育児で悩みたくない!なら知っておきたい男女の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
415156

どうしてこんなに違うの?

育児をしていると、夫婦で「なんでできないの?」「なんでうるさいんだ?」「なんで?」「なんで?」と言い合う(考え合う)ことが増えます。恐らく、一度も思ったことがない子育て経験者はいないのではないでしょうか。代表的な「イライラする違い」をまずは整理してみましょう。よく聞く違いは5つです。

1.赤ちゃんの夜泣きに反応しない男性

今のところ(私の勝手な統計ですが)10割のママが「赤ちゃんの隣で寝てるくせに、どんなに泣き叫んでも起きないんだけど!」と吠えた経験があります。

例えば風邪をひいたママが旦那さまに「俺が子供と一緒に寝るよ」と優しい言葉をかけてもらって「ありがとう。。。頼りになるわ!」と思っていたのに、隣の部屋から子供の泣き声と旦那のいびきが聞こえてくる。我慢してみたけど、何分経ってもいびき&泣き声のデュエットは終わらない。堪えきれずに、高熱でフラフラになりながら、マスクして髪を結んで子供を抱っこしに起きる。朦朧としながら「頼りになるわ」って思った自分をアホだったな、と思い、寝ている旦那を間違えたふりして踏もうか悩む真夜中。

なんてこともあるわけです。

SPONSORED LINK

2.とにかく(結論のないまま)愚痴りたがる女性

男性に多い愚痴は「嫁の話が長い」「何を話したいのか分からない状態で延々聞かされて、途中で何話したいの?と聞くと怒られるのはなぜだ」「その愚痴は今じゃないとダメなのか」です。

ホルモンバランスが崩れると、集中力がなくなり注意力散漫になって話が迷走したり、感情的になるので愚痴や泣き言が増えたり、という状態になるので多少多めに見てほしいところではありますが、それにしても酷い!と泣きつかれることもしばしば・・・。

「子供がね、こういうことしててね、それがすっごい可愛くて、写真撮ってSNSにあげたら友達のAちゃんが可愛いって言ってくれたんだけど、Aちゃんの子供もすっごい可愛い写真こないだアップしてて、それが北海道旅行で撮った写真で、すっごい羨ましくない!?でもさ、なんかあちこち行った写真アップしてるから旅行しすぎじゃない?とも思うんだよね。子供に負担かからないのかな?子供って移動が多いと疲れちゃうしさー、日頃からあんま移動するのも良くないんじゃないかと思って、私はあんま電車とかも長時間乗らないようにしてるんだけど、それでも乗らなきゃいけない時はあるんだけどね。そういう時は仕方ないから乗るよね〜。」

余談ですが、これに俺はなんて答えればいいんだ!?と聞かれた時には「そっか〜大変だね〜」と言うようにしかアドバイスできませんでしたが(笑)でもそういう話し方が良くないな、と思いつつしてしまっている女性も多いと思いますよ。そういう女性は意識して話し方を変えていくので、一時的なものとして目を瞑るという解決策(?)もアリだと思います。

3.「見ている」男性

ちょっと手が離せない時に「ごめん、ちょっと子供みてて」とお願いすると、子供を目の前に置いて携帯でゲームをしつつ、チラチラと子供を見ているだけの旦那。なんならゲーム画面に集中しているので、子供を見るのは瞬き位一瞬。

「ちょっと、子供が泣いてるじゃん!なんでゲームしてんの!?」と怒っても「見てただろ!あやしてほしいならそう言えよ!」なんて返ってくる事もあるんです。女性にしてみたら「は!?一から十まで説明しないと子供を危険から守る事すらできないわけ!?」という感じですが、男性にしてみたら「言われた(頼まれた)ことを最低限やったのに何で怒ってるんだ?」と疑問に思うそうです。

料理の鍋を「見てて」とお願いしたら焦げ付いても「見てた」なんてジョークも聞きますが、ジョークではなく本気であるんですよね。

4.要望が増える女性

食事が終わってもテーブルの上はそのままの旦那さん。せめてキッチンに持っていくようお願いした。そうると、キッチンにトレイごと置きっ放しなのが気になる。シンクの中に置いてもらうようお願い。洗っているとこびりついた汚れが落としにくくなるので水に浸けておいてもらいたい、と要望を出す。食べ終わっても洗いもの一つしない旦那にイライラして、自分の分位洗えと言う。なんでついでなのに家族の食器だけ放置されてるの?・・・と右肩上がりで要望は増えていくわけです。

要望にどこまでも応える旦那さん、全く聞き入れない旦那さん、色々対応は違いますが、みなさん「女は満足しない生き物なんだな・・・」と、しみじみ仰ってます(笑)

