小学生で塾に通わせずに、勉強が出来る子にする教育術3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
18fefd66e684003e597da1252104af12_s

 

私が小さいときは、塾というのは、頭のいいお金持ちの家の子供行くものでした。

というか、学校が終わって、ほとんど毎日、公園や空き地、神社で遊んでいたので、勉強なんてほとんどしていませんでしたね(笑)

宿題もしないことが多く、良く先生に怒られていましたよ。

しっかし、こんな生活をしていると、どんどん頭が悪くなって、テストで10点なんて点数を取ったことも多々ありました(涙)

テストで散々な赤点を取るたびに、親から怒られて、晩御飯を抜かれたのはいい思い出ですね。

中学生になったときでも、塾に通う子供なんてほとんど居ませんでしたよ。

高校生になってやっと通い始める人が出てきたぐらいでしたね。

私は、子供ながら、学校で勉強して、終わってからも勉強してなんになるんだろう?

そんなに勉強したくないよ!

って、いつも思っていました。

だから、今も頭が悪いまま(笑)

 

大人になってからは、頭が悪くても仕事をすれば生きていける!

頭の良し悪しで、人生は決まらない!

って思っていましたけど、小学生になった子供が宿題もせずに、放課後は遊びまわって、テストでは赤点三昧。

まったく、誰に似たんでしょう(笑)

 

って、こうなってくると、親としてあせってきますよね。

うちの子供はこんな点数ばかり取って、勉強をしないなら、いっそのこと塾に通わせようか!

って、思い。

塾の体験入学と、見学にいったんです。

よく、コマーシャルであるみたいに、机に座って一生懸命勉強をしている子供たちばかりかと思ったら、そうでもなく・・・。

中には、携帯ゲーム機で遊んでいる子。隣の子供とお話をしている子。中には、寝ている子供まで居ました。

もはや、塾というより放課後学集会に近いのかな・・・。って

場所によるかもしれませんが、私が行った所はこういった感じでしたよ。

 

そして、やはり気になることの一つが月謝なんですよね・・・。

私が稼いでいれば・・・(涙)

月に、3万~5万って高くないですか?

安いところで、1万5千円~でしたよ。

一番楽しい投資の子供ならできるんですが、これで勉学が付いてこなければ、意味がないですよね。。。

 

また、塾が終わって帰るとなると、夜遅い時間帯になるし、防犯上も怖いですよね。

私のところは田舎なので、ほとんどの親が迎えにいくのですが、中には歩いて帰る子供もいます。何かあったらと思うと気が気ではありません。

 

また、家族で居る時間が減るのが一番いやでしたね。

私が子供のころは、親がほとんど家に居ませんでしたら、そういった家庭にはしたくないという気持ちがあります。

 

そこで考えたのですが、塾に行かなくても家で勉強させて、頭をよくすればすべて解決するんじゃないか!

って、考え付いたわけなんですよ。

そこで、私が行った、塾に行かずに頭を良くする方法と注意点をご紹介しますね!

SPONSORED LINK


1.必ず家族みんなが居る場所で勉強させるべし

df116de031021af5129b6107d1f11fc8_s

 

 

 

 

 

 

 

通常、勉強しなさい!というと、部屋に閉じこもって勉強するのが一般的ですけど、部屋には誘惑が多い。マンガにパソコン、今はスマホもありますからね。

結局勉強なんてまったくしないっていう結論に至るわけです。私のように!

なので、テレビがあり家族みんなが集まる居間で勉強させることにしました。

 

ここで注意したいのが、必ず子供の勉強を見る。ということです。

実際教えるのって面倒ですからね。

「早く勉強をしなさい!宿題しなさい!」

って、言いたくなるんですけど、これをいってしまうと勉強しなくなっちゃうんですよね。

私達も言われたらいやですよね(笑)

勉強をしていたら「ここが間違っているよ!こうしたらいいよ!」

なんて、見すぎるのもダメ!せっかく一人でして居るのに、集中力がなくなって居間居ますよね。

「こんなことも判らないのか?」

なんて、私達でも言われるのって、いやですよね。

言われるとへこむというか・・・。

 

つまり、居間で家族の前で勉強させるときは、勉強をしている。というところが重要になります。

教える教えないなどは、今のところ二の次!

