離婚される妻(夫)と離婚回避して幸せになる妻(夫)の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、ザビエルです。

もしかしたら、あなたはパートナーから「離婚したい」と言われ、こんなに頑張ってきたのにどうして、離婚したいなんて言ってくるのか?幸せだと思っていたのに、どうして、、、と辛く苦しい思いをされているかもしれません。

または一生懸命頑張ってきた自分がバカにされているように感じで、怒りを感じたり、呆れているかもしれません。

でも安心してください。

この記事を読めば、離婚される妻の、離婚を回避して幸せな家庭を手に入れる妻の違いが明確にわかるでしょう。

そして、この記事はあなたにとって最高のものになるでしょう。

なぜなら僕はこれから、離婚を回避してパートナーから愛される妻になるために必要な、強力な3つの原則をお伝えするからです。

SPONSORED LINK

この3つの原則は、これまで夫婦関係に悩む、数百名の方達とメールや電話セッションをすることで発見した原則です。

それは、もう二度と離婚したいなんて思わせず、あなただけを心から愛してくれるパートナーをもたらしてくれるでしょう。

これは非常に大げさに聞こえるかもしれません。

しかし実際それほど強力なものなのです。

ただ僕のことを信じて、このまま最後まで読み続けてください。

この極めて短い記事は、本当にあなたの結婚生活を一変させるほど偉大なパワーを持っています。

もし あなたが、疑念を持っていたとしても、一旦脇に置いてください。

それによって、あなたを取り巻く世界がまさに変わろうとしているのです。

では、なぜこの3つの原則は「幸せな結婚生活」をもたらしたのに、典型的な夫婦円満の書籍やサイトは「仮面夫婦」「家庭内別居」「離婚」という結末をもたらしたのでしょう?

それは・・・

リレーションシップ

そう。これだけ。

非常にシンプルに聞こえるかもしれません。でも、このリレーションシップだけを高めれば、パートナーさんの心はあなたの元に戻ってくるのです。

しかも二度と離婚の心配がなくなり、あなたを心から大切にしてくれる。

この意味を理解したときに、世の中で言われている「離婚を回避する方法」なんて、 もう二度と試してみようとは思わなくなるでしょう。

では一体リレーションシップとは何なのか?

これは、あなたとあなたのパートナーとの「2人の関係性」のことを指します。

この関係性をどれだけ高められるのか?ここにすべての答えがあります。

それでは、早速ですが夫婦関係における問題(浮気・不倫・別居・離婚・借金など)というのは、一体どのようにして起こるのかについて説明していきたいと思います。

基本的に夫婦関係の問題が起こるのは、すべて「関係性」が原因です。

実際にこの図をみて欲しいのですが、結婚する前はいい関係だったのではないでしょうか?

しかし、一緒に暮らしていたり、妊娠、出産と、環境が変わることで少しずつ関係が悪くなってしまい、夫婦喧嘩が起こることで、“デッドゾーン”という所に行きます。

2人の関係性が、このデッドゾーン入ることで、問題(浮気・不倫・別居・離婚・借金など)が発生しやすくなります。

では、どのようにすればこれらの問題を解決できるのか?と言うと、答えは非常に簡単です。

なぜなら、“関係性”が落ちたことによって問題が起きたのであれば、“関係性”を上げていけば、問題は解決するということです。

はぁ〜???そんな簡単に問題が解決するはずが無い!と思われたかもしれません。

しかし、大半の方は、関係性ではなく、起きた問題をなんとかしようとします。

ものすごく簡単に言えば、離婚したい!と言われれば、離婚を阻止しようとします。

しかし、これから話す理由により、そんなことをすればするほど関係性はさらに悪化します。

まず、ここで覚えておいてほしいのは、関係性によって問題が起こる。そして、その問題は関係性によってしか解消しないということです。

関係性が破壊するわけ

なぜ関係性は壊れるのか?どうやって関係性は破壊されていくのか?ここについて説明していきたいと思います。

・・・が、その前にこの質問に答えてみて下さい。

パートナーの嫌なところを10個あげてください。

今パッと思い浮かんだものでいいので、嫌なところ・むかつくなぁ・気持ち悪いなぁ・何であんな言い方をされないといけないんだ!というような態度、言われた言葉でもいいので、嫌なところ10個あげてみてください。

・・・

思い出しましたか?

