妻と離婚したくない夫の変身計画?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
4b98962deb3de333ae878ea337de18f7_s

嫁と別れたい!

そんなこと、1度は思ったことがあると思います。

私は、何度と無く思いましたよ。

結婚して、6年になりますが、2回ほど離婚届を取りに行きました。

離婚届を取りにいくと、「本当にいいんですか?」って、市役所の人から聞かれるんですよね!

って、余計な話ですが。

 

夫である私自身、そう思うことがあるんです。

当たり前ですが、妻もそう思うことがあるのは当然です。

寂しいことですが、結婚しても所詮は、赤の他人なんです。

 

相手も自分の考えとまったく一緒と言うことは無いんです。

しかし、子供が出来たら、そう簡単に別れるってできませんよね?

 

2度もらった離婚届…。

まじまじと見ていると、子供の顔が浮かぶんです。

SPONSORED LINK

 

いつも意気地なしの私。。。離婚届を書くことはできませんでした!

ある日、友人との酒の席での話

やっぱり出た

「お前のところの夫婦生活はどうよ?」

聞かれて、嫁の愚痴を吐いてしまったんですよ。

1時間ほど。

 

そうして、ベロンベロンに酔っ払って、後は覚えてません!

 

けど、その会話の中で一つだけ覚えていたことは

「愚痴を吐けるくらいなら、まだ、好きなんだぜ?お前も愚痴っているって事は、嫁もお前のことで愚痴っているさ!それは、お前の魅力が無いからじゃない?」

 

これだけ覚えていました。

次の日、財布を見ると、飲み代の領収書しか入っていませんでしよ。

友人からのメールに「勉強料!」と一言!

 

おい!

 

そんなこんなで、私は、妻と別れたくないですし、嫁に「夫と離婚したくない!」と言わせるために考えた!

が、名案が浮かばない!

しかし、何に対しても事前準備と素材、そして、調理の具合で変わる物!

 

と、実践した「ダメ夫変身計画」と「夫と離婚したくない!」そんな嫁の作り方を公開!

身だしなみからチェック!その格好は、どうよ?

b0938705dde47387fb38431b3a593966_s結婚する前は、バシッ!っと決めて、髪型もセット。ひげのそりの腰なんてまったく無かった。

 

が、今はどう?

 

休みの日は、髪もぼっさぼさ。服は、デッロデロ。ひげは生えっぱなし。

パンツには穴があいて…なんかないです。

靴下にはあいてますがね。

そんな格好なんです。

 

そんな格好で、嫁と買い物。

 

今までそんなこと考えたこと無かったんですけど、隣にいる嫁がこんな格好をしてたら嫌ですよね?

そう考えると、まずは格好から!って思ったんです。

身だしなみと言う名の事前準備開始!

まずは、休みの日でもひげを剃り、髪形を整える。

洋服は、買ったことも無いファッション雑誌で勉強!

するが、なぜこんなに高いの?

1着1万?

 

値段に負けて、それっぽい服を「しま〇ら」で買いました。

嫁と買い物に行くにしても、「しま〇ら」コーデで、バァシィっと決めましたよ。

 

コンビニに行くときの、ちょっとしたことでもバァシィ。ってね。

嫁から「馬鹿じゃないの?」と言われたけど、我慢。

 

そうやって、一度、癖をつけるとなかなか抜けないものなんですね。

嫁にいわれる前に行動!手際のよさで魅了せよ?

608f27187f86e3b21f212686db76490a_s嫁から「あぁ~じゃま!選択するからさっさと脱いで」

「なんでパンツとズボンを一緒に脱ぐの!」

「掃除の邪魔だから!どっかいって!」

 

なんて、いわれてませんか?

 

えぇ。

私はいつも言われています。

終いには、「お前は、トドか!」と言われたことも。

言われて移動するときに、トドみたいに移動してます。

そして、休みの日の無精ひげがトドみたいになってます。

 

逆の立場になって見るとわかるんですけど、

たとえば、自分の職場で仕事の邪魔をするような人がいたら嫌ですよね。

そして、あいつとは仕事したくないって思ったりするんです。

 

それと一緒なのかもしれない。

そして、嫁の行動を先読みして、言われないうちに行動すればと、考えたわけですよ。

20日間かけてね。

 

無い知恵絞ってもでませんもん。

そして、嫁から言われていることをリストアップ。

なんと!ノート1ページが埋まりました。

 

例を挙げると

「はやくお風呂に入って」

「食べ終わったら、食器はシンクにもってけ!」

「靴は揃えて上がってきて!」

「寝ながらテレビを見るな!」

「使った綿棒は、ゴミ箱へ捨てて!」

読んだ人は思うでしょう。

 

ガキか。

 

28歳でも心は、童心といってください。

むしろ言って貰いたい。

そして、パソコンで30枚印刷。

言われたところだけに、チェックを入れていったんです。

 

最初は、20個だったチェックも、終わりには2つになっていました!

