お父さんが出来る小学生の算数嫌いにさせない3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2773164b950a2a597a573fcea5c93ce3_s

世のお父様方、お母様方。

小学生のお子さんが算数が嫌いと、言った事はありませんか?

学校から帰ってきたテストの点数が、50点以下なんてことありませんか?

今、小学生で算数が嫌いというお子さんが多いんですよ。

もっと悪い場合は、「分からない」という状況です。

小学1年生の足し算引き算、小学生2年の2桁の足し算引き算、小学生3年の掛け算(九九)までは出来るのですが、割り算から先が出来ないというお子さんが多いんです。

私は、18歳のころから、25歳までの7年間。夜間の塾講師のアルバイトをしていました。

何のためにバイトをしていたのかって?

そりゃもちろん、釣具を買う為、薄給だったので生活の為ですよ(笑)

 

平凡なやつに教えれるのかだって?

まっかせなさい!

これでも、学生のころに微生物工学の学会に行ったくらい頭がいいのだよ!

えぇ!手伝いだけどね(笑)

 

と、話を戻して、

塾って、国語、算数、理科、社会、英語とあるんですけど、ダントツで多いのが、算数と英語なんです。

そして、算数を選択してくる保護者と子供の話しを面談で聞くんですけど、ほとんどの話が「いい学校に進学させたいから、勉強させてくれ」ではなくて、「分数が分からないから」「割り算が出来ないから」「九九が出来なくて・・・」といった、出来ないから教えてわかるようにしてほしい。という、保護者が多いんです。

次に、子供の話しを聞くんですけど、「算数が嫌い」「数字ばかりで面白くない」「足し算引き算できれば生きていける」という、おませさんまでいました。

 

小学生のときに、算数が出来ないというより、算数を嫌いになってから出来ないというお子さんが多いんですね。

たまにいるじゃないですか。

中学、高校生になって、「分数の計算が出来ない」という人が

私の嫁もこのタイプです(涙)

塾講師をしていて分かったんですが、理解するまでに、早い襲いはありますけど、足し算引き算、掛け算までは、順調に出来る子が多いんです。

次の、割り算、分数、小数点などで、一つでも躓いたら、その先の算数、数学に大きく影響します。

嫌いになってしまったら、もともこもありません。

 

教育は、嫁に任せているから!

 

なんて、胸を張っていうお父さんは、いないですよね?

 

それでは、お父さんが出来る、小学生の子供を算数嫌いにしない方法をご紹介します。

 

418aa763f54c62cc6216d7ef33691988_s1.算数嫌いの予防は、小学1年生から?

算数嫌いにならないためには、小学1年生から、算数に興味を持たせることが一番です。

これは決して、算数ドリルとかをさせることじゃありませんよ。

あなたも、嫌な仕事を押し付けられて、「これをやれ」と指令がきてもしたくないでしょ。

したとしても、楽しくも無ければ、「もう、やりたくない」と思いますよね。

私だってそうです。

嫁から、「車を洗っておいて」「洗濯物干して」「料理の後片付けと洗物をして」と、言われることが多いです。嫌でたまりません。

 

では、小学1年生から、算数嫌いにならないための予防法です。

それは…。

時々問題を出して、正解したら、良く褒めることです。

この時注意してもらいたいのが、数字や、物などの「目に見える情報がある」ということです。

何も無い状態で、闇雲に「3+4は?」なんていっても効果が無いどころか、逆に算数が嫌いになってしまいますよ。

 

それでは、具体的に!

あなたは車でお子さんとドライブをしています。そのときあなたは

「好きな音楽を聴いている」なんてことないですか?

お子さんと車でドライブしているときこそ、算数の時間です。

ほら!信号で止まっているあなたの車の前に、同じく車が止まっていますよね?

その車には何が付いていますか?

ブレーキランプ!

って、ちが~~~う!

ナンバープレートが付いています。

ナンバープレートの数字で、算数が出来るんです。

10-08のナンバープレートがあれば、「10-8は?」って、問題が作れます

68-13のナンバープレートだと「6+8は?」「1+3は?」という問題が作れるんです。

そうすると、あっという間に、ドライブ中の社内が算数教室に早代わり!

目の前には、目に見える問題があるので、資格からも訴えることが出来ます。

しかもこの、ドライブ算数教室のいいところが「時間制限がある」ところです。

信号で止まっていても、青になれば進みます。

そうすると、前の車のナンバープレートも見えにくくなって時間切れになってしまうんです。

これで、すばやく計算することが身につきます。

後は、正解したら、思いっきり褒めましょうね。

 

e964c5a13ae8f444a06563838efd745a_s2.小額3年の掛け算割り算は、スーパーで学ばせよ!

