感想の声

<感想の手紙>

※感想の手紙で出てくる「子供の症状改善のメルマガ」というのは、今回紹介しているニコニコママへの旅の「簡易版」になります。

リンクをクリックすると拡大します。

1

<テキスト>

※黒く塗りつぶした名前は、「ザビエル」に変更しています。

ザビエルさんのメルマガに出会わなかったらと思うとゾッとします。

前略ザビエル様

筆不精の私が、ザビエルさんへの感謝の気持ちと娘の変化をお伝えしたくお手紙書かせていただきました。

「子供の症状改善」を始めてまだ日も浅いのですが、娘に素晴らしい変化を感じています。

娘(10歳)は、5歳の時に「心身症」と診断され、現在も小児心理に通院しています。

幼稚園の時は、誰とも喋らず関わらず、ただいるだけでした。

入学しても「どうしよう」でいっぱい。

 

毎日が不安だらけで、新学期の4月から6ヶ月までは神経性下痢で、毎朝トイレに入りっぱなしでした。(毎年です)

何をするのも、人の倍の時間がかかり、小さなおにぎりを30分もかけて食べてる、、、テレビを見ながら、、、パジャマのままで、、、朝ギリギリになって、あれがない、、、これどうしよう、、、部屋は片付いていない、、、

そして、

私がブチキレてしまう。

 

「何やってるの!」

「何で時間が見れないの!!」

「ちゃんと支度しなさいって言ってるでしょ!!」

「部屋の片付けできないなら、全部捨てるからね!」

 

自分の声にさらにヒートアップし、

「いくつになったのよ!赤ちゃんじゃないのよ!!しっかりしてよ!」

と怒鳴り、家から出そうとしたこともあります。

 

娘が泣き叫ぶ中、私が出て行ってしまったことも。

不安症の娘が一人でどれだけ不安だったか、、、

今思い出すと心が潰れそうです。

 

娘を変えるためにどうしたらいいかを必死に考えました。でも、同じことの繰り返し。

「できない!できない!あなたは何でダメなの!」と言い続けてきてしまいました。

ザビエルさんの「子供の症状改善」を始めて、たくさんのことに気づきました。

 

自分が子供の頃を思い出した時、

母から怒られた時の反抗的な感情、

ふてくされてやる気など起こらなかったこと、

そして褒められた時、もっと頑張ったこと、

その時の母の笑顔がすごく嬉しかったこと、

 

もっともっと喜ばせようとしたこと。

あー!私は娘からどんどんやる気を奪ってしまってました。

 

そして、母から「泣くな、頼るな、甘えるな」と育てられた私は、甘えることはいけないことだと思っていたのです。

甘えさせてあげなかった、抱っこしてあげられなかった、いつも不安でいっぱいの娘を頑張れ!と突き放していました。

娘が「ママには私の気持ちが分からないんだよ!」とよく泣いていました。

今10歳の娘を膝の上に抱っこします。かなりデカいです。

娘は嬉しそうに「安心する」といいます。

 

もう他の子と比べることはやめました。

娘は娘のまま、そのままでいいと思うことができました。

「心配な時は、必ずママが一緒にいるよ」と言ってあげました。

先月娘が生まれた時のビデオを家族で見て、その時のことを話しました。

 

みんなが喜んだこと、ママが死にそうだったこと、パパが大慌てで大変だったことなど、久しぶりに思い出して、私と主人も幸せな気持ちになれました。

 

「なっち生まれてくれてありがとう」と言うと、「なっちがままに決めた!ってママのお腹に入ったんだよ」って。

「えっ?!」

その言葉に驚いたのと、嬉しくて「ママを選んでくれてありがとう」と泣いちゃいました。

今、娘の不安が少しずつ安心へ変わっているようです。

 

学校で硬筆展の代表に推薦されたのですが、以前なら間違いなく断っていたと思います。

自分より上手な子がいるのに、結果を出せなかったらどうしよう、、、やっぱり○○ちゃんの方が良かった、、、とか、皆から言われるんじゃないか、、、と不安になるはずだから。

