嫁との喧嘩は旦那が悪い?夫婦喧嘩を収めるコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
63b1d6a67a5bf44f43ab82d83923c7ec_s

喧嘩はしたくないものです。

傷つくし、空気は悪くなるし、疲れるし…。

喧嘩が大好き!ってひとはいないと思います。

夫婦生活もそうなんですけど、好き好んで夫婦喧嘩をするという人はいませんよね?

 

え?

私ですか?

 

まぁ…。

結婚してから、何度喧嘩したか分かりません。

小さい喧嘩から、離婚の危機になるくらいの喧嘩までです。

結婚といっても、育ってきた場所も何もかもが違う「赤の他人」と一緒に暮らすわけですから、衝突があってたり前なんです。

むしろ、衝突もなく生活できるというのは、よっぽどお互いの性格が一致しているか、仮面夫婦のどちらかでしょう。

 

あなたはどうですか?

夫婦喧嘩はしますか?

それとも、不満があっても、イライラしても我慢しますか?

SPONSORED LINK

 

私はどちらかというと、我慢するか、さっさと誤ってその場をしのぐ、また、勝手に土俵から降りて喧嘩自体を終わらせるというやり方でした。

 

だって、仕事から疲れて帰ってきて、夫婦喧嘩なんてしたくないですもの。

 

「あ~はいはい。ごめんごめん」

で、しのぐのが一番です。

そう思っていました。

しかし、これが間違いだったんですね。

 

夫婦喧嘩の原因は?

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s夫婦喧嘩が起きる原因って考えたことありますか?

みんな考えるのって、性格の不一致が殆どだと思いますよね?

私もそう思っていました。嫁といっても、赤の他人ですもの。

 

しかし、違うんですよ?

 

これも、とあるセミナーにいったときの話なんですが、そのときの講師が言った言葉。

夫婦喧嘩のほとんどの原因は、「旦那」なんです。

 

「え?おかしくない?」

 

そう思いません?

私も、「旦那が原因」といわれて、カチーンと来ましたよ!

おかしくない?って、

セミナー会場では、体質者続出。

50人いたセミナー受講者が、5人に。

 

その5人の中に私もいましたよ。

だって、聞きたいと思ったんです!

というのは冗談で、後ろに社長がいたからです(汗)

 

しかし、聞いて見るとなるほど納得!

ちょっと、見方を変えてみません?

あなたが仕事をしていて、お客さんと衝突がありました。

そういう時あなたはどうします?

1.「はい!はい!申し訳ありません!」と、いって場を流します?

2.お客さんを放置して取引事態を「切ります」か?

 

1をしている人も多いですが、これは、どちらも正解じゃないですよね?

もし、こういう態度をしてしまうと、信用問題になりますよね?

 

実際は、「話を良く聞いて、問題を確かめ、謝罪する。」

では無いでしょうか?

 

ちょっと待ってください!

あなたの嫁に対する態度を考えて見てください。

あなたが嫁に対する行動は、1.2の二つではないですか?

こうなってしまうと、嫁も怒ってしまいますよね?

夫婦喧嘩になる原因は、旦那である貴方の行動が原因がほとんどなんです。

夫婦喧嘩が起きちゃった!貴方はどうすればいいの?

夫婦喧嘩の原因は分かった!

しかし、夫婦喧嘩が起きてしまったらどうすればいいの?

って思いません?

 

夫婦喧嘩の収め方が悪いと、夫婦喧嘩が落ち着いても、家庭の中の空気が悪くなったままになってしまいます。

そうなると、また、夫婦喧嘩が勃発しますし、帰りたくなくなりますよね?

お子さんがいるなら、お子さんの教育にも悪いですよね?

私は、夫婦喧嘩をしたときに、最長で、1ヶ月間は冷戦状態。

その間、会話も無し。

謝って、収めたんですけど、二人ともしっくりと来ない。

なにか、もやもやがあるといった状態です。

 

こうならないためにも、起きてしまった夫婦喧嘩をどうやって収めるのがいいのでしょう。

っていっても、人は、十人十色。

これといった方法はありません。

 

これは、私が実行して、無事に夫婦喧嘩を納めた!と思ったやり方を紹介しますね!

夫婦喧嘩の原因は、家に帰ってきたら嫁が料理もせずに寝ていたので、「家事もせずに楽でいいね~」って言ったことが原因でした。

今思えば、何を言ってるんだろうと思いますよ。

仕事の疲れでイライラしてたのかもしれません。

 

そして、夫婦喧嘩勃発!

というより、夫婦戦争?

皿が飛ぶくらいでしたもん(笑)

そして、この私達夫婦の最大の大喧嘩を収めた方法は…。

 

喧嘩したら、3日間ほど、お互いの頭の熱を冷ました後に、話し合いをするということでした。

ただの話し合いじゃないですよ?

