離婚を回避するほど深刻な問題になる本当の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もしかしたら、夫や妻から離婚したい!と言われてしまったかもしれません。

もしあなたが離婚したいとか、夫婦関係をあきらめていなければ、当然のことですが、回避したいですよね。

これは、当然の心理だと思います。

ですが、実は、回避したり、阻止したりすればするほど、問題は深刻な方向へ向かってしまうのですが、知っていましたか?

この記事を読み終えたときに、これまでやってきたことがどうして効果が無いのかがはっきりと理解できるでしょう。


SPONSORED LINK

1.なぜ離婚を回避するのか?

45514519 - red question mark on the crossroad with four arrow directions over white background

 

離婚を回避することで起こる深刻な問題の話をする前に、必ず理解しなければならない人間の心理についてお話しします。

まず、あなたはなぜ離婚を回避したいのでしょうか?

この理由はわかりますでしょうか?

大体の方は、子供の事を思って!とか、家族は離れるべきではない!とか、好きだから!愛しているから!情があるから!・・・

なんて、言葉を並べがちです。

あなたもそんなことを思っていませんか?

しかし、本当の理由はそこにはありません。(キッパリ)

もちろん、全くない!と言い切れるわけではありませんが、それは本当の理由では無い可能性が高いんです。

では、一体なぜ離婚や浮気、不倫を阻止するのか?

1-1.自分の都合で離婚を回避している

それは、あなたの都合で離婚を回避しようとしている可能性が高いんです。

もう少し具体的に入っていきましょう。

これは僕自身セッションしてわかったのですが、大体の方は、

世間体、親に心配かけたくない、友達や同僚にどう思われるか、ママ友たちになんて噂されるか、子供にどう思われるか、、、

なんて、自分の心配をしている可能性が高いんです。

どうでしょうか?

「いや、私はパートナーが好きだから、愛しているから離婚したくないんだ!」

と言われるかもしれません。

ですが、良く考えてみて欲しいのです。

「好き」って何でしょう?

「愛してる」ってどういうことなのでしょうか?

ここがはっきりと理解しているのなら、そうかもしれません。

ですが、これがはっきりとわかっているのなら、離婚するまで関係は悪化しません。

大体の方は、「何となく別れたいと思っていないから、、、きっとまだ好きなんだ」という理由付けをしがちです。

ですが、残念ながら心の奥底には、「自分が傷付かないように」、「自分を守るために」、離婚を回避しようとするのです。

これは、人間だれしも傷付きたくないし、自分を守りたいでしょう。

ですが、この気持ちで離婚を回避しようとすればするほど、関係は修復できないまで破壊されてしまう可能性があるのです。

1-2.なぜ離婚の回避が関係性の破壊になるのか?

これは先ほども話しましたが、自分の都合で、「相手の離婚したい」という意思を捻じ曲げようとするわけです。

もう少し言えば、相手が離婚したいと言っている理由は一切考えずに、自分が離婚したくない理由を押し付けて、全力で回避している状態です。

これは、相手にストレスを与えている以外の何者でもありません。

ですが、じゃー離婚しろってこと!?ってわけではないです。

ここをもう少し理解して欲しいのですが、自分の理由で離婚を回避するというのは、「自分の理由で相手をコントロールしようとしている」ということ。

すなわち、相手はどんどんストレスを溜めてしまう可能性があるわけです。

当然ですが、ストレスが溜まれば溜まるほど、離婚を意思は固くなるし、お互いが憎しみ合って別れるなんてことにもなりかねません。

もちろん、それでも良いから離婚を回避したい!と思われるのであれば、それでも良いでしょう。

1-3.離婚の回避は相手にどう伝わっているのか?

