終わり無き兄弟喧嘩を止めさせる旦那の教育とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
d3ff185d526a2472406108c601bd516a_s

小さい子供の兄弟喧嘩

時にはかわいいものなんですよね。

おもちゃを取った、取られた。おやつを食べられたとか

そういう喧嘩で、最終的には二人とも泣いて終わりという感じです。

こういう兄弟喧嘩ならほほえましいんですよ。。。本当に。。。

しかし、うちの場合は度を越しています(汗)

お兄ちゃんの方が特にひどい。

娘の髪を引っ張ったり、蹴ったり、叩いたり

物を投げつけたり。

びっくりしたのは、おもちゃ箱の中に娘を閉じ込めたり(汗)

どういう教育をしたらこういう風になるのか?

って、思うほどですよ。

親の顔が見てみたい(涙)

って、冗談はさておき。

本当に深刻な状態です。

このまま育っていけば、将来が不安になりますよ。

非行に走ったり、事件や事故を起こしたりしないかと将来が不安になります。

と、兄弟喧嘩の場合は、兄弟の上のほうが一方的に強いと思うでしょ?

しかし、うちの場合は違いました(汗)

最初は、兄弟喧嘩で一方的にやられていた妹でしたが、

兄からされたことを仕返すようになり、髪を引っ張る、物で叩くなど

やられたことをやり返すように。。。

うちの娘は、人より体格が良くて、兄である息子はちょっと、ひょろとしている感じです。

力勝負になると、ほとんど互角

末恐ろしい娘でですよ。

妹である娘が仕返すようになって、兄弟喧嘩が激しさを増します(汗)

親が言うのもなんですが、もはや獣ではないだろうか?というくらいひどいです。

何度注意しても兄弟喧嘩が直らず、ひどくなる一方。

どうしようもできません(涙)

最終的には、食器棚のガラスを割ったり、窓ガラスを割ったり・・・。

もう、収拾が付きませんよ。

 

こういうときこそ、旦那の出番です!

それでは、兄弟喧嘩をしなくなるには、旦那はどのような行動をすればいいのかを紹介しますね!


兄弟喧嘩は社会勉強?

12414f7e7a0f7c5f8401c81cfbc66282_s

 

 

 

 

兄弟喧嘩って、一見悪いイメージがあると思います。

だって、喧嘩ですよ?

それも、同じくらいの人じゃなくて、兄弟ですので、必ず力や知能の差があります。

その中での喧嘩なのです。

だけど、兄弟喧嘩がないと、将来社会に出たときに苦労します。

一人っ子が、その例かもしれません。って、一人っ子を悪く言っているわけじゃないですよ(汗)

兄弟喧嘩をすると、必ず、その場を収めないといけませんよね?

そして、家族という空間にいるので、必ず顔を合わせなくてはいけません。

そうやって、何か起きたとき、場を収める勉強をしているんです。

そして、兄弟喧嘩には必ず原因があります。

物を取ったり、叩かれたり、いろいろです。

自分の欲求を満たしすために、相手のことを考えずに行動をすると、兄弟喧嘩になってしまいます。

自分の欲求を我慢する。どういうことをしたら、相手に不快な思いをさせてしまう。っていう、生きていくための勉強をしているんです。

なので、兄弟喧嘩はしてはいけないって事は無いんです。

このことだけは、念頭においてください!

ただし、うちの場合は度を越していましたけど(汗)

 

旦那として父親として平等に見ている?

958aee913694d8ba2106958f6725be85_s

 

 

 

 

 

子供から見ると、上の子だけかわいがる。もしくは、下の子だけかわいがると不満が出ますよね?何で、かわいがってくれないの?って

それは私たちでも一緒です。社会で、会社で、特定の人だけかわいがられて、自分はかわいがられない。不平等な扱いを受けると、不満が出ますよね?

それと一緒なんです。兄弟喧嘩の原因は、兄弟を平等に扱ってないことから起きることがほとんどなんです。こんなことはしていませんか?