そして、嫁に言われる前に行動。

今では、「あれ、おわった?」

「終わったよ!」

 

「おk!」

と言う会話!

いや…それでいいのか?

まぁ、いいとしよう!

愛情をこめて?料理で、胃袋をつかめ!

「え~これこの間、たべたじゃん」

「俺ニンジン嫌いだし」

「肉は好き!」

そんなガキっぽいことをいっている人は、この世で俺だけでいい!

 

って、私自身そんなことばかり行っていました。

今思ってみると、毎日献立を考えて、料理をしてくれて、食卓に並べてくれる妻の気持ちなんて一回も考えたこと無かったんです。

 

そして、妻が外出するときに、

「帰ってきたら、俺が晩御飯を作っておくから!」

と、さらりと一言!

 

やばい!俺、カッコイイ!と思ったら

「ちらかしそうだからやめて」

俺、心が折れました。

 

何とか、折れた心を接着剤で固めて、やめろと言われた晩御飯を作ることに。

まず、フライパンは・・・あった!

油は…。ない?

 

普段料理することが無い私です。

調味料や食材の場所なんてま~ったくわかりませんよ!

あなたはどうですか?

わかります?

 

そして、油を探すこと10分!ようやく見つけたのは、ごま油!

体にいいですよね!

それを1本使って、てんぷらを作りました。

ナスとタマネギと、ししゃもとかいろいろです。

 

そして、お澄まし!

ネットで調べてスマホを見ながら調理!

が、分量を測るのが面倒なので、適当にドーン!

後は、サラダ!

レタスをちぎってお皿に盛るだけ!

 

ご飯は、炊飯器でポチっとな!

で、テーブルに並べて、嫁の帰りを待つ!

帰ってきたら?どうなったと思います?

いや~それはもう、

ガチで怒られました。

 

ごま油を1L丸々使ったてんぷら

お澄ましは、海水のしょっぱさ!

レタスのサラダは、水気を切ってなくてグッショグショ!

終いには、ご飯はべっちゃべちゃ!もはや、粥!

 

これほど怒られたことは無かったです。

最終手段!サプライズプレゼント!

料理はいろんな意味でまずかった。

最後はごり押し。サプライズプレゼント

前もしたけど、今も通じるはずだ。

 

ちょっと高いネックレス。

四角い箱にラッピングしてもらって、もうグッド。

と思いつつ、自分の欲しかった、サングラスを買って

意気揚々と、帰宅。

そして、嫁の上着のうちポケットに、手紙と一緒にセット。

そして、次の日、嫁が帰ってきたときに、なんて言われるか楽しみにしてました。

 

帰ってきた妻が一言。

「あのサングラスなん?」

え?

急いで自分のために買ったサングラスを確認すると、そこにはネックレスが。

 

しかも、サングラスのほうには、レシートが…。

実は、ネックレスよりサングラスのほうが高かったんです。

これはどういうことか、問い詰められましたよ。

 

正座です。正座。

10年ぶりの正座は、きついものですよ。

何とか誤解も解けて、ある意味サプライズのネックレスを渡して、ひと段落?

ちょっと機嫌もよくなったかな?

SPONSORED LINK

まとめ 結果的には失敗だけど?

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s妻に、「夫と別れたくない!」と思ってもらうためにいろいろやったんですけど、今回ばかりは失敗続きでした。逆効果になることばかりだと思ってたんですよ。

しかし、服装に気をつけるようになったこと、言われる前に行動するようになったこと、失敗したけど、料理をしたこと、サプライズプレゼント。

「嫁の為」にしていたことが良かったみたい!

「あなたと別れるわけ無いじゃん!」

その言葉が出たことで、結果オーライ!かな?

084571
記事を書いた人:yuuki938
一言:平凡な父親の非凡な日々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す