セミナーで教えてもらった内容と一緒で、

「嫁の話を面と向かって、良く聞く」ということです。

 

旦那の立場からすると、面倒で苦痛で、この上ないことです。

正直、仕事のクレーム処理をしているほうが楽と思えるくらいですよ。

嫁の話は、「私が~」という、自分の気持ちを押し付けて、

旦那である「あなたが~」という責任の押し付け?のような感じで

あとは、話があっち飛び、こっち飛びして、話を聞くということはこんなに疲れるのかというくらい。

一通り言い終えてすっきりしたのか、落ち着いた妻を見て、時計を見ると、1時間…。

 

はぁ?

 

よくもまぁ、こんなにいえるものだと感心しましたよ。

その後に、お互いの妥協点を探す。

ここで注意してもらいたいのは、男性に多いこと。

「すぐに結果を求め、解決策を出す」というのは止めて下さい。

これをしてしまうと、元の木阿弥。

また、夫婦喧嘩が始まってしまいます。

女性は、貴方への不満を「聞いて欲しい」だけっていうのを、頭においてください。

そして、最後は、お互いに直そうね!ごめんね!って、謝るんです。

これで、私の夫婦喧嘩は、綺麗に収まりました!

よかったら、参考にしてくださいね!

 

夫婦喧嘩をしないコツ

2d85ef06413c66ba459675a504194295_s嫁と夫婦喧嘩をしないようにするにはどうしたらいい?

って、難しいです。

コツがあれば…。って、コツがあるんです。

 

1.嫁の話を良く聞こう!

仕事から帰ってきて、嫁の話しを聞く。

新婚当初なら、大歓迎なんですけど、結婚して5年も経つと苦痛に…(涙)

なんて思っちゃダメですよ?

家に帰ってきたら、嫁の話しを聞くようにしましょう。

え?そんなのいやだ?

そんな私みたいなこと言っちゃダメですけど、いきなり全部聞こうとは思わないで、相槌だけでもするようにしましょう。

 

2.この禁句は言わない!

夫婦喧嘩を誘発する、嫁に言ってはいけない言葉があるんです。

・家事って楽だな~

・俺は仕事を頑張ってるんだ。疲れてるんだ。

・俺が外で働いているから飯が食えるんだぞ?

・俺のお袋は~

・子育ては母親の仕事だろ?

・仕事なんだから~

・家事炊事に対する不満

このことを言うと、夫婦喧嘩の原因になっちゃいます。

言っていませんか?

私は、言ってましたよ(涙)

 

3.子供のことを考える

子供のことを考えてください。

貴方達が喧嘩している姿を見て、あなたの子供は喜びますか?

夫婦喧嘩がおおい家庭の子供は、不良になることが多いですし、

人の顔色を伺うようになったり、びくびくした生活を送るようになります。

 

あなたの子供は、そんな風に育って欲しくはありませんよね?

どうしても喧嘩になりそう!といったときは、子供のことを考えて、グッっとこらえてください。

 

ここで紹介したコツは、実際私が実践したことなんですよ。

実際、どうかって?

 

喧嘩は、ほとんどしなくなりましたよ!

そして、お互いのことを「きちんと見て、考える」ようになってたんです。

本当ですよ!

 

まとめ 自分が変われば相手も変わる
 5291de7e86b12d5dd5e47782a5fe3728_s
自分が変われば、相手も変わる!

会社のスローガンみたいですよね(笑)

自己啓発本に書いてあることみたい(笑)

 

だけど、これは本当なんですよ。

 

人は誰でも、相手を自分のいいように変えようと思うんです。

しかし、そうすると相手の反発を買ってしまうだけです。

まずは、自分が変わるということです。

 

喧嘩してしまった場合は、嫁の話を良く聞いてください。

そして、喧嘩しないように、

1.嫁の話を良く聞いて

2.禁句を言わない

3.子供のことを考える

そうすれば、おのずと自分が変わってきます。

SPONSORED LINK

最後に、「夫婦円満」って、言葉。

いい言葉ですよね?

夫婦円満の円満って、何だと思います?

 

円が満ちている。

正しい円になっているってことです。

 

円の半分は、自分。

残りの半分は、嫁です。

 

この円を崩さないようにするには、お互いがお互いについて変わって行かないと、円を満たすことが出来ませんよね?

だからこそ、夫婦円満なんだと思います。

084571
記事を書いた人:yuuki938
一言:平凡な父親の非凡な日々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ゆあママ より:

    ウチは夫婦喧嘩の場合
    言いたいことがあっても旦那は聞いてくれません。一方的に「うるさい」「黙れ」「お前なんて死んでしまえ」など、言い返したもんなら家を締め出されます。次の日は必ず私に土下座をして謝るように言われます。ちっとも悪いなんて思ってないのに悔しい気持ちしかありません。
    こういう旦那へ自然と、上の記事のような考え方を身につけさせるにはどうしたら良いのかな?と思いました

  2. ザビエル より:

    身に着けさせるのは難しいかもしれませんね^^;

    それよりも、ぜひブログやメルマガを読んでいただき、どうして今の関係になってしまったのか?を探ってみることをお勧めします。

コメントを残す