産後の私を救ってくれた3つの言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
育児

産後は楽しいことばかりだよね! ?

妊娠中の方、男性、周囲の方々。。。産後の「ママ」についてどんな風に考えているでしょうか?もっと突っ込んで聞くと、「生まれてくる子供以外の事を想像してみた事があるでしょうか?」

正直、私はありませんでした。

たくさんの人が出産を経験して、たくさんの人が育児を経験して、ずっとずっとそれが繰り返されていて。

なんとなく人間って育つのが当たり前すぎて「なんとかなるでしょ」とすら考えていませんでした。なんなら「子供が生まれたら可愛いんだろうな〜楽しみ〜」ばかりです。

 

ちなみに、旦那さんに至っては「子供が生まれたらさ〜キャッチボールとかしないとダメかな〜(何年後だ)」「反抗期って今の子早いらしいよね〜(だから何年後だ)」と、もはや夢物語じゃないかって位先の事しか想像してませんでした。

で、実際子供が生まれてどうだったかというと・・・

え?

育児って、こんなに自分を犠牲にするの?

想像しておかなきゃいけなかった事にすら気付かなかった甘々な私が、追い詰められて、でもそこから立ち直れた、魔法のような言葉をコッソリ教えます!

SPONSORED LINK

産後の私を追い詰めた4つのこと

1人目の出産は前期破水(陣痛が始まる前の破水)から始まったせいもあってか、破水から出産まで38時間。陣痛開始からだと23時間。

それでも出てこなくて最終的には鉗子分娩という難産で、私は貧血で車椅子だし、子供は炎症値高い上に一時新生児仮死でNICU(新生児集中治療室)入るしで、もう心身共に「カンベンしてください」な育児生活のスタートでした。

それでも、病院にいる間はまだマシだったんですよ。母子別室だったし(そうじゃなくてもNICUだったので一緒にはいられませんが)、まずは自分の体力回復に集中できたんで。

そのあとです。

退院して、待っていたのは「赤ちゃんとママのラブラブな日々」だと思っていた私をあざ笑うかのような日々でした。

 

 

1. 眠れない

赤ちゃんには「1mセンサー」「背中スイッチ」が仕込まれているそうで。。。抱っこしないと泣く。抱っこしてても座る(高さ1m未満になる)と泣く。横にすると泣く。

なんで?なんでそんなに泣くの?泣くの仕事だからって限度あるでしょ?泣く位なら目を閉じればいいんだよ!ほら!

何度そう思った事か。本当に、1日の睡眠時間が「30分×4回」とか普通。1時間一気に眠れたら御の字。もう頭朦朧としてきますよ。こんな日々が1ヶ月半。

あまりの寝不足に、泣いてる我が子をボーッと見ながら「口ふさげば黙るのかな」って思ってました。

 

2. 戻らない体調

元々腰痛持ちだったんですが、骨盤ベルトを軽視してしまっていて(というかもう、そんな事考える余裕もなくて)退院してからつけてなかったんですよね。

そしたら、びっくりする位の腰痛!腰痛通り越して、肩甲骨痛まで発症して、度々起き上がれなくなりました。

更に、会陰の痛み。「溶ける糸使ってるので、溶けるまではつっぱるかもね!うーん、1週間位かな〜」なんて嘘ばっかり!2週間は痛みが続いて、ドーナツ型クッションがないと座れない、座れてもつっぱるから微動だにできない(もう立ってたほうがラク)。

そして搾乳のしすぎで腱鞘炎。ついでに抱っこのしすぎで腕の筋肉痛が常にある。もう「あ、こんなとこにも筋肉あったのね」っていう今まで意識してなかった箇所の筋肉痛。

満身創痍とはこの事。という位、全部ボロボロでした。そりゃそうですよね。骨盤をがばっと広げて3キロの子供産んで、体の中心がしっかりしてない状態で重労働を毎日してるんですから。

骨盤が正しく戻るまでに、3ヶ月は必要だそうです。でもそんなに育児しないで療養するなんて絶対無理!そうすると、何をどう考えても絶対に「無理しなきゃいけない」。それって辛いですよ〜。

 

3. 家事

例え育児で疲れてても、部屋にホコリは溜まるし、キッチンに洗い物はたまるし、洗濯はしなきゃいけない。奇跡的に子供が昼間まとまった時間寝てくれたって、その時間を家事にあてないといけない。

そんな私に旦那さんがポロっと悪気なく言うわけです。

「なんか最近、家汚いよね」

しかしカチーン!!ときたからって

「じゃあ、あんたが掃除してよ!気付いててもできないんだよ!気付いてこっちに文句言う余裕あるなら、その時間使って掃除したらいいでしょ!」

・・・な〜んて言い返す気力もケンカする体力もなく「フフっ。そうだね、ごめんね。フフっ」ってちょっと危ない感じの返答で終わらせる日々。

もうこうなると、旦那さんが靴下を丸めたまま(裏返しのまま)洗濯カゴに入れてるのすら憎くなり、なんなら私の事が嫌いでこんな手間かけさせてるのかって思っちゃったりするわけです。その位追い詰められてくんですよ。家事だけで。