これは一例ですが、パートナーにこんな言葉をかけていたら、大きな問題に発展するかもしれません。

たとえば、、、

妻が離婚を回避しようとしたら、夫に「あなたのせいで私たち(子供含む)が不幸になっても良いの?」なんてことを言う可能性が高い。

もう少し言い方を変えれば、「あなたがまともな人間なら、私たちを不幸にしてまで、離婚なんてしないわよね」なんて言ってしまう。

また、旦那が離婚を回避しようとしたら、妻に「お金はどうするんだ?」とか「子供の面倒は見れるのか?」なんて言葉で、不安を煽り、回避しようとしがちです。

もう少し言い方を変えれば、「お前なんかが一人でやっていけるわけがない。俺がどれだけ家族のために頑張っているのか理解しろ」な~んて言っちゃう。

もちろん、それがダメって話ではありません。

でも、自分が相手の立場だったら、離婚をするの辞めたい!とは思わないでしょう。

どんどん相手を追い詰めて、最終的に開き直られるかもしれません。

「あっそ、どうぞ。」

という感じに。こうなれば、関係を修復するのは難しいかもしれません。

それじゃー、どうすれば良いの!?と思われたかもしれません。

では、ここから本当に大事な話をしていこうと思います。

じっくりとお読みください。

まずすんごい初歩的なことなんですが、関係が壊れるのは、パートナーが離婚したい本当の原因を理解していないからです。

2.離婚をしたい本当の理由とは?

29464909 - 3d man squatting and confusing with red question mark over white background

あなたは、パートナーが離婚したいと思った理由を理解しているでしょうか?

なぜ、パートナーは離婚したいと言ってきたのか?

ここを理解しているでしょうか。

大体の人は、言葉だけを聞いて、「これまで大切にしてこなかった」「ないがしろにしていた」「感謝していなかった」「文句ばかり言っていた」「甘えていた」。。。

いろいろな理由を言われるかもしれません。

じゃー、大切にすればいいのか?文句をやめて感謝すればいいのか?甘えるのをやめれば良いのかと言われると、答えはNOです。

そんなことをしても関係は改善しません。

じゃー、一体何が原因なのかというと・・・

「相手があなたを必要ないと思っている」または「あなたにとって自分(相手)は必要がないと感じている」のどちらかの可能性が高い。

結婚する前は、お互いが必要だと感じていたから一緒になりたいと思ったのでしょう。

ですが、関係が悪化し、必要がないと思ったから、離婚したいと思ったわけです。

では、どうして必要がないと思ったのでしょうか?

3.価値ポイントがマイナスなのが原因

63329993 - hand putting coin on coins stack,savings, finance , business investment growth concept,saving money concept,woman hand putting money coin stack growing business and selective focus.

は?価値ポイント?と思われたかもしれません。

ここで、価値ポイントとは

あなたと一緒にいる価値=価値ポイント

という前提で説明していきます。

この価値ポイントは上がれば上がるほど、関係は親密になり、大切にされますし、大事にしてくれます。

当然ですが、離婚はしたくない!と相手は思っています。

また、価値ポイントは、パートナー自身が、、、

あなたから大切にされている、感謝されている、愛されている、認められている、尊敬されている、、、という

あなたと一緒にいることで、ポジティブな感情を感じれば、ポイントは上がります。

逆に、ポイントが下がれば下がるほど、関係は疎遠になります。

これは僕のメルマガでプレゼントしているレポートでも説明していますが、ポイントは下がり続ければ、パートナーからは「敵」だと認識されます。

敵だと認識されれば、相手は自分を守るために、いろいろな問題を起こしてくるわけです。

夫婦喧嘩も悪化しますし、浮気、不倫、別居、DV、モラハラ、、、いろいろな問題が勃発します。

当然ですが、相手は離婚したい!と思っています。

価値ポイントが下がるのは、パートナー自身が、、、

あなたから大切にされていない、感謝もされない、文句ばかり、指摘ばかり、、、という、あなたと一緒にいることで、ネガティブな感情を感じることで、ポイントは下がります。

これは割合の話ですが、たとえば1日一緒いて、感じる感情が

ネガティブな感情<ポジティブな感情

であれば、一緒にいたい!と思うでしょう。

ですが、逆なら、1日一緒にいたいと思いませんよね?