それが、「やってみたいです!」と言ったんです。

友達からたくさんの「頑張って!」をもらい、毎年代表になっている子からも「応援してるからね」と声をかけられて感動してました。

 

娘にとって大きな自信になったと思います。

担任の先生から「最近手を上げて答えてくれるんですよ~」「どうしたんですか~?」「すごい変化ですねー!」と言われました。

 

そうです。

もう、少しの変化ではなく、激的な変化です。

先月、娘が私に抱っこして言ってくれた言葉。「ママは私の気持ちがわかるんだねー」

 

とってもとっても嬉しかった。

これからは子供の小さな変化を見つけて楽しんで行きます。

私が子供の頃見たかった母の顔は、優しいニコニコの笑顔でした。

私は甘えたかった。

 

私の決意

いつも優しい笑顔でいます。「そうかぁ」「そうなんだぁ」といっぱい話を聞いてあげます。

どんな娘でも良いんだよ、と受け入れます。

なっちが全てを出しても大丈夫だと安心できる場所になります。

娘にはいつも笑顔でいてほしい。

何事も安心して楽しんでほしい。

 

ザビエルさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

1年前にザビエルさんのメルマガに出会わなかったらと思うとゾッとします。

その頃、私は旦那を恨み離婚寸前でしたから。

今振り返れば、娘が心身症、不安症になるのは当然です。

 

毎日毎日ケンカ、そして、無言、無視の生活。

きっと私は笑うこともなく、怖い顔で娘の声に耳を傾けることもしてなかったでしょう。

娘が話さないわけです。

笑わないわけです。

不安でいっぱいなわけです。

 

1年前ザビエルさんとワークをやって、たくさんのことに気づくことができて、今少しずつ夫婦がお互いの気持ちに寄り添い、思い合えるようになりました。

笑顔いっぱい、幸せ家族になります。

私の人生、家族皆の人生を変えてくれたザビエルさんに、本当に心から感謝です。

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

なっちママより

 

<感想の手紙>

リンクをクリックすると拡大します。

2

 

<テキスト>

※黒く塗りつぶした名前は、「ザビエル」に変更しています。

私も周りの家族を驚いています。

ザビエル様

メルマガいつも楽しみにしています。

ザビエルさんの子どもの症状を改善の法則を学んで、息子に起こった変化成長についてお話しさせて下さい。

 

うちの子は来年小学生になる幼稚園の年長さんの男の子です。

私は小柄なこともあり、体は小さく周りのお友達と比べると、成長も遅い方でした。

好きなおもちゃを取られても「返して!」と言えずに、その子がそのおもちゃを手放すまでずっと見ていて、手を離した時に取りに行くというタイプです。

 

子どもが生まれてからの生活はもちろん子ども中心で、抱きグセがつくと周りから言われていましたが、たまたま出産前に読んだ本に”もし赤ちゃんが愛情が欲しいと泣いていたとしたらどうしますか?”赤ちゃんはまだ話せないので泣くしかできないのです。

と言う内容のものを目にして、確かに!!と思い、泣いていなくてもほとんどの時間を抱っこで過ごしました。

 

そのおかげなのか、泣くこともあまりなく、魔の2歳と言われる時期もなく、かんしゃくも記憶にないぐらいでした。

小さい時から本当にニコニコしてくれる子で、知らない人や病院先でも誰にでもニコニコしていました。

私は生きていく上で自己肯定感が一番必要だと考えていたので(ザビエルさんが言っている存在価値のことです)愛されていると実感できる子育てを目指していました。

 

子どもには「愛してる」はもちろんのこと、「大好きだよ~」と四六時中言っていました。

お家で家事が忙しくても、あなたを想ってると伝えたいと思い、子どもの近くを通るときは必ずどこかを触ったり、キスしたり、頭を撫でたりと、行動してきました。

子どもも大きくなり、幼稚園の先生からも「○○くんがご両親から愛されているなと、見ていてすごく伝わります」とか「こんなにずっとニコニコしている子、そういないですよ」とか言われ、

 

