子供が英語大好きになる!無料でできる5つの英語教育法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お高い英語教育

小学校で英語が必須になったり、社会の国際化が進んだり、海外旅行が身近になったり・・・理由は色々ありますが、子供の英語教育!もう気になって気になって仕方がない方多いですよね!

でも・・・お高いんでしょう〜?
それが〜・・・・・・・・・高いです!!(キッパリ)

英語教室で、大体月5,000〜10,000円(レッスン2〜4回分の価格)
プレスクールは母子教室で1回50分5,000円程度。
英語教材は10万〜25万円程度。

なんで?っていう位、一般ピープルな私には手が出せませんでした。0歳児のために、◯十万円て払えるご家庭って一体なんなの?って、調べる度に思ってました。いくら「将来留学させる時間やお金に比べたら安上がり」って言ったって、先立つものがなければどうにもできませんもの。

そんな私が、我が子が3歳になるまでに「英語好き!」って言わせるに至った幼児期英語教育法を、ここだけの話で教えちゃいます♪たった5つだけで、子供が英語に興味持てるんですよ!

SPONSORED LINK


無料でできる英語教育5つ

1.Eテレの「えいごであそぼ」を毎日観る!

この番組は秀逸です。無料で秀逸な番組をお届けしてくれているからには、最大限利用しましょう。何が秀逸かというと・・・

「ゆっくり発音している、似ている発音の違い(LとRなど)が分かりやすい」

「基礎の単語、連語をメインにしている」

「キャラクターがはっきりしていて子供が親しみやすい」

「アップが多いので、発音時の口や舌の動きが分かる」

「歌とダンスが多い」

これです!こんなにいっぱいポイントがあるんですよ!子供は耳から覚えるので、とにかく毎日観る事が大切です。1ヶ月同じ歌が流れるので、英語の歌に慣れてくると月末にはなんとなく歌えてたりしますよ!

意外と子供にヒットしたのは、お外でアルファベットを探すというコーナーで、いろんな物の形から、アルファベットに見えるものを探します。踏切にあるバッテンは「X」、観覧車は「O」といった内容です。

おかげで私の子供は外を歩いていると突然「あそこにEがあるよ!」と横断歩道の白線の一部を指したり、踏切の前を通ると「Xがあるね!」と楽しそうにしたりしてます。英語はどんなところにもあるんだよ〜と思える、いいきっかけになりました♪

2.えいごの本を借りる、お土産に頼む

first words難しい本である必要はありません。

私がお土産にもらったのは、キリンのソフィの「first words」という、ベッドルームやキッチンにあるものの名前とイラストがいくつか書いてあるだけの本です。

他には「NUMBERS」という、数字とイラストと単語が英語で書いてあるだけの本も買ってもらいました。他に数冊買ってもらいましたが、正直この2冊だけで十分だったな〜と感じています。

あとは、日本語の本ですが、いしかわこうじさんの「かくれんぼ」シリーズはイラストの英単語や色の単語も載っているので、日本語と一緒に英語を教えてあげられますよ!

大切なのは「どんな英単語か」「いくつか」なんて事ではありません。パパママが、子供に読んであげられるか、です。発音が多少悪くても気にしない!まずは子供が英語に慣れる事。

英語の絵本が見付けられなければ、日本語の絵本でも「これは英語で◯◯っていうんだよ」と言って、付箋に単語を書いて貼ってあげてもいいと思います。絵本だけじゃなくて、日用品に貼っておくのもオススメですよ。

3.英語の歌を一緒に歌って身体を動かす

これも難しそうに感じますが、別に大した事ではありません。日本の手遊び歌の英語バージョンってだけです。例えば「おおきなくりの木の下で」で手遊びしますね。英語で歌う時にも手遊びする。それだけです。

手遊び歌の英語版なんて分からないよ!という時には、適当なメロディで「ららららら〜〜Walking Walking(歩く)・・・STOP!!(大げさにその場で足踏みして止まる)」でもいいんです。子供、大喜びです。

これは「Walking」を「Swinging(揺れる)」「Running(走る)」に変えても楽しめます♪自分で動けない0歳や1歳前半の時は、抱っこして歩いたり走ったり止まったりしてあげてください。

他にも「Peek-a-boo!!(ピーカーブー!=いないいないばぁ!)」で、タオルやハンカチを使って顔を隠したり出したりするのもオススメですよ!

