子供の習い事、いつから、何をさせるのが効果的?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
092306

0歳からソワソワ!習い事、どうする?

「ほんの数ヶ月で木琴たたいた!音楽習わせよう!」 「シャワーを嫌がらないしお風呂も大好き。まさか水泳の才能が・・・」

なんて、親なら誰しも子供の何気ない行動に、才能の片鱗を見てしまうものですが(笑)習い事はをどうするか?気になるところですよね! 習い事で有名な「ケイコとマナブ」で毎年「人気の習い事」をアンケート結果掲載してるのですが、毎年人気の習い事は変わらないですね〜。

1位 英語・英会話
2位 書道
3位 水泳
4位 そろばん
5位 学習塾・幼児教室
6位 ダンス

未就学児〜小学校低学年
1位 英語・英会話
2位 書道
3位 水泳

小学校高学年
1位 英語・英会話
2位 水泳
3位 学習塾

今日は、この中で「人気の習い事」って、結局どうなの?早く始めるべき?習い事に通わせたほうが良い?という内容で、お届けしますね♪

SPONSORED LINK


1.人気上昇「英語・英会話」

115746我が家では、1人目は1歳から英語教室に通わせました。途中、1年半ほどあいて、インターナショナルスクールの幼稚園(キンダーガーテン)に通わせています。

結論「習わせても習わせなくても、小さいうちは大丈夫。小学校に入って勉強の英語が必要になったら通わせても間に合う」です。

ちなみに我が子はまだ未就学児ですが、小学校に入ったら〜というのは友人の子供(5年生)と私の子供を見て考えた結果です。

子供は発音から覚えるので、確かに英語教室に通わせると綺麗な発音になります。ただ、英語教室に通わせなくてはいけないか?というと、少し疑問が残ります。というのも、息子はキンダーガーテンに入るまで英語教室に通った時期は1歳〜2歳の1年間で、しかもほとんどアウトプットはありませんでした。

その後の1年半のブランクの間に、 歌やDVD、「えいごであそぼ」というテレビ番組などを観ながら英語で歌ったり話したりするようになったんです。

また、現在キンダーガーテンで学んでいるのは恐らく英語圏の子供が他者とコミュニケーションをとるために学ぶような内容で、 日本式の「文法」から入るものではありません。

小学校の英語の授業は割と日本式なので(これから変わるかもしれませんが) 現時点では、英語教育を早期に始めなければ、小学校での英語の授業に遅れてしまう、という事はないと思います。

 

もし英語の授業のためだけに英語を学ばせようか悩んでいるのでしたら、早期である必要はないですよ!小学校に入ってからで十分です。

ただ、英語の授業時間数はまだまだ少ないので、早い段階で英語を身につけさせて海外に行かせたい、等の考えがあるのでしたら 3歳位からスタートしてはいかがでしょうか?

ちなみに私の子供は英語を「楽しいもの」だと思っているので、英語は学ぶものではなく、英語で遊び学ぶ(英語は学んだり遊んだりするためのツール)と思っているようです。

その点は、早期に学ばせて良かったな〜とは思いますね。小学校に入って授業で学ぶようになってからの反応が、ちょっと心配ではありますが・・・。

2.意外と人気の「書道」

私が子供の頃は、あまり書道って習わせたいランキングには入っていなかったと思うのですが・・・時代でしょうか。 実際習わせてるランキングでは、7位とあまり高い位置にはいないですが(予想以上には高いのですが)。

さて、書道は友人のお母さんが先生をされているので聞いてみました。習わせ始めるのにちょうど良い年齢は「4歳」だそうです。

もっと小さいうちから通わせるご家庭もあるそうですが、先生としては「座ってられる」「言うことを理解して聞ける」そして「ある程度字がかける」これがなければ、通ってきても書道はできないそうです。

以前、3歳の子を通わせたいという方がいらして、お試しということでお預かりしたそうですが、筆を投げる、半紙の意味ない位大胆に絵を描く、飽きて泣く、と大変だったそうです。

 

礼法を学ばせたい、字を覚えさせたい、という事で書道を希望する親御さんも少なくないそうですが、ご自宅で1度試してからのほうが良いかもしれませんね。

あまり求めている親御さんはいらっしゃらないようですが、書道は集中力も高まるので、他の教科の勉強にも役立つそうですよ!友人のお母さんの教室では、書道とくもんをセットで習っているお子さんが多いそうです。