周りの友達からも「○○君は愛されてるのが顔に出てるよね~」と言われたりしました。

私も嬉しかったし、それと同時に私は愛情を周りの人から見てもわかるぐらい伝えてこられたんだなぁと思っていました。

 

ですが、、、私は子どもが本当に愛されてると実感していないかもと思う様になったのです。

息子は本当に精細で傷つきやすく、失敗が怖くて新しいことにチャレンジしない、練習さえも嫌がるのです。

そして、「僕のこと好き?」と何度も聞いてきます。

愛されているという土台がないのでは、、、と思う出来事が増えていき、ただ依存してるだけなのではと思ったのです。

 

周りに相談しても「それだけやってるじゃない」とか「ぜいたくだと思う」と言われ理解されずにいました。

その中でザビエルさんの子どもの症状改善に出会いました。

過去の法則でもあるように、子どもがお腹に来てくれた時の事を話すことから始めました。

 

「ママは○○がお腹に来てくれて、本当に嬉しかったんだよ~」

「○○が生まれた時ね、パパが泣いて喜んだんだよ~」

 

と写真や動画を見せたりしながら話しました。

「ママと○○はおへそで繋がっていたんだよ~、今は見えないもので繋がってるんだよ~」など毎日のように話しました。

以前にも息子にはこういう話はしたことがありますが、意識はせずに雑談のような感じでした。

 

子どもは数日で、「僕に早く会いたかったんでしょ?」とか、私のおへそと自分のおへそをくっつけて嬉しそうにしたりと、私の話したことがちゃんと伝わっていることが、言葉や行動でかえってきたのです。

それが”嬉しそうに”というのが、今までにないことでした。

それに、一度ではなくお風呂に入るたびにおへそをくっつけてきたりと、行動や言葉での回数が多くなったのです。

 

そして、子どもも先を考えられるようになったのか、「小学生になっても僕のこと好き?」と、今だけじゃなくこの先も愛してくれるよね?という気持ちがあることがわかりました。

そしてザビエルさんが言っていた”子どもに伝わる言葉で”というのが本当に納得でした。

私は今まで愛してると伝えていましたが、子どもには愛してるという言葉の実感が分からなかったのです。

 

私がしてきた表現と子どもがわかる表現に差があったのです。

ここで、今まで自分が 接してきたものとのズレが、ようやくわかったのです。

大好きも言い過ぎて普通になっていたようです。

それから子どもが表現で使う言葉を意識して、観察して”大好き”や”愛してる”に「すごい」や「たくさん」「泣いちゃうぐらい」「死んじゃうぐらい」などつけて差を出し、愛してるの意味も伝えました。

 

”嬉しい”、”楽しい”、”悲しい”、”寂しい”なども積極的に使うようにしました。

それから、あれだけ嫌がっていた幼稚園にも(うちの子は朝起きた瞬間に「今日は幼稚園?」と泣きそうになりながら毎日聞いてきます)「嫌だけど頑張る」と言いだしたり、一切教えてくれなかった幼稚園での出来事を話してくれるようになりました。(ママとの時間に幼稚園の話はしたくないそうです)

 

ママと離れたくなくて、おじいちゃんと2人で近くのコンビニすら行けなかったのに、「ママとは後で会えるよね?だったらじいじと行く!」と言ったりと、私も周りの家族を驚いています。

ちょっとしたことで、土台が少しずつできているのかなぁと思うようになりました。

 

きっと、ちょっとしたことは子どもにはとっても大きい事なんだと思います。

私は周りからの言葉や、自分がしてきたことに満足していただけで、肝心な子どもには伝わってなかったのです。

ザビエルさんの子どもの症状改善をよ~~~く読んで、まるで当たり前の様になるように印刷して、目につくところに置いたりして、意識するようにしています。

 

そして子供をよく見て観察することが本当に大切だと思いました。

意識しなければ気づくこともないのだと実感しました。

これからもステップアップしていきたいと思います。

ありがとうございました

 

加藤さん

 

<感想の手紙>

リンクをクリックすると拡大します。

3

 

