女の子の産み分けに成功した7ステップと最も大切な1つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
女の子産み分け

※この記事を読むと、女の子の産み分け方がわかります。また、産み分けるために最も大切な1つのことの必ずご覧ください。※

女の子が欲しいぃ~!

どうしても欲しい~!!

といううちの奥さんの要望をなんとか叶えたいと思い、女の子の産み分けに挑戦しました。結果的には女の子を授かり、今では6歳の破天荒な(汗 女の子に育ちました。

僕たちの経験が役立てばと思い自分たちが実際にした「女の子を産み分けた方法」をお伝えしたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

そのために、実際に試した7つの方法ですが、、、今回は2部に分けてお伝えできればと思います。

1部:女の子の産み分けに成功した7つの方法

2部:世間で言われている産み分け法よりも最も大切な1つのこと

それでは、早速いきましょうー!

1部:女の子の産み分けに成功した7つの方法

7つ女性は4つ

男性は3つ

やることがあります。それでは、細かくお伝えしますね。

<女性>

・基礎体温のチェック

・病院で卵胞(らんぽう)の大きさチェック

・病院でのペーハーテスト

・ピンクゼリーの使用

<男性>

・性行為はサッパリ

・精子の量のコントロール

・発射時の位置

この7つです。

まず、簡単に説明しますが、なぜ、これらが必要なのかについて、特徴を覚えておいてください。

精子の特徴

ここでは、X精子(女の子)、Y精子(男の子)の特徴についてお伝えしていきます。

<寿命>

X精子:長い(平均2~3日)
Y精子:短い(平均24時間)

コメント:Y精子の寿命は卵子と同じぐらいでほぼ1日。排卵日2~3日前に子作りTRYした場合、Y精子は平均24時間程度で死滅するが、X精子は寿命が長いため生き残っている確率は高い。

<数>

X精子:少ない
Y精子:多い

コメント:Y精子はX精子の約2倍と言われている。ただし、膣の中は細菌等の侵入を防ぐために酸性に保たれており、酸性に弱いY精子の多くは膣付近で死滅することになる。結局、子宮付近ではX精子とY精子はほぼ同等になる。

<pH>

X精子:酸性に強い
Y精子:酸性に弱い(アルカリ性に強い)

コメント:通常、膣の中は細菌等の侵入を防ぐため、酸性に保たれている、 子宮頚管へと進むと、逆にアルカリ性が強くなる。

排卵日が近づくと子宮頚管からアルカリ性の粘液が出るため、膣の中は中性に近づき、 そして、排卵日には最も酸性が弱くなる。

X精子(女の子)は酸性に強いため、アルカリ性の粘液が出る前の排卵日2~3日前、 Y精子(男の子)はアルカリ性に強いため、アルカリ性の粘液の分泌がピークになる排卵日当日がそれぞれ適した環境になる。

<運動能力>

X精子:低い
Y精子:高い

コメント:Y精子はX精子に比べて運動能力が高く、卵子に到着するスピードが早くなる。

また、受精が行われる卵管付近はアルカリ性であり、Y精子の方がX精子よりも動きが活発になるため、受精する確率も高くなる(男の子ができやすい)。

運動能力が低いX精子が受精する(女の子ができる)ためには、Y精子よりも数が多くなる状況を作ってあげる必要がある。

引用元:http://www.prematernityinfo.com/umiwake/kettei/kettei-2.html

ということです。この特徴を意識して、7つのことを意識してご覧ください。1つずつ説明しますね。

<女性>

体温計1.基礎体温のチェック

うちの奥さんがしていたのは毎朝起きたら、すぐに体温を測ると言うもの。そして、その体温を記録にして、グラフ化していました。

なぜ体温を測る必要があるのかというと排卵日の周期を計るため。(うちがかかった病院の場合です。他の病院ではやり方は違うかもしれません)