この積み重ねが、離婚という悲しい悲劇を生んでしまうわけです。

4.離婚を回避するために最も有効なこととは?

14033207 - idea concept, one glowing light bulb standing out from the unlit incandescent bulbs on white background

それでは、離婚を回避するためには、一体何をすればいいのか?

ここについてお話ししていきたいと思います。

すごく簡単な方法です。

それが、「離婚を回避することをやめる」ってことです。

はぁ~~~~~離婚を回避できる方法を探しているのに、離婚を回避するのをやめるって、もう本末転倒じゃない!!!

と思われたかもしれませんが、まぁ、最後まで聞いてください。

先ほど、価値ポイントの話をしましたが、この価値ポイントを上げると言うのは、一朝一夕というわけにはいきません。

関係がじわじわ壊れていったのと同じように、改善するにも時間がかかるからです。

そして、離婚というものは相手があってのことなので、どれだけ価値ポイントを上げたとしても、相手からは「離婚」を迫られる可能性は十分あり得るわけです。

じゃー、一体どうすれば良いのか!?

と思われたかもしれません。

僕が大事だと思うのは2つ。

1つは、もちろん価値ポイントを上げるために、関係を改善しようとすること。

もう1つは、「離婚」という形よりも「関係」に重きを置くこと。

です。

5.離婚よりも大事なのは関係性

73609024 - cheerful young couple at home. woman and man hugs and kisses.

離婚しても養育費をもらう方法にも書いていますが、

パートナーシップにおいて、最も大事なのは「関係性」です。

ですが、大体の方は「形」にこだわります。

もう少し簡単に言えば、「結婚」という形にこだわります。

そのため「離婚」を阻止したり、回避しようとするわけです。

ですが、この記事でも書いている通り、阻止したり、回避しようとすればするほど、問題は悪化する可能性が高い。

さらに言えば、パートナーシップにおいて最も大切な「関係性」を完全に破壊してしまう可能性があるわけです。

そして、関係性が破壊されれば、復縁なんてあり得ませんし、相手から恨まれて、二度と会えない、なんてことにもなりかねません。

もちろん、それがダメって話ではありません。

それでも良いんです。

ただ、僕がおススメしているのは、もし別れるにしても、良い関係で別れた方が結果的にメリットは多いですよって話です。

ぶっちゃけて言えば、たとえ離婚になったとしても、良い関係でいれば、養育費や、子供と会える回数などの条件も良くなりやすい。

当然ですが、復縁の可能性もありますよね。

ここで、あなたにも考えてみて欲しいんです。

これまで付き合った人の中で、良い関係で終わった人と、最悪な関係で終わった人のことを。

良い関係で終わった人であれば、困っていたら助けてあげたいと思いませんか?普通に会話もできるし、会って食事なんてことも可能でしょう。

逆に最悪な関係で終わった人であれば、困っていても「知るか!」となるかもしれませんよね。当然ですが、会いたくもないし、話したくも無いでしょう。

これと同じなんです。

結婚という形や、一緒にいるとかいないとかよりも、「良い関係」を築く方が、未来は良い方向に向きやすいんです。

すなわち、離婚を回避するのではなく、離婚を一旦、自分の中で受け入れてみる。

または、離婚したときのメリットを考えてみる。

これをしてみると、離婚というものを受け入れやすくなります。

その状態をまずは作ってから、関係を改善する努力をしてみると、たとえ、離婚したとしても、理想の未来に近付けるような気がしますが・・・

あなたはこの記事を読んでどう思われたでしょうか?

もう少し話を聞きたいと思われたら、ぜひ下記からメルマガに登録してみてください^^

いろいろな角度で、詳しく説明していますので!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 


フォームに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す