1歳半過ぎたら、車の来ないような場所で「Ready Go!」「STOP」を繰り返して一緒にダッシュ&ストップすると喜びます。

4.YouTubeでフォニックスの動画(歌)を観せる

パパママと遊び感覚で一緒に遊びながら英語に慣れ親しむのがいい、とは言ってもやはり「綺麗な」発音には慣れさせておきたいところ。

DVDを英語で見せるのももちろんオススメですが、敢えて違う方法をお伝えするなら「フォニックス」です。簡単に言うと単語と発音のルールを学ぶものなんですが、このルールを歌で学べるんですね〜。「phonics」で検索してみてください。色んな歌が出てきますよ♪

この方法では、特に一緒に歌ったりする必要はありません。むしろ子供に「歌ってみて〜」とお願いするほうが良いと思います。

歌ったら、間違えていても途中で終わっても「すごーい!上手に歌えたね!もう1回聞きたいな!」と言ってあげてくださいね。耳コピしてそれを正しく歌うのは大人でも難しいものです。トライしている事に、まずは感動してあげてください。

お願いして褒めてあげると、歌おうとして一生懸命耳コピするので、自然と発音が良くなります。

ちなみに、私の息子のお気に入りは「The Wheels On The Bus」という曲です。通っているスイミングスクールでも同じ歌を流していたので、子供が好きになりやすい歌なのかもしれません。

5.体験DVDをもらい、体験レッスンしまくる

これは大きな声で言っていいか分かりませんが(笑)私は自宅でお試しを2種類、体験レッスンを3つやってみました。

そこで英語を覚えさせるというよりは、オマケをもらう事と、英語を使った遊び方を盗み見るためです。おもちゃ売り場に連れてって飽きるのを待つより(笑)疲れさせる事ができる上に楽しめる、自分もちょっとした息抜きになって楽しい、で割とオススメです。

勧誘がひどいんじゃないか?と思うかもしれませんが、どの体験も割とアッサリでした。体験して反応がない人に時間をかけるより、もっとやる気のありそうな人をプッシュするほうがいいんだろうな〜と勝手に推測してます。

ちょっと話が逸れましたが、オマケも子供が喜ぶものを用意しているので本当にオススメですよ!お風呂に貼るアルファベット一覧なんて、毎日アルファベットの歌を歌う位気に入りました。全く英語教育をしてこなかった姪っ子も、同じアルファベット一覧で「りんご」を「アプー」と覚えたそうです(笑)

ちなみに「有料版はオススメしない」のではありません。あくまでも「無料でできる事」をオススメしてるだけなので、トライアルで子供が本当に楽しそうで買ってあげたい、と思ったら買ってあげてくださいね。

SPONSORED LINK

無料英語教育のまとめ

loveいかがでしょうか?私の子供は上記5つのうちどれか1つしかしなかった、だったら恐らく興味は半減していたに違いありません。

耳で覚える、目で(視覚を刺激して)覚える、身体を動かして全身で覚えるというステップを踏めた事で自然と英語が身近に感じられた。それによって「えいごでどんな遊びもできるんだ!」という意識と共に「どの遊びも楽しい」がインプットされたため、子供自身がどんな遊びをしたい時でも「英語で遊びたい」と言うようになったのだと思います。

幼児期の子供は、どんな遊びでも、とにかくパパママと一緒に遊べるものならなんでも楽しいものとして捉えます。とにかく恥ずかしがらずに、パパママも一緒に楽しむ♪

これで子供の興味はぐん!と上がりますよ。是非試してみてくださいね!

Have fun, everyone!

084571
記事を書いた人:takamama
一言:ポジティブ時々ネガティブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 


フォームに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す