では次に、

パートナーの好きなところを10個あげてみて下さい。

パートナーのここが素敵だな、素晴らしいな、ここが最高だな、良いところだな、というところを10個あげてみてください。

これは非常に面白いんですが、夫婦関係が悪くなればなるほど、嫌なところというのはすぐに思いつきます。

しかし、逆に好きなところとか、良いところというのは思いつきにくくなってしまう。

ただ、夫婦関係が良かった頃・ラブラブの頃は逆で、好きなところや良いところはすぐに答えられるが、嫌なところは見つけにくかったりするんですね。

実はこの、嫌なところがたくさん見えるというのは、まさに関係性が悪い証明でもあるわけです。

そして、嫌なところばかりが見えるから、その嫌な部分を直してもらうために、指摘したり、怒ったり、泣いたり、我慢して、お互いがストレスをためてしまう。

そのストレスが限界値まで来ると、爆発して夫婦喧嘩になる。

これを繰り返すことで、2人の関係性というものは壊れていくのです。

では、もう少しお話ししていきますが、なぜ好きなところと嫌いなところが逆転してしまうのか?

付き合った当初・ラブラブだった頃は、好きなところばかりが見えたのに、だんだん嫌なところばかり見えるようになってしまった。

これはなぜ起こるのかについて説明していきたいと思います。

違いによる破壊

これはこのページの一番下から登録できるメルマガの1通目でプレゼントしているレポートでもお伝えしていますが、人間にはそれぞれ“違い”というものがあります。

例えば、下記の図をご覧下さい。

この違いというのは当然見た目の違いもありますが、実は、その人が持ってる“思考の違い”というものもあります。

離婚する理由で、よく価値観の違いとかありますが、この価値観の違いというのは思考の違いのことを言っています。

そして、この“違い”が原因である2つの事が起こります。

それは何かと言うと、、、

一つ目は、関係が深くなることで、これまで見えなかった一面(特に嫌な面)が見えるようになった。

二つ目は、もともと魅力的だと思っていたところが、結婚したことで嫌なところになった。

もう少し分かりやすく言うと、一つ目は、結婚する前は見えなかったけど、結婚してからわかった。または、妊娠、出産など環境が変わることでわかったところ。

たとえば、結婚した途端、家事を一切手伝わなくなったり、妊娠中にも関わらず、自分の都合だけでセックスを求めてきたり、、、

二つ目は、もともと知っていた性格だったけど、家族になったとたん、立場が変わり嫌なものに変わってしまった。

具体的な例で言えば、お金の使い方。

結婚する前は、「お金払いがいい」「気前がいい」という部分を魅力に感じていた。

しかし、いざ家族になった時に、その気前の良さが、“私たちのお金の使い方”という視点でみたら、受け入れられなくなったり、

“マメ”なところが魅力だったんだけど、いざ結婚すると、その“細さ”が、だんだん鬱陶しくなってきたり、

“おおらか”なところが魅力だと思っていたんだけど、いざ結婚したら、適当・何もしない・自分から動かない・大雑把といういうところに対して嫌気がさす、腹が立つということが起きてしまった。

そして「嫌なところ」だと認識したら、そこを指摘したり、変えようとするか、嫌だと思いながらも我慢する。

その結果、指摘から夫婦喧嘩に発展したり、我慢することで爆発して喧嘩になったりしてしまう。

そういったことが積み重なっていくことで、会話がなくなっていったり、喧嘩がエスカレートして、関係性がどんどん壊れてしまったということです。

あなたもそんな経験はありませんか?

(もしかしたら、夫婦喧嘩はあまりなく、あなた自身は幸せだと感じていたけど、知らず知らずのうちに、パートナーはストレスを抱えていて、関係性が壊れていたってこともよくあります。)

では、どうやって関係性を改善すればいいのでしょうか。

ここについて説明していきます。

関係性の改善(良くやる間違い)

