お宮参りの服装って、和装?洋装?カジュアル?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
248754

初めてのイベント「お宮参り」

男女や地域によって多少の違いはあるものの、大体生後1ヶ月位であるのが「お宮参り」ですね。

自宅の近くの神様(氏神様)のもとへ、新しく加わった小さな家族を、宜しくお願いします!と言いに行くイベントです。

大分はしょって大雑把にした説明ですが(笑)。

時期に関しては、1ヶ月でお宮参りする場合と、100日目のお食い初めに合わせる場合とありますね。

 

ちなみに私は、100日目前後にお宮参りとお食い初めのイベントを一緒にしました。生後半年まではバタバタしてますから、親族が集まるイベントは極力少ないほうが助かるんですよね・・・正直なところ。

もちろん、親族には「寒い(暑い)時期に何度も赤ちゃんを外に出すのは負担がかかるので〜」とかなんとか言います!嘘も方便!あ、嘘っていうとちょっとキツイので、物は言いようって事にしましょう(笑)

さて、そこで悩むのが、まずベビーの服装です。生後1ヶ月なんて、できれば家にいさせたい時期。気温や湿度や感想や黄砂や台風や雨、とにかく心配な事が多い!

それをクリアした次に悩むのが、ママの服装。お宮参りをきちんとすると、待ち時間も含めて20分〜1時間程かかります。そうなると、抱っこのしやすさ、授乳、オムツ交換、あれこれ動き回れる服装のほうがいいんじゃ?でも正装はお着物だし、などなど悩みは尽きません。

ちなみにパパの服装は悩む必要、全くありません。二者択一でスーツかオフィスカジュアル(笑)。

では、ベビーとママの服装を選ぶポイントをお教えしますね!

SPONSORED LINK

ベビーの服装

1.正装

正式なお宮参りをする必要があったら、もちろん正装です。今は特に服装や形式にこだわる家庭も少なくなりましたが、それでも「神様へのご挨拶」という事で、正装を希望するご両親もいらっしゃるので必ず確認しましょう。

和装の場合、男の子はおめでたい柄の羽二重、女の子はちりめんの花柄や毬の柄を着せる方が多いようです。仕立て直しをして七五三に着せる事もできますが、レンタルもありますので活用してみてください。

お着物はいいお値段するのでじっくり選びたいところですが、お宮参り前の時期は慣れない育児でてんやわんやしています。

あまり無理して探すよりは、レンタルにしてアッサリ決めたほうが身体への負担が少なく、その時々のお子様に似合うお着物を選んであげられると思いますよ!

 

洋装でしたら、白が一般的です。性別を選ばないので、産前から用意できる事が最大のメリットでしょう。ただ、こちらは退院着、お宮参り、と使用した後はあまり活用できないのが難点ですね。

お七夜を含めても3回程で着用が終わってしまいます・・・。なので、やはりレンタルをお勧めします。

2.カジュアル

特に両家や本人も正装にこだわらないのであれば、ロンパースで十分です。退院時に着せたものか、サイズや季節が変わっていたり退院時と違う服にしたい場合は、余所行き用の服装を用意しましょう。

なぜか赤ちゃんの時期に結婚式に呼ばれる事が多いので(笑)結婚式に参列できそうなロンパースを1枚持っておくと良いですよ!

ただ真夏は脱水が気になるので、あまり首元までキッチリかっちりという服は、避けたほうが無難でしょう。

ちなみに我が家は、サスペンダーとスーツのイラストが描かれているロンパースを着せました。

子供2人共、とても気候のちょうど良い時期(春と秋)だったので、肌着にロンパースを着せて、ストールをおくるみ代わりにして抱っこして暑くもなく寒くもなく、といった感じでしたよ。その後夏に結婚式があったのですが、その際はランニングの肌着に薄手のシャツロンパースを着せました。

ママの服装

1.正装

499470子供に正装させるなら、バランスを考えるとママも正装が好ましいです。

ただ、授乳の問題だけではなく、着付け&ヘアセットの間子供をみてもらえるのか(授乳の都合上、着付けしてもらうお店までつれてきてもらう必要があります)、抱っこ紐を使えないのでずっと手で抱っこしていられるか、などなど。

生後3ヶ月もたてば簡単にできそうな事でも、1ヶ月だと体力的にも精神的にもまだ回復していないので、できない事のほうが多いというのは、夫婦共に考慮しておいてくださいね!