<テキスト>

※黒く塗りつぶした名前は、「ザビエル」に変更しています。

誉めるという行為ではなく、何が本当の意味で重要かが、ハッキリと記されていました。

こんにちは。

私は4才の女の子を持つ、40代の主婦です。

あるとき、ザビエルさんのサイトを知り、その「子供の症状改善」のメールマガジンを読ませていただく事になりました。

 

私と子供の関係は概ね良好ではあるものの、子供の反抗期、女の子であるので口の達者である事、言い出したら引かない性格であることなど、また私の方も余裕のある時は良いのですが、イライラしていて疲れている時などは感情的になってしまい、子供を突き放し、子供の気持ちに寄り添えない状態でした。

 

何かが違う、もっとお互いに気持ちのいい楽な関係を築いていけるのではないか、とずっと思っていました。

しかし、その方法がわからない。

本に書いてある良いと言われることをしようと努力はするのですが、(ささいな事でも認める、誉めるなど、、、)なかなか続きませんし、お互い感情的になってしまうと、その苛立ちを抑えることができませんでした。

 

ザビエルさんからのメールには、実体験から導き出された、心理学に基づいた実践的な方法が書かれていました。

初めは、私に出来るかな?私と子供に有効な方法だろうか?という疑問がありましたが、ザビエルさんの教えてくださる内容は、具体的でわかりやすいものでした。

過去、現在、未来と順を追って詳しく説明して下さっており、体系的なものです。

 

本に書かれているような「誉める」にしても、何故誉めるのか、何を誉めるのか、どのポイントで誉めるのかを教えて下さっていますし、誉めるという行為ではなく、何が本当の意味で重要かが、ハッキリと記されていました。

「子供を認め肯定する」と言うのは簡単ですが、実際にはどうすればいいのかは良くわかっていません。

 

それを具体的教えて下さり、大変助かりました。

日々の中で実行しやすい点、また、ザビエルさんの熱心なメールで、自分の子供に対する意識も変化していった様に思います。

 

子供もザビエルさんの教えてくださった方法を実践してみて変わった様に思います。

些細な変化ですが、自分に自信が付き、私と子供の間の信頼関係が深まった様に思います。

子供と一緒に私も変わって行き、もっとお互いに心地良い関係を築いていけたらと思っています。

ザビエルさんありがとうございました

 

nanaさん

 

<感想の声>

子供の心を汲む子育てを、一緒に目指していきましょう!!

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>気に入らないことがあると、『うー』と唸って怒りを爆発させることがあった。

<変化後>上記が見られなくなった。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

2週間くらい?

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>誰でもできると思います。

<その理由も教えてください>自分の感情に蓋をするわけではない、というのと、怒りが収まり、冷静になっている時に実践するからです。

今までは、イライラしちゃダメ、すぐに怒鳴っちゃダメ、とか、ダメダメで自分に制限をかけ、気持ちに蓋をしていたのですが、今は思いのままぶつかる、その後で、冷静になってからの対応なので、冷静な気持ちのまま、素直にこどもに向き合えると思います。

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

自分の感情に蓋をするようになっていたので、このままいったら、子供に興味関心が湧かなくなっていた、そんな恐怖があります。

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

毎日毎日、山あり谷ありの子育てで、うまくいかないことも多いですが、少しでも、光を見つけ、子供の心を汲む子育てを、一緒に目指していきましょう!!

 

<感想の声>

沢山の方が実践出来ると思います!!

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>3歳の娘のする!しない!の大声での癇癪がひどく、何を言っても止まらず、最後は私が我慢出来ず、叩いて泣かせて終わらせる…といった事が多い時は一日に何回もありました。もう虐待寸前でした…

<変化後>まだ癇癪はありますが、以前に比べれば割りとすぐにおさまり、謝ってきたりします。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

3、4日くらいから、あれもうおさまった?と思うようになりました。

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>出来ます!

<その理由も教えてください>短気な私でも出来るから!よく育児書には、怒鳴る前に冷静になる!とかありますが、怒鳴りたいのに冷静になれるわけがない!と思い、全く出来ませんでした。

でもこちらは例え怒鳴ってしまっても、落ち着いた後に、子供と話したり、ふとしたときにぎゅー!ってしたりすればいいので、沢山の方が実践出来ると思います!!