関係性を改善する方法の話をする前に、よくやりがちな間違いについてお話ししていきたいと思います。

これは本当によくやってしまうのですが、”相手を変えるための努力をしてしまう”のです。

大事なので、もう一度言いますが、相手を変えるために一生懸命努力をしてしまうのです。

パートナーが離婚したいと言ってきたら、「離婚を考え直してもらうため」「離婚を阻止するため」に努力をするということです。

他のことで言えば、子供が忘れ物をする、言うことを聞かない、勉強しないという場合は、子供が忘れ物をしないように、言うことを聞くように、勉強するように努力をする。

こういうことをやってしまのです。

ただ、決してこれがダメという話ではありません。

ですが、これをすればするほど、関係性は壊れやすくなるということは覚えておいてください。

そして、本当に大事なのはこれからで、夫婦関係の終わりは「離婚ではありません」。

はぁーーーー、どういうこと????と思われたかもしれません。

ですが、これは真実なんです。

大変の方は、夫婦関係の終わりは「離婚」だとおもっています。

しかし、本当の終わりは、関係の破綻であり、「離婚」ではないのです。

もう少し話していきましょう。

・夫婦の終わりとは?

たとえば、あなたも経験があるかもしれませんが、これまで付き合った人を思い出してください。

さらに、付き合った人の中でも、良い別れ方をした人と、悪い別れ方をした人を思い出してください。

で、ここで想像して欲しいのですが、

良い別れ方をした相手とは、友達になる可能性は高いですよね?相手が困っていたり、助けて欲しいと言われたら、何かしてあげたいと思いやすいですよね?

ですが、逆に悪い別れ方をした人は、友達にもなりたく無いし、相手が困っていたり、助けて欲しいと言われても、何かをしてあげたいとは思いにくいですよね?

これって、簡単に言えば「彼氏彼女」という形は終わったとしても、関係性が壊れていなければ、2人の関係は続きますし、関係性が壊れてしまえば、関係は続きません。

なので、ここで本当に覚えておいて欲しいのですが、僕としては「離婚」を阻止するのではなく「関係の破綻」を阻止することが最も重要なのです。

なぜなら、この世に「絶対に離婚をしない方法」なんて存在しません。(と僕が思っているだけかもしれませんが笑)

なので、僕としては、たとえ、離婚したとしても「良い関係」での離婚であれば、復縁もあり得ますし、養育費などもきちんと払ってもらいやすいです。

しかし、「悪い関係」で離婚してしまえば、必然的に復縁もあり得ませんし、養育費なども払ってくれない可能性が高くなる。

なので、あなたが望む未来を得たいのであれば、たとえ離婚したとしても良い関係での離婚を目指す方が、最終的にはあなたが望んだ結果を得やすいわけです。

では、関係性を改善するために、何をすればいいのか?について説明していきたいと思います。

真の関係性の改善

それでは具体的に、どうやって関係性を改善するのか?

関係性を改善するには3つの原則を使って解決していきます。

原則1:離婚の阻止をやめる

原則2:夫婦関係が壊れた理由を明確にする

原則3:あなたの状態を整える

それでは1つずつ説明していきます。

原則1:離婚の阻止をやめる

これは勘違いして欲しくありませんが、決して、「離婚を受け入れろ」ということが言いたいのではありません。

そうではなく、あなたの中の「心の中ではしている阻止」をやめるってことです。

もう少し簡単に言えば、離婚を迫られているのであれば、離婚をしないがためにどうすればいいのか?と考えるのをやめるのです。

心の中では阻止している状態とは、「離婚を迫られている」ということばかりが、頭に残ってしまい、離婚しないためにどうすればいいのか?ということだけを考えている状態のことです。

もう少し言えば、離婚を迫られている場合、、、パートナーが離婚したいと再び思わせないために、言わせないために、どうすればいいのか?と考えて・・・結局は何をしていいのかわからなくなる。

他には、離婚のニュースが報じられたり、離婚に関するドラマなどを見た時に、過去を思い出し、そのときに感じた嫌な感情を感じてしまう。

または、離婚に関して、タブーに触れないような行動や言動をしてしまう。

そしていつの間にか差し障りのない会話や、関わりがどんどん希薄になる可能性が高くなるのです。

こういう場合のことを“心の中では阻止している状態”と僕は言っています。

絶対に阻止してはいけません!!といいたのではありません。

阻止したくなるときもあるでしょう。将来を考えて不安になり、なんとかしなければ!と思うこともあると思います。

もちろん、それは人間誰しも感じることなので、仕方が無いことなんです。

ただ、未来を見据えた時に、本当に大事なのは結婚しているか、離婚したのか、ということよりも、2人の関係は良いのか悪いのか?

