月で良いので、試してみてください。

3ヵ月でもおよそ2700円です。

 

本2冊ぐらいの値段ですが、それ以上の価値は感じてもらえると思います。

もし興味がありましたら、下記からこそだてーる研究部(子育て+エールの造語です笑)に登録してみて下さいませ^^

 

こそだてーる研究部に参加する!

(登録されるメールアドレスは、yahooやgmailをお勧めします。)

※いつでもすぐに辞めることが可能です。

もし、一歩踏み出せない場合は、一度じっくりと、下記から感想の声を読んでみて下さい^^

 

>>感想の声

 

内容>

毎週火曜日の13時配信

・子育て講座(ワークや知識・学び)

・現在の我が家

・質疑応答

 

など、いずれかの内容をお届けします。

<参加特典>

息子が、小学6年だった頃に撮った対談音声があります。

なぜ問題を起こしていたのか?息子の中で何が起こっていたのか?がわかる音声になっています。

この音声に対して、自分の子供の声を聞いているようでとても貴重でした!という感想の声も多く頂いています。

ぜひ、一度聞いてみて下さいませ^^

 

特商法

Copyright© 夫婦道 , 2020 All Rights Reserved.