みんなの前で勉強をして、みんな私を見ている!という感情を植えつけさせる。

そして、みんなが見守ってくれている。という感情を作るのが先決です。

 

2.成績が悪いときは、決して怒らない!

5bfe6efc59d49ac309958c6bf815c565_s

 

 

 

 

 

子供の成績が悪いと、何でこんなに悪いのか?

何で判らないの?って、言いたくなりますよね。

けど、私もあなたも子供のときに、言われていやになりませんでした?

起こられたくないから勉強をしよう!がんばろうって思いました?

思いませんでしたよね。

だけど言ってしまって、子供が勉強嫌いに・・・。

 

ってならないためにはどうしたらいいか。ってことを説明します。

 

まず、絶対に怒らないことです。

なぜ点数が低いんだ?なぜ、出来ないんだ!

なんて言ってしまうと、アウトです!

まず、良く出来たテストから褒めましょう。

「国語がよければ、国語だ良く出来たじゃないか!」

「算数がよければ、難しい問題なのに良く出来たね!」

って、褒めることから入ります。

 

次に、テストの点数が悪かったり、成績が悪い科目はどうするかというと

しっかりと良い点数を取ったものを褒めた後に、

「あれ?〇〇は、苦手?苦手なところがあったら、一緒にしてみない?」

って、決して怒らず、貶さず、子供の自尊心を傷つけないことです。

 

3.勉強は二人三脚!一緒にがんばることが大切

86087518a6fc20f2e69363c351fff5b2_s

 

 

 

 

 

 

一人で勉強しなさい!判らないなら調べなさい!

って、言われるのっていやですよね。

ですけど、一緒にがんばろう!助け合っていこう!

わからないことがあったら、力になるよ!

って、言ってもらえるだけで、すごくうれしいですよね!

 

なので、家族の前で勉強しているときに、「判らないところを聞いてきたときだけ」

手助けをするというのが一番です。

決して、子供が助けを求める前にしてはいけません。

助けを求めたら、手を差し伸べるというのが大切です。

助けを求める前にすると、自分が行ったこと、考えたこと、結果をないがしろにしてしまいます。

わからないと太助を求めたときに助けてくれると、安心感がありますからね。

ここが一番重要なのかもしれませんね!

SPONSORED LINK

まとめ:勉強が出来る子にするには、親の行動で決まる!

ea09781f4463b0227fb21969f6569a13_s

 

 

 

 

 

子供を塾に通わせずに、家で勉強させて、

頭のいい勉強が出来る子供に育てたい!

という、親の押し付けに似た願望(笑)

私もありありです!

けど、誰でもそうです。私もあなたも。

あなたは、一人で生きていけますか?

あなたは一人で産まれてくることが出来ますか?

そんなことは出来ないですよね。

一人で生きていけないからこそ、助け合って、心のよりどころがあって、安心できる場所があるからこそ、生きていけるんだと思います。

それが、家族です。

子供にとって、家族は、一番居心地のいい場所でないといけませんよね。

って、ちょっと話がそれましたが、

塾に行かせずに、家で勉強させて、勉強が出来る子供にするためには、

1.必ず家族みんなが居る場所で勉強させるべし

2.成績が悪いときは、決して怒らない!

3.勉強は二人三脚!一緒にがんばることが大切

の3つが重要になります。

 

子供は繊細な生き物です。大人が思っている以上に、親が思っている以上に、

親の言動の端々を良く見ています。

子供の自尊心を傷つけないように、未来ある芽を摘まないように、

この3つを守って、チャレンジして見てください。

 

これが、習慣付くと、一人で勝手に勉強するようになりますよ。

勉強が楽しい!なんていうこともあります。

まっ!ここらへんは、私に似てるんですけどね

 

さてさて、塾にかけようと思ったお金が浮いたことだし!

お小遣いを減らされることがないし

さっそく、釣具を買いに行こう!

084571
記事を書いた人:yuuki938
一言:平凡な父親の非凡な日々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す