旦那が行う小学生を脱ゲームさせ、勉強させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
560e1cf27f9a0f99047d5168876ddcc3_s

私が小学生のときは、スーパーファミコン(化石)が、主にはやっていました。

家に帰れば、すぐにゲーム

友達の家に行けば、ゲーム

外で遊ぶことの方が少なかったです。

ゲームって楽しいですもんね!

どんどん上がる難易度を、クリアーしていく達成感

何度も何度もの楽しめる中毒性

もはや楽しい限りですよ。

 

子供が、小さいときに、ゲーム機を買って、家族みんなで楽しんでいました。

ゲームが取り持つ、家族団らんの人ときってあるもんですね!

って、ゲーム機に感謝したいくらいだったですよ!

 

そして、私は、スマホを持っていましたので、

スマホでもゲーム!

スマホのゲームって、中毒性がありますよ!

ちょっと空いた時間に、時間つぶし程度に出来る手軽さ。

数千円程度、課金することで出来る優越感。

そして、ガチャといって、何が出るか分からないくじ引きのドキドキ。

 

もうたまりませんよ。

ふと思うと、私も嫁も一日のうち、2時間程度はスマホのゲームで時間を使っているんじゃないかな?って思うくらいです(笑)

 

そして、息子が保育園のときに、携帯ゲーム機を買ってとせがむもんだから

最初は、買い与えたくないかな。。。と思ってたけど、

サンタさんへの手紙に、「携帯ゲーム機がほしいです。」って書いてあったら、

やっぱり買ってあげたくなっちゃいますよ。

 

嫁とも話し、何とか承諾をもらって、クリスマスプレゼントとして買いました^^

 

次の日、息子が起きて、携帯ゲーム機を見たときのはしゃぎようを見ていただけで、

すごくうれしい気持ちになるくらいでしたよ。

 

しかし、ここからが悪夢の始まりでした(涙)

SPONSORED LINK


 

四六時中ゲーム三昧

87906c26c74648e48737532df07d16b3_s

 

 

 

 

 

息子の喜びようを見て、ゲームソフトを2~3本買ってあげたんです。

それはもう、すごい喜びようでしたよ。

この笑顔をずっと見ていたいと思うくらい。

しかし、この行動が悪夢の始まりでした。

 

家に帰ってくると、まずゲーム機に向かいます。

そして、リビングや部屋で、休むことなくずっとゲームゲームゲーム。

晩御飯が出来て、「ご飯が出来たよ~」なんて呼びにいっても

「後で!」とか「いらない」っていいながら、ゲームゲームゲーム

家族で出かけても、車の中でゲーム。

目的地に到着してもゲーム。

帰るときもゲーム。

夜は、9時に寝るようにしてたんですが、ある日、11時くらいにふとおきてみると

息子がいない!

トイレ?と思って、トイレにいくも居ない。

まさか・・・何かの事件に巻き込まれた?

それとも、誘拐された?などと、いろんな不安が頭の中をよぎって、

家中の電気をつけて大騒ぎ!

1時間探しても見つからないから、警察に電話しようとしたときに、耳を澄ますと

クローゼットの中から、なにやら電子音が?

と、中を開けてみてみると、息子がゲームしているじゃありませんか!

 

それから、あんまりゲームばかりするもんだから、ゲーム機を取り上げて

隠したんですよ。

そしたら、ものの見事に。

見つけられました。それからというもの、隠しては見つけられのイタチゴッコ。

 

本当にどうしたらいいものだろうか。

 

小学生になってもゲームゲームゲーム

b14040a590b5104a9e6fb63ed1855f0d_s

 

 

 

 

 

小学生になって、ランドセルを背負って喜んでいたのもつかの間。

ゲームの日々は、まったく変わっていませんでした。

朝起きたら、ゲーム。

家に帰ってきたら、即ゲーム。

寝る時間もだんだん遅くなり、11時くらいまでゲーム。

 

ソフトは買わないようにしてたんですけど、友達との貸し借りで

新しいゲームを借りてするようになっていってたんですね。

ここは私も盲点でした。

 

そして、ゲームばかりしていたツケが、体にも頭にも出てきたんです。

 

ゲームをしすぎて、大変なことに!?