これしかないんです。

これは本当に覚えておいてください。

では、この”心の中での離婚阻止”をしなくなるにはどうすればいいのか?というと、これはすごく簡単です。

それが、離婚のメリットを探すのです。

大体の方は、離婚したいとパートナーから言われた時に、「離婚に対する漠然とした不安」というものがあります。

この不安が原因で、結局は阻止しようとしてしまうのです。

なので、まずは「離婚したらどうなるのか?」ということを2つの視点で具体的に考えてみると、この不安は払拭しやすくなります。

それでは2つの視点とは一体なんなのか?

それが物理的、感情的の2つです。

1.物理的な視点

物理的とは、まさに物質的なもののことを言います。たとえば、住むところや、お金、環境、、、いろいろなものが不安ようとして襲ってきます。

これは、具体的にどうなるのかがわからないから漠然とした不安になるわけです。

なので、ここを解決します。

解決の仕方は簡単です、「離婚してみる」ってことです。もちろん実際に離婚するわけじゃ無いですよ。

想像の中で離婚してみるんです。そして、離婚した後、自分はどんな行動を取るだろう?と想像して、それを具体的にしていくのです。

わかりにくいですね笑

まぁ、簡単に言えば、たとえば、お子さんがいらっしゃるのであれば、母子手当や父子手当は具体的にいくら毎月もらえるのか?

すむところは、優遇されるのか?それはいくらぐらいなのか?親御さんの協力は得られるのか?具体的に毎月どれぐらいの費用が必要なのか?

もし自分が働くとしたら、いくらぐらいのお給料がもらえそうか?こういうことを1つずつ調べていくのです。

そうすると、、、確かに今の生活よりは不便になるし、できることができなくなるかもしれません。

しかし、実は生活をするためであれば、そこまで絶対に無理という状況にはなりにくい可能性があります。

もう少し具体的にすると、、、たとえば、愛知県名古屋市であれば、小学生のお子さんが2人いて、働いていないとしたら、月額98000円ぐらいもらえるようです。(これは具体的に相談してみてください。)

また、これも市営住宅や県営住宅であれば、収入にもよりますが、30000円以下で2LDK、3LDKとかにも住めます。

なので、もし物理的に不安を感じているのであれば、お住いの地域で、どれぐらいの収入と支出などを具体的に計算してみることをお勧めします。

もちろん、これだけで不安が払拭されるわけではないと思います。

なので、次の視点でも考えてみます。

2.感情的な視点

感情的な視点とは、簡単に言えば、今感じているストレスがゼロになるということを考えて欲しいのです。

あなたとパートナーとの関係において、いろいろと考えてしまうと思います。しかもそれは気遣いや、怖さ、ビクビクしたり、差し障りの無い会話をしたり、、、

そういったことから解放されるということです。

また、パートナーと離婚することで、新しい恋もあるかもしれません。やりたかったことをやることができるかもしれません。

興味のある仕事に就けるかもしれません。

もう少し具体的に言えば、あなたが離婚することで得られるメリットを考えてみて欲しいのです。

お子さんがいらっしゃる方は、こう考えるかもしれません。

離婚すると子供が不幸になるんじゃ無いか?どうして離婚したんだ!と責められるんじゃ無いか?

でも、こう考えて欲しいのです。

あなたとパートナーがギスギスした関係の中では、日常を過ごすのと、、、そこから解放されてノビノビと過ごしているあなたと、、、

どちらで過ごす方が子供は本当に心からの安心や安らぎを得られるのか?

もちろん、正解はわかりません。

ですが、僕の中では、心穏やかに、毎日楽しい、嬉しいという感情を感じているあなたの元で育つ方が子供にとっては大切なことなんじゃないか?と思っています。

ですので、ぜひ、離婚を阻止することではなく、まずは離婚した時の自分のメリットを考えてみてください。

さぁ、ここから夫婦関係を改善するためのステップをお伝えしていこうと思います。

原則2:夫婦関係が壊れた理由を明確にする

関係性を改善するには、必ずと言っていいほど「なぜ、関係は壊れたのか?」を理解する必要があります。

大体の方は、離婚したいとパートナーに言われた時に、「あれが嫌だった、こうして欲しかった、これがムカついた」という言葉を聞いて、それをしないようにします。

具体的に言えば、掃除をもっとちゃんとして欲しかったと言われて、掃除を一生懸命頑張るとか、家事を手伝って欲しかったと言われれば、家事を手伝います。

しかし、パートナーが本当に欲しいものはそれではありません。

なので、どれだけ掃除を一生懸命しようと、家事を手伝っても、関係性は改善しないわけです。

なぜ、関係性が改善しないのか?