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

虐待してました…ホントに毎日毎日癇癪起こされ、下の一歳半の弟とけんかばかりで、毎日が苦痛でしかなかったです。こんな子育てで、子供が将来グレてしまうんではないかと不安でした。

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

子育てって本当に大変ですよね。ザビエルさんの方法なら、本当に沢山の方が実践出来ると思います!私のように短気な方でも(笑)悩んでいるなら、まず実践してみてください!

 

<感想の声>

ザビエルさんの法則には愛があります。

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>私(母)が、怒ると「分かってるわっ!今からやろと思ってたんや」とイラついてる口調→私はその態度にイラッとして、親に向かってその態度はなんやっと怒る→子供がごめんなさいと謝る。

お互いが、なんとも後味が悪く雰囲気は最悪でした。

<変化後>私が怒って、子供がイラついているまでは一緒ですが、私が落ち着いた時に、「さっきの事、お母さんなんで怒ったか分かる?」子供「うん」私「お母さんは、◯◯の事が嫌いで怒ってるんじゃないねんよ。…略」

先に嫌いで怒ってる訳ではない事を伝えてから、話しをすると、子供は素直に聞き入れてくれるようになりました。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

実践して直ぐです(*^_^*)

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>出来ると思います。

<その理由も教えてください> 親子関係も夫婦関係も人間関係だと思うからです。

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

毎日毎日、怒って、でも子供は納得していないので、お互いがいやな雰囲気になり、自己嫌悪になることの繰り返しで、親には、どうせ怒られるから、何も話をしてくれなくなっていたかもしれません。恐ろしや~

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

ザビエルさんの法則には愛があります。法則は、難しいものではなく、誰にでも出来ると思うので、頑張ってみて下さい。私も、まだまだですがお互い頑張りましょう。

 

 

<感想の手紙>

リンクをクリックすると拡大します。

4

 

<テキスト>

※黒く塗りつぶした名前は、「ザビエル」に変更しています。

本当にビックリな変化でした。

ザビエル様

いつもメルマガでたくさんの事を教えて頂き、

ありがとうございます。

過去の法則、現在の法則、うまく実践できているか自信がないのですが、頭の中には常に入れて子どもと接するようにしています。

 

私の子育てでの一番の心配は、小1の長男がかなりのマイペースなことです。

最も困っていたのは朝の通学の準備をしない、いつまでたっても、、、という事。

でもこの法則を心がけてから休日で、自分から朝の準備やお手伝いをすることが何回かありました!

本当にビックリな変化でした。

 

この法則が素敵なのは、他の育児本の「これは良くない」とか「子どもに自信を持たせましょう」という言葉とは違って、どうしてこの法則があるのか、具体的にどのような働きかけで子どもの心が動くのか、詳しく解説してくれている事です。

だから、私にも実践できたのだと思います。

この法則で、私と子どもの笑顔が増えてきているのを毎日実感しています。

本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

 

マイコさん

 

<感想の手紙>

リンクをクリックすると拡大します。

5

<テキスト>

※黒く塗りつぶした名前は、「ザビエル」に変更しています。

チャレンジして良かった!!!

ザビエルさんへ

子供の症状改善を始めてから、何となく変化が出始めたのは2ヶ月位たってからでした。

ガラッと変わったとゆーより、あれ?なんか前と違うなと、、、よくよく意識してみると、

 

・かんしゃくがへった

・私の話に耳を傾けるようになってきた・

(前はほぼスルー)

・弟に対して優しくなった、面倒を見てくれる回数が増えた

(自発的に)

・もんもんとガマンしている空気がへった

・自分なんてどうせダメ感がへった

・笑顔が増えた

・側に寄ってくるようになった

 

感じです。

まだまだ言い合いやケンカも沢山あるけど、尾をひかなくなったし、私自身子供とすごしてて楽しいと思える時間が増えました。

これからもっと心のつながりが深められて、子供自身が人生はスバラシイ、生まれてきてよかったと思える様に思ってもらえたらって思います。

チャレンジして良かった!!!