2773164b950a2a597a573fcea5c93ce3_s

 

 

 

 

 

2年間ほど、ずっとゲームをしていたツケが現れてきたんです。

1つ目は、身体測定のとき。

当たり前ですが、ゲームのし過ぎで、視力の低下が。。。

小学校低学年のときには、視力が0.5。

眼科からも、メガネが必要になってきますよ。との一言。

 

まぁ、メガネは私もしてますし、嫁もしています。

遺伝?ということもあるかもしれません。とここまでは良かったんです。

いや!よくないか(笑)

 

と、次が重大な問題。

 

成績がものすごく悪い(汗)

30人居るクラスの中で、下から数えて2番目

2番目ですよ(涙)

 

テストの答案は、嫁が見ていると思っていたのでキにしていませんでしたが、

嫁も私が見ていると思っていたらしく、息子の机の引き出しの置くから

出てくるわ出てくるわ・・・。

国語 10点

算数 12点

理科 8点

 

通信簿も出てきて、

「勉強が苦手なのかな?もう少しがんばってみよう」

って、おいwww

 

この通信簿は、親が見たら、はんこを押す形式。

どうやら、引き出しの中からはんこを持ってきて、自分で押していたらしい。

ある意味将来が怖いぞ!息子よ!

 

その後は、お察しの通り、私と嫁の大目玉。

自分のふがいなさを棚に上げるのはいけないけど、

なんともね(汗)

 

脱ゲーム依存計画と勉強力アップ

e0ddf907e9b3d0b789b5cadcffd66b68_s

 

 

 

 

 

もう、さすがにこういう事態が分かると

ゲーム機を取り上げ、机に向かわせて勉強勉強勉強

私と嫁が交代で看守のように付きっ切りで、勉強しているか見る

という生活が、半年ほど続いたけど、成果は上がらず。

基礎の基礎が出来ていないので、勉強がわからない。

そして、一日2時間程度、休みの日は、4時間程度、基礎の基礎から教えていって

やっとのこと、今の勉強についていけるくらいになったので、ほっと一息

と思いきや、気を抜いた瞬間。ゲームゲーム。。。

 

と、また、成績が下がってくる。

しかし、ゲームをしないと落ち着きがなくなる。

 

自分達が決断したこととはいえ、とんでもないことになっている。

ここから、息子を勉強についていけるように、ゲーム時間を減らすようにもっていくにはどうすれば・・・。

 

と、嫁と相談。

あーだこーだ言いながら、結論は、

「ゲームはしてもいいけど、まずは、勉強についていける。テストで、散々な点数を出さない」

というところでした。

 

そこで実践した方法

名づけて、「帰ってきたら、今日勉強した内容をノートで指差し確認をしながら説明する」

方法です。

はい。すいません。長すぎますね(汗)

 

どういうことかというと、

学校で勉強をしているかどうかって、ノートを取っているかどうか。プリントをちゃんとしているかどうかで分かると思うんですよ。

という、私の勝手な思い込み(笑)

 

なので、家に帰ってきたら、20分~30分程度。

今日習ったことを、ノートやプリントを私達の前に出して

今日習ったことの説明を、指差しを誌ながら私達に説明。もしくは、教えるという方法です。

人に物事を説明する、教えるって、大人でも難しいことです。

説明するには、先生の言うことを良く聞いて理解し、頭の中で考えて説明しないといけません。

また、教えることも同様です。

 

一日の授業時間は、5時限

1教科、5分程度しゃべるだけです。

 

これが私達にうまく伝わらないと、ゲームは禁止(笑)

というわけです。

 

最初は嫌々、かんしゃく回していましたが、

ゲームをしたいが為に、なんとか短時間で説明しようと試行錯誤を凝らします。

考えさせるということが出来るわけです。

 

そして、1ヶ月が過ぎると習慣ついてきたのか、早くゲームがしたいだけなのか

帰ってきたら、すぐに、聞いて聞いてのと駆け寄ってくる。

 

そうしていくと、説明するために、理解するようになったのか

テストの点数もどんどんよくなっていき、今では、平均で80点程度いけるようになりました。

ちょっと一安心かな!

視力は相変わらず下がっているけど(汗)

これから、ゲームする時間を徐々に減らして、行きたいと思います!

SPONSORED LINK

まとめ:ゲームは買わないほうが無難?

b2376f5af4215078147f30758698ac9b_s

 

 

 

 

 

って、それまとめじゃないじゃない。

と言わないで(涙)

正直そうなんだから(笑)

 

けど、これはゲームをやめさせてテストの点数を上げるためにしましたけど、

勉強を理解させると言う面では、とてもいいことかもしれません。

教える。説明することは、理解しなければ出来ないこと。

ましてや、他人に説明するとなるとなおさらです。

けど、ここで注意してくださいね。

絶対怒っちゃダメですよ。

ちゃんとできたら、褒めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す