この場合の正装は「訪問着」です。

紋はなくて構いませんので、こちらもレンタルするのも良いですね。

お着物は帯だけではなく、帯留め、半襟、長襦袢、などなどの色や柄も考えなければいけないので、選び慣れていないのであれば、セットでレンタルが無難です。

というか正直、正装するだけでいっぱいいっぱいになるので、準備なんて楽させてもらいましょう。

2.カジュアル

カジュアルと言ってもオフィスカジュアルレベルです。ワンピースやアンサンブルに膝丈スカート&パンプスかローファーが無難ですね。

産後1ヶ月では体型も戻っていない時期なので、あまり身体のラインが出ないもののほうが良いかもしれません。正確に言うと、体型というより骨盤が戻っていません。

身体を支える骨がガタガタなので、自然と体型も崩れてしまっています。その状態で身体のラインが出る服を着る位なら、お着物(訪問着)の着付けで身体をキュッと締め付けて、芯を作ったほうが良いと思います。

身体のラインを適度に隠しつつ、できればガードルなどで締めつつ、ふわっとしたラインにすると、身体を支えつつ動きやすい服装になるのでオススメです。

パパの服装

最早「色」しか悩む事はないのではないか、という位悩む必要がありません(笑)

オシャレな方だと、オフィスカジュアルな中に流行を取り入れて、などなどの小技を効かせていらっしゃいますが、特にこだわりがなければシンプルな服装で問題ありません。

スーツでしたら、グレーがベストです。

黒や紺だとビジネス感が強くなったり、ママと合わなくなる可能性もあるので、もし色を黒などにしたい場合は、デザインで遊びがあるものや、ストライプなどの柄があるものが良いです。お宮参り先は神様がいらっしゃる場なので、あまり奇抜な色は避けておきましょう。

オフィスカジュアルでしたら、夏はチノパンにポロシャツ、薄手のジャケットが標準装備といったところです。ここから少し崩したり流行を取り入れたりしてカスタマイズすると、ご祈祷でも浮く事はないと思います。

冬はパンツにカラーシャツ、ジャケットにストールが良いと思います。ネクタイは必要ありませんが、ニットタイをつけてもオシャレだな〜と思いますよ!

ちなみに私の義理の弟は、ジーンズにダウンジャケットでした。あまりカジュアルすぎると、ご両親が一緒に参加される場合は浮いてしまう可能性があるので、やはりオフィスカジュアルは最低ラインだと思います。

両親世代の方ですと、こういうお祝い事はスーツに近い服装の方が多いですからね。不安でしたら、事前に確認したほうが良いですよ!

おまけ

我が家では明治神宮と近所の神社の2パターンでお宮参りをしたのですが、その際によく見かけた服装をおまけとして、お伝えしますね!

ベビー:白いお祝い着とベビー用オシャレロンパースが半々。ちなみにお祝い着はレースの帽子付き。カジュアルなロンパースは少数派。

ママ:入園式でも着れそうなワンピースやツーピースが多数。色は淡い色が多く、ちらほらと黒や紺。カジュアルは皆無。和服が数名。

パパ:スーツが7割(悩む必要がないから?)。オフィスカジュアルのうち、数名が首元にストールをオシャレに巻いていたり、クラッチバッグを持っていたり。こだわっているな〜という人は全員、ワイシャツは着ていませんでした。

祖父母:おじいちゃんはスーツが9割。オフィスカジュアルは1割。おばあちゃんはワンピースやツーピースが8割。2割が和服。

SPONSORED LINK

まとめ

248754経験をメインに、お宮参りのオススメの服をお伝えしましたが、参考になりましたか?

両家の意向や全員との服装のバランスも大切ですが、まずはママが育児で大変な時期に無理しすぎないで準備できる事、身体に極力負担がかからないように当日過ごせる事、ベビーに負担がかからない事が最重要事項です。

周囲に気を遣いすぎずに、負担は最小限になるよう、考えてくださいね!

084571
記事を書いた人:takamama
一言:ポジティブ時々ネガティブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す