 

ユカさん

 

<感想の手紙>

リンクをクリックすると拡大します。

6

 

<テキスト>

※黒く塗りつぶした名前は、「ザビエル」に変更しています。

親子の関係がギスギスしたものから、分かり合えるものに変化してきました!!

ザビエル様

子供の症状改善メルマガを参考に、子供に接し始めて1ヶ月が過ぎようとしています。

何を考えているかさっぱりわからなかった我が子ですが、少しずつ感情や思ったことを伝えてくれるようになってきました。

 

そのことによって親子の関係がギスギスしたものから、分かり合えるものに変化してきました!!

日々の生活の中でどんどん法則を取り込みもっと良い関係を作りたいと思います。

不思議なことに子供以外の人間関係も楽になってきました(笑)

本当にありがとうございます!!

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

かなつんさん

 

<感想の声>

親が考えや行動を変えると、子供も変化します。

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>癇癪が多く、ちょっとしたことで大げさに泣いていた。

<変化後>癇癪が殆どなくなり、泣いても少し愚図る程度になった。「大好き」と自分から愛情表現するようになった。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

この法則を知る半年前から似たようなことを実践してきたので何日かはわからないが、気づいたら変化があった。

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>やる気になれば実践できると思います。

<その理由も教えてください>意識していないと知っていてもその場面を見逃してしまうので、実践するやる気と勇気があれば意識的に実践出来ると思います。

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

親の思いばかりが先走り、子供の立場になって考えれなかった。その結果子供の存在価値を低め、益々親の思いとは違った方向にいき、お互いうまくいかずイライラしていたと思います。

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

親が考えや行動を変えると、子供も変化します。それによって親の行動がよかったのか悪かったのかわかり、よかった場合は親自身の励みになります。

悪かった場合は自分を責めるのではなく、どうしてそうなってしまったのか、何がいけなかったか親子で考えることでお互いの成長に結びつくと思います。

子供も親もはじめから思い通り完璧にできる人はいない(いても少ない)と思います。

そしてその必要もないと思います。うまくいかなくても失敗と考えるのではなく、次のステップへの準備段階だと考えれば楽になれるのではないでしょうか。

 

<感想の声>

子供の個性や積極性、考えて挑戦する力を潰していたと思う。

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>言う事を聞かない、落ち着きがない、わざと嫌がる事をして自己アピールする等

<変化後>声かけだけで「は~い」と返事をして直ぐ行動に移せる様になった。自信が着いたのか始めから諦める事なくやり通せる様になった。癇癪を起こして叫ばなくなった。会話が増えた。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

1週間位

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>私が出来たから大概の方は出来ると思う。

<その理由も教えてください>ただ、実践する側の心が安定していないと難しいと思った。

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

まだまだこれからですが、子供の個性や積極性、考えて挑戦する力を潰していたと思う。

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

自分が変わる事で子供はそれを直ぐに直感でわかるみたいです。すこしづつ親子で成長して行けると思うので、壁にぶち当たっても一歩下がってまた考えて一緒に成長して行きましょう。

 

<感想の声>

この法則を実践したら、娘に劇的な変化があったんです。

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>不安、自信が無い、「どうしよう」でいっぱい何をするのも楽しめ無い。ネガティブ。イライラしている。やる事が遅い。人の倍時間がかかる。片付けられない。「ママは私の気持ちが全然分からない」とよく言われた。

<変化後>安心した状態を感じる。自信がついてきた。「どうしよう」から「やってみる」「何とかなるよね」などの言葉に変わってきた。ポジティブな言葉が増えた。

笑顔で明るくなった。よく、話すようになった。イライラする事があると、その気持ちを伝えてくれるようになった。「ママは私の気持ちがちゃんとわかるんだね」と言ってくれた。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

実践当日です!

