イヤイヤ期どう乗り越える?気持ちが楽になる接し方のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
089121

魔の2歳?

よく聞くのが「イヤイヤ期って魔の2歳でしょ?怖い!」ですが、私の感覚では「1歳半からイヤイヤ始まって、徐々にパワーアップして3歳になった時には恐ろしい事になっている」という感じです。

アメリカにいる友人が「アメリカではterrible 2(ひどい2歳)、horrible 3(ぞっとする3歳)って言うのよ。日本は2歳だけが魔なら良かったわね」と言っていましたが(笑)本当にその通りだと思います。2歳だけで終わるなら幸せなほうです。

なんて、そんな脅し方良くないですね!長く思えるイヤイヤ期、終わりは必ず来ると言い聞かせてもやっぱり辛くなってしまう・・・そんな悩めるご両親に、イヤイヤ期の子供への接し方のコツをお教えしますね!


1.魔法の言葉は「そっか〜」

これは私がよく子供に使う言葉なのですが、とりあえず子供が何を言っても「受け止める」事を心がけています。そうすると、一番無難な(と言うと適当のようですが;)返答は「そっか〜」なのです。

「イヤー!これ着ないのー!!」「そっか〜。じゃあ何着る?」「何も着ないの!」「そっか〜。じゃあ着ないでおこうか」「イヤなのー!!」「そっか〜。どうしようね?」「どうもしないの!」「そっか〜。どうもしないのか〜」「そうなのー!!」「そっか〜」

というように、エンドレスで会話が続きます。途中で「いいから着てよ」と言いたくなりますが、子供のイヤイヤ期は「かまってほしい」なので、子供の言いたい事をぶった切ってはいけません。

「今日はこれ着る!(真冬に半袖)」「そっか〜、これカッコイイもんね〜。あ、そうだ!ママね〜それもカッコイイけど、もーっとカッコイイ服見つけたんだ!見て!(長袖を出す)これカッコイイよ〜絶対似合うよ〜」「でもこれ着るの!(半袖)」「そっか〜。これカッコイイもんね〜。あ、そうだ!そのシャツにさー、これ合わせたらもっとカッコイイよ!(上着を出す)ほらー、すっごいカッコイイ!これ一緒に着てみようよ!」

とにかく受け止める。私は海。風。大地。受け止めるのよ。と、ひたすら自分に暗示をかけましょう(笑)

ただ、絶対にダメなことはダメ!と言うことも大切です。我が家では「人に迷惑をかける」「人や自分に危険が及ぶ」ことをNGとしてました。それ以外のことなら受け止める。でも、NGな事(例えば、人を理由もなく叩く等)は、子供が泣いても怒っても絶対に許しませんでした。メリハリは大事ですね。

2.ぎゅーっとしてちゅーっとする

233181親から子供への愛情表現は、分かりやすく、シンプルに、大げさに、が丁度良いと(個人的に)思っています。なので、イヤイヤ期でも何期でも愛情表現は毎日していました。

テレビを観ている子供に突然「好き好きーのぎゅー!!ついでに、ちゅー!!」として「イヤー!」と嫌がられても。

「どうしよう。ママ、すっごく好きすぎて困っちゃ〜う。ぎゅー!!」として「困らないでよー!」と怒られても。

それでも嬉しいんですよ、子供って。思春期にやっちゃったら本気で怒られるかもしれませんが(笑)3歳位までの子供なら大丈夫です!

子供に「ママは絶対に味方で、常に愛情を注いでいる」と伝えたくてしていた事ですが、イヤイヤ期には多少逃げられたものの基本的には「ぎゅーしてよー」と自分から寄ってきていました。イヤイヤ期は「かまってほしい」という気持ちもあると聞きますが、最初から最大限構っているのでイヤイヤする必要がなかったのではないかと思います(笑)

3.少し離れて見守る

何かと自分でやりたがる、やろうとする(挑戦する)ようになるのもこの時期ですね。大人から見たら「いや〜まだそれは無理だと思うよ」という事でも果敢に挑戦し、できなくて癇癪を起こす。かと言って手伝われるのもイヤ。でもできないのもイヤ。結果大泣き。

そんな時には、少し離れたところで見守ってあげましょう。声をかけるでもなく、手を貸すでもなく、ただ感情を爆発させた子供が落ち着いた時に、そっと近寄れる場所にいる。それだけで子供は安心します。

近所迷惑だわ〜とか、外出先だから〜と、泣き止ませる事を優先させてしまうと余計こじれてしまいます。もし外で癇癪起こしたら、とりあえず他の人の交通の邪魔にならないところにまでは無理やり連れていって、そこで思う存分癇癪起こさせてあげましょう。

ちなみに、私の息子はよくデパートの床や道に寝っ転がってぐるぐる回転して矢印のようになっていたので(笑)道の端っこまで移動させて、思う存分矢印をさせていました。最長記録は2時間半です(しかも冬)!最後は根くらべでしたね。そのうち「どれだけ癇癪起こしてもダメなものはダメなんだ」と学んだのか、矢印期間は2ヶ月程の短期間で終了しました。

4.全ての行動に1時間余裕をもつ

正確には、家を出ようと思っている時間があったら、1時間以上早く出るつもりで支度しましょう、という事です。大体イヤイヤ期の子供を抱えていると、その位余裕みてもギリギリに家を出る事になります。

ただ、ギリギリで支度するのと余裕持って支度するのとでは、子供へのイライラ度と接し方が全然違いますよね。極力大人にもストレスがかからないように、早め早めが大事です!