それが、関係性が悪くなった理由がわからないからでうs。

関係性が悪くなった理由がわからなければ、当然ですが改善のしようがありません。

では、どうすれば本当の理由がわかるのか?

これは簡単な3つのSTEPをすることで理解できます。

STEP1.パートナーの嫌なところを1つ書いてください。

STEP2.その嫌なところに、どんなことを言ったり、どんな態度を取ってきましたか?

STEP3.もし、あなたが、あなたのパートナーだったとして、その言動や態度をいつもいつも取り続けられたとしたら、あなたは、一緒にいることで喜びは感じられますか?一緒にいたいと思いますか?

これをやってみると、、、あなたのパートナーが、あなたとの結婚生活において、どのような感情を感じていたのか?が理解しやすくなります。

これは、すごく初歩的な質問ですが、もしもっと具体的に知りたい!と思われる場合は、この記事の一番下にあるメルマガに登録してみてください。

1通目でプレゼントしているレポートに、違う視点で、もう少し詳しく説明していますので。

原則3:あなたの状態を整える

最後は、あなたの状態を整えるです。

これは、簡単に言えば、パートナーとの関係性を高める前に、あなた自身が良い状態で日々を過ごすことが重要になってきます。

これも具体的に想像して欲しいのですが、あなたの気分が良い状態と、気分が悪い状態の2つがあったとしましょう。

このとき、あなたのパートナーはどちらのあなたと一緒に過ごしたいと思い、どちらのあなたと一緒にいたく無いと思うでしょうか?

当然ですが、気分が良い状態のあなただと思います。

では、気分が良いあなたはどうやって創れば良いのでしょうか?

「そんなもん、気分が良くなることが起こらなければ、気分なんて良くなるわけがありません!」

と思われるかもしれません。

しかし、それは本当でしょうか?

たとえば、あなたの気分が良くなることってどういうことをしているときでしょうか?

好きな音楽を聴いている時?

歌うこと?

好きなドラマを見ている時?

散歩?

読書?

お洒落なカフェで過ごす時間?

ウィンドウショッピング?

なんでも良いのですが、まずは、あなたの気分が良くなりそうなことで、簡単です今すぐ出来そうなことをしてみてください。

そして、次にこの質問を1日回繰り返してみてください。

「今日自分の周りで起こった、嬉しかったこと、楽しかったこと、ありがたかったこと、助かったことは、なんだろう?

これを1回だけで良いんで、やってみてください。

実は、あなたは気付いていないだけで、あなたの気分を良くすることって、あらゆるところであらゆることが起こっています。

もちろん、あなたの気分を悪くすることだって日常的に起こっています。

どちらに意識を向けて、探していくのか?これがあなたの気分を良くする秘訣です。

まずは、あなたの状態を整え、自分のために行動してみてください。

あなたがあなた自身を大切にすること。

これが、僕はすごく大事だと思っています。

また、自分を大切にできない人は、周りの人を大切にするのは難しいんじゃ無いか?とも思っています。

あなた自身もこれまでたくさん頑張ってきたのではないでしょうか?

パートナーのため、家族のため、子供のため、、、いろいろな「ため」を守るために、一生懸命努力をしてきたことを僕はわかっています。

今この記事を読んでいることさえも、なんとかしたい!という気持ちの表れでは無いかと思うからです。

まずは一旦休憩しましょう。

あなたのために、あなたを喜ばすために、あなたを癒すために、あなたを助けるために、、、何ができるのか?を考えてみてください。

あなたが自分を大切にできた時、、、初めてパートナーとの関係性というものがかいぜんしていきますので^^

もし、もっとしっかりと学びたい!もっと自分の人生を良くしたい!と思われたら、ぜひ下記からメルマガを読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す