・兄弟喧嘩したら、上の子だけを怒る

・どちらか一方だけをかばう

・片方だけの言い分を聞く

・二人とも言い分は聞くが、聞く順番が一緒

・頭ごなしに両方を怒る

こんなことはしていませんか?

こういうことをしてしまうと、兄弟の間に不満がたまっていくんですよ。

そうなってくると、ひいきにしてしまっている兄弟のどちらかに不満がたまって

相手を暴力で屈服させよう!また、自分の方が力があると見てもらい、親の関心を引こうとするんです。

最初は、軽くたたいたり位なんですけど、だんだんエスカレートしていって、取っ組み合いの喧嘩を始めてしまうんです。

こうなってしまうと、子供の教育にも悪いですし、将来も不安になってしまいますよね?

あなたはどうです?こんなことしていませんか?

 

兄弟喧嘩をする子供に、旦那はどうすればいいの?

c80bab5d51f76b0e92e1e0a9d2d5f31e_s

 

 

 

 

 

兄弟喧嘩ばかりする子供たちに、旦那としてどう接すればいいんでしょうか?

難しいですよね?

しかも、兄弟喧嘩をしているところを見ると、イライラするし、

それが疲れているときや、仕事中だったら、イライラも増徴して

大きな声が出てしまいますよ。

しかも、兄弟喧嘩は、家の中だけではありません。

たとえば買い出先で、兄弟喧嘩が勃発したら、ほったらかしというわけにもいきませんし、

大声を出せる場所ばかりというわけではありません。

ところかまわず、子供は兄弟喧嘩を始めます。

では、旦那として、どういう行動をとることを心がけたらよろしいのでしょうか?

兄弟喧嘩は必要ですが、まずは、どう収めるか?

より、どうやったら防げるかを考えて生きましょう

そのための行動は?

・特定の子供を叱らない!

・なんで兄弟喧嘩をしたのか、両方の考えを聞き出す

・特定の子供を尊重せず、常に客観的な判断を下す

・兄弟それぞれの意見と自尊心を尊重する

・お互いの意見の仲介役になる

ということなんですよ。

 

とは言ったものの、難しいですよね?

なかでも3つ目の、常に客観的な判断を下すって言うのが難しいんですよ。

自分は、客観的に判断しているとしても、周りから見たら、客観的じゃなくて、中立でもないって事があるんですよね?

それで私も苦労しました。

客観的な判断といっても、私の場合は、自分の経験上の判断で、子供を叱っていたんです。

それが、客観的と思い込んでいたので、余計たちが悪くなって・・・。

子育てのプロになったつもりでいたんです。

今思えば恥ずかしいですし、穴があったら入りたい(汗)

 

そして、何より大事なのが、お互いの意見の仲介役になる問い事なんです。

私の場合は、お互いに面と向かって言わせていました。それが一番だと思っていたんですよ。

しかし、それは違いました。

一見面と向かって話すと、腹を割って話して、余計に絆が深まると思いません?

私は、そう思っていたんです。

しかし、面と向かって話すと、余計に兄弟仲が悪くなって、また、兄弟喧嘩が勃発する始末。

正直、親失格だったかもしれません。

しかし、今は仲介役に回っています!

まとめ:兄弟喧嘩を収めるには、旦那は中立を保つ

490153

 

 

 

 

 

どちらかをひいきにすると、ひいきにされないほうに不満がたまってきます。

それは私たちでもそうですよね?

社会で、会社で、家で、自分が同じ目にあったらどうですか?

それを、もしかしたら、気がつかないだけでしているかもしれません。

兄弟喧嘩を始めたら、必ず、中立という立場を保ってください。

そして、子供の考えや気持ちを聞きだす努力が必要です。

このとき、自分の考えや行動を客観的に見るということを忘れないでください。

これは、夫婦関係でも一緒なのかもしれません。

当たり前の生活の中に隠れてしまって判らなくなっているだけで、何気ない行動。

誰かをひいきにするような言動を採っていることで、妻を不満にさせているかもしれません。

子育ては、万事に通じる勉強。

夫婦関係も円満に行きたいですね。

084571
記事を書いた人:yuuki938
一言:平凡な父親の非凡な日々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 


フォームに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す