 

4. 母乳信仰

ミルク私を一番苦しめたのはこれでした。とにかく、母の「母乳」攻撃が激しくて。

NICUに最初に入ったせいか、私の母乳はあまり出ない上に子供も上手に吸えず、1時間授乳してても口外すと泣く、を1日中繰り返してました。仕方ないので私の授乳の流れは、

搾乳しておく→授乳→搾乳した母乳を飲ませる→足りてないのでミルクも飲ませる

でもこれ、ものすごい疲れるんですよ。最初のうちって赤ちゃんは1時間半〜2時間おき位にミルク欲しがるんですけど、搾乳と哺乳瓶の後片付けで1時間使うんですよね。そしたらもう、残り30分〜1時間ですよ。

うちの子はミルクあげる30分位前に泣き始めてたので、眠る時間ないかMAX30分の睡眠しかとれないって事に。。。

そこまでして頑張ってるはずなのに、母乳飲んでくれない。母乳出ない。そして母からの攻撃。

「あんたが頑張れば出るのよ」「子供が可愛くないのね」「母乳飲んでる姿はかわいいのよ、見たくないの?」「努力しないですぐ諦めるんだから」「それでも母親なのかしら」

心身共に疲れ切って、「出産の時ちゃんと産めなかったからNICUに入れちゃったんだ」って自分を責めて、寝不足で意識朦朧としながらもなんとか母乳飲んでほしいと思って頑張ってるところに、この言葉。

毎日泣きながら授乳してました。謝りながらミルクあげてました。

 

産後の私を救ってくれた3つの言葉

でも、そんな私の(ドス黒い)気持ちをパーっと晴れさせてくれた言葉が3つ!あります。

 

1. 大丈夫、赤ちゃん別に死なないから。

するべき事、しなきゃいけない事って1つだけだよ。子供を元気に育てる事。

もう、目からウロコです!そっか、そうだよね!って。洗濯物溜め込んでたって、1日お風呂に入れられなくたって、赤ちゃん元気なんです。

むしろ「しなきゃいけない」「するべきだ」って思ってピリピリして追い詰められた精神状態で赤ちゃんに向き合ってるより、「ま、今日できなくてもいっか」って放り出してゆとり持って向き合ってるほうが、私も赤ちゃんも笑顔でいられるんですよね。

だったら、お互いが笑顔になれる育児をしよう!って気付けました。

 

2. ミルクじゃ赤ちゃん育たないの?

母乳かミルクかなんて事より、ママが笑顔でいるほうが大事なんだけど。

とにかく、母の母乳信仰による攻撃が毎日すごくて。更にネットで調べても「最初ダメだったけど母乳育児にできた」って情報ばっかり入ってくる。もう、本当に自分がダメ人間なんだって思う位、完全ミルク育児の情報がなかった。

そんな中、泣きながら授乳してる時に旦那さんが帰ってきた日。旦那さんがすっごい不思議そうな顔して言ってくれたんですよね。

あ、周りから見たらそんなもんなんだ!って。母乳じゃなきゃいけないって思い込んでたのは私だけで、別にそんな事どうでもいいんだなって。その時初めてそう思えたんです。

 

3. ホルモンのせい

これは万能な魔法の言葉です(笑)。旦那さんにイライラしても、家事ができなくても、大体「ホルモンのせい」って言えば旦那さんは仕方ないって思ってくれるし、自分も正当化できます!是非多用してみてください(笑)妊娠中から使えますよ!

ちなみに、本当にホルモンバランスは崩れるので、物事を理路整然と考えられなかったり物覚えが悪くなったり、思い出すのに時間かかったり、注意力散漫になったりするんですよ!完全な言い訳じゃないですからね!

SPONSORED LINK

育児で大切な事

お互いが笑顔になれる
これから出産する人。今まさに育児中の人。パパになる人。ジジババオジオバになる人。友達。

赤ちゃんの周りにはたくさんの大人たちがいます。いろんな考え方があって、色んな環境があって、育児に正解はないなんてよく聞きます。それでも悩むのが育児です。

 

でも、これだけは絶対に忘れないでください。

 

大事なのは手段じゃない。目的です。

 

どんな育児でもいいんです。目的が達成されるのであれば。悩んでも、泣いても、投げ出したくなっても、そうなるのが当たり前っていう位大変な事なんですよ。人間を育てるって。

追い詰めるよりも、笑顔になれる方法を考えましょう。解決できない問題(寝不足とか。。。)は、いつか終わるって思いましょう。大丈夫です!本当にいつか終わりますから!

子供がママを頼ってくれる期間って、人生のほんの少しの間だけです。大切な時間を、少しでも笑顔で過ごせるといいですよね!

084571
記事を書いた人:takamama
一言:ポジティブ時々ネガティブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 


フォームに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す