日々の積み重ねで徐々に疲れが溜まっていくので、最初はできた事でも後々手伝ってほしくなるという事情もあると思います。ただ、あまりにご自身の仕事(生活)に影響が出る程の要望量でしたら、一度話し合われたほうが良いですよ。助け合いが必要だと思いますが、あまりお互いに負担がかかりすぎるのであれば、根本的に見直しが必要かもしれません!(家事を完璧にしようとしてないか、など)

5.タイミングが読めない男性と読ませたがる女性

男性は、家事を手伝ってほしい時に手伝ってくれず、「今かよ!」というタイミングで手伝い、しかも手伝ってくれているはずなのに結局「これってどうするの?」「こうだっけ?」「ここまではちょっとできないな〜」と言うので、その頃にはもうどうしても手が空いていない状態を脱しているので「じゃあもういいよ、私やるよ」となり、男性も(自分でできるのに頼むなよ)という微妙な(険悪な?)空気になるという・・・。

女性は、男性が折角気を遣って「何か手伝うことある?」「これやっておくね」と声をかけても、「何かって何よ!いつも見てるんだから聞かなくてもやってよ!」「え、そっち?こっち手伝ってほしいんだけど」とイラッとした顔で言われ、「なんだよ仕事で疲れてるけど、お前も育児で毎日疲れてるしと思って声かけたのに、そんな言い方ないだろ!」と喧嘩になったりならなかったり(どっちかが言いたい事を飲み込むと喧嘩になりませんがストレスは溜まりますね)。

でも男女に脳の違いはない!?

「女性は右脳と左脳をつなぐラインが太いから、同時に違う事を並行してできる」「男性はラインが狭いから一つのことに集中しやすい」などと聞いた事がある方もいらっしゃるかと思いますが、研究が進み、基本的には男女の脳のつくりに違いはないという事が分かっているそうです。

違いがあるのは生殖能力を司る、本能的な、欲望や情動を司る部分です。人間の特に発達している部分、外部からの刺激で成長したり学習したりする部分には、男女に違いはありません。

例えば、男の子のほうが喧嘩が好き、行動が乱暴だという傾向があります。これが本質的な部分ですね。ですが、成長していくにつれてその情動や乱雑さをコントロールしていく(学習していく)という、脳の役割分担があるうちの、本質的な部分にのみ違いがあるということですね。

少し話が逸れてしまいましたが、要するに昔巷で言われていたような「男女での大きな脳の違い」はありません。

では、なぜこんなにも育児では男女の違いがあるのでしょうか?

本能

となると、もう脳の本能部分で何かしらの決定的な育児への意識の違いがあるに違いない!と思い、色んな本で調べてみたところ(育児中なのに暇ないんじゃないの?と自問自答しつつ・・・)とても分かりやすい、納得できる理由を発見しました。それは・・・

動物としての男女(オスとメス)の役割の違い

これです。

分かりやすく肉食動物で考えてみましょう。オスは、家族を守るために外敵と戦い、餌を狩りに行くという、基本的には攻撃(狩猟)をメインとした生き物です。対してメスは、子や家(グループ)を守るためにグループ内での情報共有や交流、餌を分け与えるといった、守りをメインとする生き物です。そして野生動物は攻守お互いに、役割を分担したり交代したりという事はありません(私が調べた範囲内では、ですが)。

つまり、お互いの役割は意識しているかいないかはさておき、理解できないし踏み込む事もできないということです。

それなら、人間の男女だってお互いの事は理解できないのが当たり前だと思いませんか!?人としてどうよ、という事までではないですよ。でも、寝ている赤ちゃんの横でいびきかいて寝ている旦那さんも、もしかしたら外敵が来たら飛び起きるのかもしれない、キュンてしちゃうかもしれない(笑)、とちょっと考えてみる事もできるんじゃないかと思いませんか?

SPONSORED LINK

まとめ:前向きな割り切りも大切

401577男女の違いというのは、脳や身体のつくりだけではなく、日々の役割にもありますよね。それなのに「なんで?なんで?」と考えたりイライラしたりするのは、とても精神的に負担が大きくて大変ですね。

それなら、もうある程度「だって動物の本能だから」と割り切ってしまうと「じゃあ相手の本能的にうまくできる事ってなんだろう?」と考える事もできるようになります。

本当に辛い時には、そんな事考えずに頼りましょう。でも、日々の生活の中でため息が出ちゃう時には、ちょっと深呼吸して「もしジャングルにいたら」と考えてみたら、ちょっとプッと笑えるかもしれませんよ♪

084571
記事を書いた人:takamama
一言:ポジティブ時々ネガティブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す