2.病院で卵胞(らんぽう)の大きさチェック

卵月に1回病院に行き、卵胞のチェックをしました。うちが通っていた病院では、排卵2日前に、性行為をして欲しいとのこと。

そのため、卵胞の大きさを先生に確認してもらい、排卵するだいたい2日前になったら先生から「今日お願いします」と言われます。

3.病院でのペーハー(ph)テスト

phペーハーテストでは、膣内が酸性か、アルカリ性かわかります。このとき、女の子の産み分けがしたいのであれば酸性であることが望ましです。

なぜなら、先ほども書きましたが、男の子の精子:酸性に弱く、アルカリ性に強い、女の子の精子:酸性に強く、アルカリ性に弱いからだそうです。

4.ピンクゼリーの使用

ゼリー性行為の前にピンクゼリーを使用します。膣内にゼリーを挿入し、内部を酸性にするためです。

病院で処方されたものを使用していました。(画像とは全く違うものです)

<男性>

5.性行為はサッパリ

あっさり性行為は軽くする感じです。女性が感じると、アルカリ性になるからです。

ですから、感じさせないサッパリな性行為をしてくださいと言われました。

6.精子の量のコントロール

コントロールお医者さんからは、射精してから3日ほどあけて性行為をしてくださいと言われました。

精子の濃さ?なのかはわかりませんが、それぐらいを目指していました。

7.発射時の位置

発射位置発射する位置は、ちょうど入口付近で発射をするように気を付けました。

これも精子の特徴によるもので、

男の子の精子は、生きている期間は短い
女の子の精子は、生きている期間が長い

ということで、発射位置を入口付近だと卵子に届く距離が長くなります。

その結果、生きている期間が長い女の子の精子が方が卵子に到達しやすくなるということです。

これが、実際にうちがやった方法で女の子を授かりました。ここまでくるのに、およそ半年近くかかりました。

もっと大切なことしかし、、、この7つのことを意識するよりももっと大切なことがあるんです。

それがこの第二部になります。

2部:世間で言われている産み分け法よりも最も大切な1つのこと

実は、産み分けをするにあたって、問題がありました。

例えば、卵胞の大きさが丁度良く、ペーハーテストもOKだったのにも関わらず、僕が酔っぱらって帰ってしまい性行為が出来なかった、、、

なんてことがあったんです。奥さんは、毎日基礎体温をチェックし、病院でも、しんどい検査をしたのにも関わらずです。

ここからは、ぜひ旦那さんに読んでもらいたいと思います。うちの奥さんに言われた言葉です。

いくら先生だと言っても、自分の大切なところはあまり見られたくないし、しかもチェックするとき、少し痛いの。

お金も高いし、病院での待ち時間もスゴイ時間がかかるのよ。確かに、私が女の子が欲しいって言ったけど、もう少し私のことも考えてもらえると助かる。

わかってない僕はまるでわかっていませんでした。

女性はしんどくて、男性の方は圧倒的に「楽」なんですよね。ちょっと考えてみてほしいんです。

僕たちは、なぜ結婚をしたのでしょうか?結婚式のときにこんな誓いの言葉を耳にしたことがあるでしょう。

「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

どんな結婚生活を送っているかわかりませんが、僕は「女を幸せに出来る男」になりたいと思っています。

SPONSORED LINK

でも、当然ですが、男性だけが頑張っても夫婦関係って良くならないんですよね。

お互いが、この誓いの言葉の気持ちを持つこと。これが本当の夫婦。どちらかが、頑張るんじゃない。

お互いが大切「男は女を幸せにする」それと同時に、「女は男を幸せにする」

お互いがお互いにとって、大切な相手であり、守るべき相手。夫婦関係は、人間関係と一緒なんです。

自分の両親、兄弟よりも、親戚よりも、友人よりも、大切にすべき相手だと僕は思っています。

なぜなら、僕たちの大切な家族を守れるのは、僕たちしかいませんからね。

「自分はこんなに頑張っている」ではなく、「相手はこんなに頑張ってくれている」ここを見つけていけば、きっと理想の夫婦に近付きます。

世界で最高の夫婦になり、最高に幸せな家庭を作ってください!

《お願い》

感謝もしこの記事は読む価値もないゴミ記事だ!と思われる場合は、何もせずに通り過ぎてください。

でも、この記事を知らないよりは、知っていた方が良いかも!と思われる場合は、「いいね」「シェア」「ツイート」などのボタンを押してくださいませ。<(_ _)>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。