3.安定の人気「水泳」

450829古今東西人気の水泳ですが、我が子は4ヶ月から通わせています。2歳半位までは親子で一緒に入るコースで、それ以降は腕に浮き輪をつけて泳ぐコースになりました。

健康のため、集団行動を学ぶため、体力を削るため、と色々理由があって通わせていますが、全て「いやー、どうかなー・・・」という感じです(笑)

継続する事で体力はつくと思いますが、プールに通うことで病気をもらう確率がかなり高くなります。

子供は風邪なんてかかってなんぼですが、正直、数ヶ月連続で月2回風邪ひいた時にはプールを続けるか悩みました・・・。 長い目で見て身体を強くして健康的になってほしい、という事でしたら、もしかしたら叶うかもしれませんね!

私も水泳通っていた頃は、真冬の北海道で髪の毛を濡らしたまま外出しても風邪ひきませんでした!(髪の毛は凍りました)

集団行動は、そこそこ身につくとは思います。一緒に移動する、とか一列に並ぶ、とか。ただ、ルールという点になると、コーチに対して子供の人数が多すぎるので目が届かない事も多く、徹底する事は難しそうです。

 

絶対にダメな事は注意してくれますが、それ以外のルールはやはり、親が教えつつ他の子と一緒に関わったほうが良さそうです。

体力は、最初の1ヶ月位は削れますが、それ以降は全く平気です!幸か不幸か、健康のため、と期待している通り体力がついてくるのでスイミングごときでは、体力は削れてくれなくなるのです・・・。

スイミングに通っている間だけが、親の自由時間だと思ったほうが良いでしょう・・・。

始める時期ですが、私は3歳位で十分じゃないかと思います(それでも早いほうだと思いますよ) というのも、3歳から入れるコースまでは、特に泳ぐための準備をするわけではなく「水に慣れる」「水を楽しむ」という要素が強いためです。

 

それでしたら、お風呂で顔にお湯をかけてみたり、シャワーに慣れさせたりして、区民プールに行って一緒に水に入ったりしても良いのかな、という内容です。

ただ、親の手間も省けますし、多少の息抜きになりますし、割とプールは好きな子が多いので子供も楽しめますし、泳ぎを習うコースに移った時既に環境やコーチに慣れていて抵抗がないですし、早くから始める利点もありますよ!

4.番外編「ダンス」

習わせたいランキング6位のダンスに、たま〜に通わせています。最初は週1で通わせようと思っていたのですが、3歳のクラスだと、最初は「ママと離れても泣かずにレッスンを受ける」ところを短期の目標にして、1年後の目標は「曲に合わせてリズムをとる」だったので、まだ本格的に始めるには早すぎるのかな、と感じたためです。

また、通わせているキンダーガーテンで曲に合わせて踊るという時間もあるので、踊る事の楽しさを知ったり、曲に合わせる事を知ったりするには、それだけでも十分ですね〜。

あとはよくスポーツクラブで「無料レッスン」や「夏休み中の短期レッスン」などを実施しているので、そこに極力参加するようにしています。ちなみに、ヒップホップのクラスです。

クラシックバレエになると、3歳からでも早すぎないようですよ!最初はやはり母子別離をクリアする事が目標のようですが、そこからは割とステップの目標を立ててレッスンしていると聞きました。バレエは姿勢も良くなりますし、素敵ですよね!

SPONSORED LINK

まとめ

526939経験を元に、実際どうだったか?をメインに書かせていただきましたが、参考になりましたか?習い事をするかしないか、どれにするか、決めるのは本当に難しいですよね。

本当は自分で決めてくれるといいんですけど(笑)小さいうちに「あれやりたい」「これやりたい」とはなかなか決められませんし、一時の気まぐれの可能性もありますので、「こうなってほしい」というビジョンがあるなら、「これをやってみよう!」とお子さんに体験させてみるのが一番ですね!

大体、どんな習い事でも子供は楽しみを見つけます。本当にどうしても嫌な場合は絶対に慣れませんので、そしたら、やめるかどうか話し合ってあげましょう。

習い事そのものが問題の場合と、人間関係が問題の場合があるので、見極めてあげてくださいね。

 

084571
記事を書いた人:takamama
一言:ポジティブ時々ネガティブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す