イヤイヤ期の子供は、大人の感情に敏感です。少しイライラしただけで泣き出したり、突然「もうやらない!」と投げ出したりするのです・・・。イヤイヤ期の子供は自分の感情の鏡だと思って接してあげてください。穏やかに接したら穏やかになってきます(穏やかになるまでの時間は長いのですが)。

私は、基本的には時間の制限をかけずに行動するようにしていました。イライラとは無縁になりますよ!「今日はお買い物行こう〜。午前中に出られたらいいな〜」と朝7時から支度したり、「今日はスーパーと公園と本屋さん・・・のうち1つ行けたらラッキー」と家を出たり(なぜなら、家を出た瞬間帰りたがることもあるので)。

たまに時間制限がある外出をすると、慣れなくてバタバタして忘れ物しちゃうんですが(笑)、子供も普段とは違うバタバタっぷりに翻弄されて、あまりイヤイヤ言わずに支度してくれてました。

5.未来の自分のために、と言い聞かせる

イヤイヤ期の子供は、子供なりに葛藤しています。今までは何事も受け身だった子供が、自分から世界を広げ始め、自分にできない事や知らない事がある事を学んでいるのです。泣けば良かった時期から、感情をコントロールしなければいけない事も学び始めているのです。

そんな時に、大人にイライラされたり、抑圧されたり、挑戦させてもらえなかったりすると、世界が広がらずストレスになったり、抑圧されて爆発するようになったりしてしまいます。

でも、きちんとイヤイヤ期を乗り越えてきた子供は、自分から世界を広げる事の楽しさも学びます。そうすると、何かと手伝いをしたがったり、1人でいろんな遊びに挑戦したりするようになりますよ。イヤイヤ期の間は本当に大変ですが、過ぎた後きちんと成長できていれば、大人にとってすごく助かる時期に突入できます!

6.きちんとストレス発散する

083756受け止めてばかりの大人はストレスが溜まります!どんなに可愛い子供の事だって、ストレス感じるのです。

こんなに家の事やって、子供にも向き合って、自分のこと後回しで、それでこんなにイヤイヤ言われて、たまったもんじゃないわ!!

と叫びたくなって当たり前です。なので、きちんと自分を労わりましょう。子供と根くらべになったら、持参しておいたゴディバのチョコレートを食べるとか。イヤイヤ言われても全部受け止めた日は、子供が寝た後にお酒を飲むとか。イライラしないで支度できたら、外出先で自分のための買い物をするとか。

そういうご褒美がないと、ちょっと辛いのがイヤイヤ期だと思います。ただのぐずりだったら、何度も乗り越えてきてますものね。

7.褒める

イヤイヤ言いながらも最終的にはやってくれた時には、大絶賛してあげましょう!

「手を洗って」「イヤ!」「そうなの〜?洗わないと、バイキンが手についたままだな〜。バイキンとお友達になっちゃうよ」「イヤー!」「じゃあ手を洗ったほうがいいね」「イヤ!」「そっか、バイキンとお友達のほうがいいか〜」「イヤー!」「じゃあ手を洗おうか!」「洗うー!!」「すごーい!手がピカピカになったよ!バイキンバイバイしたねー!わー、上手に洗えてるな〜すごいな〜」

手を洗うだけで大仕事ですね(笑)でも、これで子供は達成感と喜びをイコールで覚えるのです。同じように喜びや楽しみを感じようと、積極的に手を洗うようになると思いますよ。

8.説明してあげる

全部が全部というわけではありませんが、私は「何故か?」を子供に説明するようにしていました。

「お友達が踏んだら怪我するから、おもちゃを片付けてね」「イヤ!」「お友達怪我してもいいの?ママ、悲しいなぁ」「イヤー!!」「おもちゃ、片付けてくれる?」「イヤ!」「お友達が踏んだらイテテ!ってなっちゃうよね?」「・・・」「おもちゃ踏んだら痛いね?」「痛い・・・」「じゃあ、お片づけしておいてあげたほうがいいんじゃないかな〜?きっとお友達喜ぶよ!ありがとー!って言ってくれると思うな!」「片付けるー!」

その際、マイナスな事をイメージさせると割と理解が早かったように思います。「これをしたら、こうなっちゃうかもしれないよ!」という感じですね。

子供だから、と頭ごなしに押さえつけたり、とにかく言う事を聞かせようとだけすると、子供の成長を阻害してしまうような気がします。目的は「言うことを聞かせる」のではなく「理解させて自分で行動を抑制できるようにする」ことです。何度でも、目的のために説明してあげてくださいね。

まとめ

089121いかがでしたか?基本的には「大人が心にゆとりを持つ」という事が大事だと、私は思います。

イヤイヤしすぎて外出できない!でもまぁ、世の中にはネットスーパーもあるしね〜。

イヤイヤしながらおもちゃを投げるから散らかし放題!じゃあおもちゃ袋に入れてしまいこんじゃえ〜。

歩くのもベビーカーも抱っこ紐もイヤ、でも出かけたがる!ドアの外で歩くまで待つか〜。

約束の時間に間に合わない!早めにごめんねってメールいれとこ〜。

極端な話、どうにもならない事ってあまりないんですよね。大丈夫、大丈夫。この位なんてことないさ〜と自分に言い聞かせてから、子供と向き合ってみましょう!

ちなみに私の子供は「イヤイヤ期」の次に「ムリムリ期」(なんでも「ムリ」と言う時期)が来ましたが、なんだかイヤイヤ期よりダメージが大きかったです。。。「ママ大好きって言って〜」「ムリ!」という会話を何度したか(笑)

イヤイヤ言われてうんざりしたら、頭の中で「ムリムリ」に変換してみてください。「ムリよりいっか〜」となるかもしれませんよ!

084571
記事を書いた人:takamama
一言:ポジティブ時々ネガティブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 


フォームに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す