小学1年生から、算数に興味を持つことは大変重要なことです。

ただ、算数が好きでも活かす事が出来なければ何もなりません。

掛け算割り算もそうです。

出来るできないにかかわらず、どのように生活に活かすかを学ばせないと、理解も出来なくなって、ここで算数嫌いに返信してしまいます。

最初は好きだった嫁が、嫌いになるのと一緒ですね。

 

と、嫌いにならないためには、スーパーこそが算数教室なんです。

一緒に買い物に連れて行って、箱の中に、りんごが並んでいました。

規則ただしく並んでいたら、これこそチャンスです。

りんごじゃなくても、みかんでもキウイでもなんでもOKです。

そしたら、お子さんに、箱に入っているりんごを見せて

「ここにりんごがあるけど、何個か分かるかな?掛け算でして見よう」

と、必ず声を掛けてください。

りんごが好きな子だったら、目を輝かせて食いついてきますよ。

正解したら、買ってあげるって言うとね(笑)

 

次は、割り算

割り算も、箱の中に並んでいる果物などを最初に見せて、10個入っていたとしましょう。

そうしたら、「10個りんごがあるけど、〇〇(お子さん)〇〇(下のお子さん)お父さん(自分)とお母さんと、おばあちゃん、5人で分けたらいくつになるかな?」と、質問しましょう。

ほら!あっという間に、算数教室です。

ここで注意しないといけないのが、前も行ったとおり、正解したら褒めるということと

「具体性をより持たせるということです。」

「好きなりんごがいくつあるかな?」「お子さんを含めた、身の回りの人で分けたら?」

などと、問題を出すのが一番です。

このことを念頭においてくださいね!

 

18fefd66e684003e597da1252104af12_s3.分数の計算は、見せて理解させることが要。

小学生で、一番の難関。

分数の計算。

ここが出来るかできないかで、その後の人生が大きく変わるといっても過言ではありません。

私が見てきた、子供立ちは、分数の計算で躓き、算数嫌いになってしまいました。

 

あなたはこれを上手に説明できます?

 

1/3÷1/3=1

 

お父さんであるあなたが、これを上手に説明できれば、お子さんの算数の理解度もググッと上がります。

 

これを計算するときには、後ろの1/3をひっくり返すと、学校では習います。

あなたもそう習いましたよね。

そして、割り算を掛け算に直して計算すると、答えが出る。と。

 

それじゃ、なぜひっくり返してかける必要があるんですか?

あなたは、教えれます?

 

「そう決まっているから、その通りにしなさい」

なんていうと、逆効果ですよ!

 

そんなときはこう教えたらいいんです。このときも、視覚に訴えることを忘れないでくださいね!

「割り算は、最初の数字の中に、後ろの数字がいくつ入っているかを計算するんだよ」

ここまでは、わかりますね!

では、お子さんの目の前に、ホットケーキ(経費削減の為)を用意して

三分の一にきりましょう。

そして、「これが、1/3だよ。この中に、1/3と同じ大きさはいくつあるかな?」

と、教えていきます。

当然、見ただけで1つって分かりますよね。

そして、さっきの問題に戻って、「この問題は、1/3の中に1/3がいくつあるかって事だよ。そして、計算するために、後ろの数字をひっくり返して掛けると…。さっきと同じ1が出てくるよね。」

と、教えていきましょう。

そうすると、理解してくれます。

 

このときも、自分ひとりで答えが出せたら、褒めることを忘れないでくださいね。

そして、褒める内容も、1回1回変えていくと、より、効果が高まります。

 

58d1b4a2f632d086d7d91f274a9676c9_sまとめ:算数嫌いにならないための3つの方法は

1.算数嫌いの予防は、小学1年生から?

2.小額3年の掛け算割り算は、スーパーで学ばせよ!

3.分数の計算は、見せて理解させることが要。

の3つです。

文字だけ、数字だけより、興味のあるもの等を使って、視覚から訴えていきましょう。

そして、どういう場面で使えるかを教えて、正解したら、褒めるのが重要です。

このことを念頭において、接していけば、算数嫌いなお子さんでも大丈夫です。

084571
記事を書いた人:yuuki938
一言:平凡な父親の非凡な日々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 


フォームに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す