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>誰でも直ぐにできます。

<その理由も教えてください>どんな環境でも、子供がどんな状態でも、親の自分の意識を変えるだけなのですから。

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

子供を変えようと必死でした。私の思いや、正しさを押し付けて、「何で分からないの!」「やれば出来る!」と怒り続けていたと思います。

責めて、責めて、毎日同じ事の繰り返し。そして、娘をもっと、もっと不安にさせていった事でしょう。

娘は分かってもらえない不満と悲しみをいっぱいにしていったでしょう。想像すると怖くなります。

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

娘は10歳。遅いなんてありません!私は日々、娘に対してイライラしていました。

高齢出産でせっかく授かった子供と楽しい毎日を過ごすはずだったのに・・・楽しく笑ってて欲しい。幸せになって欲しい。それなのに、怒鳴りつけ、脅迫までしてしまう。

その後、自己嫌悪・・・この繰り返し。たくさん本を読んだり、小児心理の先生と進めてきたけど、娘は変わらなかった。それが、この法則を実践したら、娘に劇的な変化があったんです。

娘を変えようと必死で頑張っても無理だったのに。嬉しくて、娘を抱きしめて泣いてしまいました。「何だかできる気がして、楽しくなってきた」こんな言葉が聞けるなんて・・・

イライラの子育てから楽しい子育てに、今から変えられます!楽しみましょう!子供の可愛い笑顔をいっぱい見ましょう!皆んなで幸せ親子になりましょ~!

 

<感想の声>

今まで他の本などを読んで、うまくいかなかったり抵抗を感じたりした方に試してみてほしいです。

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>かんしゃくを起こす幼稚園のお友達とぶつかることが多かった

<変化後>かんしゃくを起こす頻度が減った幼稚園のお友達とぶつかることが少なくなった。夜ねるまえ、抱っこして~と言われてしてあげると満足して眠るようになった。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

1週間くらい

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>できると思う

<その理由も教えてください>自分の状態が悪くて怒ってしまっても、後で修正できるから。

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

怒ってばかり自分の考えを押し付けてばかりで、子供は窮屈に感じていたと思う。そんな子供を見て、自己嫌悪を感じて落ち込んで…の悪循環だった。

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

この方法は自分の気持ちをおさえず、自分らしいままできる方法だと思います。

今まで他の本などを読んで、うまくいかなかったり抵抗を感じたりした方に試してみてほしいです。

 

<感想の声>

物の見方が少し広がったような気がします。

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>言い出したら聞かない。自分の意見を押し通す。

<変化後>状況を理解し、親の言い分に耳を貸してくれるようになった。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

数日

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>部分的になら、大体の人が実践できるのでは、と思います。(私自身、この法則の全ては実践できず、部分的にしか出来ていません)

<その理由も教えてください>一つ一つはシンプルなのですが、複数あると、的をしぼりにくくなるから。↑すみません、私ができないだけかもしれません(>_<)

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

子供がもっと荒れてた?かもしれません。

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

ザビエルさんのメルマガを読んで、物の見方が少し広がったような気がします。子育ては楽しいことばかりではありませんが、試行錯誤しながら、少しずつ前向きに進んで行けたらと思っています。

 

<感想の声>

誰にでも簡単に出来ると思う。

Q1.この法則を実践したことで、お子さんにどのような変化がありましたか?変化前と変化後を教えてください。

<変化前>睡眠時の夜驚症的な泣きがあった。

<変化後>睡眠時に泣いたりする事が殆ど無くなった。

Q2.実践して何日ぐらいで効果を感じましたか?

4~5日

Q3.この法則は誰でも実践できると思いますか?その理由も教えてください。

<誰でも実践できそうですか?>過去の法則は子供の生まれた時の感動などを話せば良いとおもうので、誰にでも簡単に出来ると思う。

Q4.この法則を知らなければ、どうなっていたと思いますか?

毎晩、自分が熟睡出来て無いので、より余裕が無かったかな?と思う。

Q5.これから子育てにチャレンジする仲間にエールをお願いします。

完全に実践してないので何とも言えないが、実践する価値はあると思う。

 

あなたも、参加者のみんなのように、お子さんの変化を感じてみてください!

 

今すぐ参加する!

 

特定商取引