赤ちゃんがミルクを飲まない?そんな時、パパがすべき行動は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s

96904f7ac1ff0212010f47e5af76aba6_s

赤ちゃんの面倒くらい、簡単に出来るさ!

そう思っている世のパパ様方!

たくさんいると思います。というか、私もその一人でした。

小さいときから、近所の子供たちの面倒を見たりしていたので、

子供一人の面倒を見るなんて、造作も無いことだと思っていたんです。

そう思っていたんです・・・。

とある日、嫁が

「ちょっと気分転換に、出かけてくるから、赤ちゃんの面倒を1日見てくれない?」

って、言って来たんです。

産休で、赤ちゃんの面倒を24時間体制で見ている嫁のことを考えると、少しでも気晴らしになればと思って、遊びに行かせることにしました。

当然、その間は、私が赤ちゃんの面倒を見るということですよ。

つまり、私と赤ちゃんの二人っきり(笑)

親とこの対話!もう、余裕だと思っていました。

嫁が外出してから、1時間くらいは穏便にすごして、

1時間過ぎたあたりから、「ふん!ふん!」言ってきて

その後は、おしっこに、うんちのダブルコンボ!

と、こんなところであせることは無い!というか、慣れているので、

手早く、パパッっと、おむつ交換!その後は、落ち着きを取り戻して、仕事をぱぱっっと終わらせて、お昼前になったところで、わが子が

「え~~~~~んえん~~~~え~~~~ん」

って、ぱっと時計を見て、嫁が外出する前の9時にミルクを与えていたので、

お腹がすいたのかな?

まずは、オムツのチェック!

よし!OK!

暑いので、汗をかいていないかのチェック!

よし!OK!

といことは、お腹がすいた可能性が高い!

ということで、パパッっと、ミルク作りに着手!

もう、手馴れたものですよ!

といっても、数回しか作ったことが無いけど(笑)

哺乳瓶に、お湯を入れて、粉ミルクを入れて、水で冷まして、人肌にしたら準備万端!

さっそく飲ませようとすると、飲まない?

さらに、「ぎゃ~~~~~~~~~~!」

って、泣きはじめて、必死にあやそうとしても逆効果!

ついには、暴れだしてしまう始末!

もう、何をすればいいのか大パニックですよ!

そして、最後は、泣きつかれて寝ちゃった(汗)

ということで、こんなだめパパにならないように、赤ちゃんがミルクを飲まない時の原因と対処法をご紹介します!

SPONSORED LINK


いつもは母乳で育ててる?ミルクの味が違う!?

804b0f7ddef46f0d975ef9ab0a794fcb_s

あなたは、母乳で育てていますか?それともミルクですか?

って、パパさんが母乳で育ててることなんて無いんですけどね(汗)

赤ちゃんが、ミルクを飲まない原因のひとつは、いつも飲んでいる母乳。もしくは、ミルクと味が違う場合は、飲まないことがあります。

いつも母乳を飲んでいて、急にミルクを与えた場合

ミルクの濃さが微妙に変わった場合

いつも飲んでいるミルクと違うメーカーのものを使用した場合

は、違和感を覚えて飲まないことがあります。

しかし、母乳を飲んでいて、母親がいなくて、ミルクを・・・という場合は、パパではお手上げです。ですが、赤ちゃんもお腹がすくと、最初は飲まなかったミルクをいやいや?飲みます!なので、少し泣かせて、お腹をすかせてから与えると飲むことがあります。

 

乳首の形があっていない!?

28cabfcd8848fa4e6c7679abc9a65fe4_s

哺乳瓶は、どれも同じだとは思っていませんか?

哺乳瓶の便の形はどれも似たり寄ったりですが、乳首の形は違うんです。

形もそうですが、やわらかさ、ミルクが出る穴の大きさなど、

違うんです。ベイビー用品店などに行くと、形も大きさも、やわらかさもミルクの出る量も違う乳首が、たくさん売っています。

価格は、200円~500円程度で販売されています。もし、ミルクを長時間飲まないという場合は、乳首を変えてみることを行ってください。

しかし、すぐに用意できる状況ではない場合は、乳首の先の穴を少し大きくしたりすると、飲むことがあります。

 

吸うちからが弱くて吸えない

大人から見ると、赤ちゃんは、ミルクを飲む。

そして、飲ませるという考えになります。

しかし、赤ちゃんから見ると、ミルクを飲むというより

吸うに近い行動をするんです。

しかし、小さい赤ちゃんですと、吸うちからが弱いことが多いです。

その場合は、ミルクをうまく哺乳瓶から吸えず、飲むことが出来ないので、

口に哺乳瓶を含んでも、ミルクが出てこないので、すぐに吐き出してしまいます。

こういう場合も、「乳首が不適切」同様に、乳首を帰るなり、吸いやすい状況を作るなりして、すいやすくしましょう。

ミルクを与える前は、落ち着かせて!

パパの場合だと、赤ちゃんがお腹がすいてないたらから

すぐにミルクを与えようと思うはずです。

当然私もそうでした。

しかし、お腹がすいて泣き始めたぐらいに、ミルクを与えると、すぐに飲み始めますが、

時間が空くと、「ぎゃ~~~~~」っと、大声で泣いてしまいます。

このときにミルクを与えようとしても、赤ちゃんは、「泣く」事に集中してしまい、

そして、暴れたり、泣き喚いたりするので、「ミルクを飲む」ということを忘れてしまいます。

大きく泣いた場合は、まず抱っこしてから、少し泣き止んで、落ち着かせてから

見るを飲ませるようにしてください。

このときに、泣いているからといって、無理やり飲ませようとしたら、気管支にミルクが流れてしまったり、咳き込んだ拍子に、鼻からミルクが出てきたりと、余計に状況が悪化してしまいます。

注意をして、落ち着かせてからミルクを飲ませてください!

いつもと環境が違う!ここはどこ?

赤ちゃんは、環境の変化に敏感な生き物です。

今回、私の場合はというと、いつもは、嫁が母乳、もしくは、ミルクを与えていました。

そして、嫁が抱えて、嫁のにおいがして、嫁の腕のやわらかさの中、赤ちゃんはミルクを飲んでいました。

ですが、嫁が外出中の今、ミルクを与えているのは、パパである私です。

当然、赤ちゃんからしてみれば、いつもと違う環境の中に置かれているわけです。

私が抱えて、私の匂いがして、私の腕の硬さの中、ミルクを飲ませようとしているんです。

当然、赤ちゃんが「いつもと違う!」と思ってしまうので、ミルクを飲む場所じゃない!と思って、飲んでくれないんです。

ミルクの温度が違う

ミルクを造るときは、嫁がほとんど行っていました。

しかし、私が作ると、温度の個人差があるので、いつもと違う温度になってしまいます。

そうすると、ミルクの温度がいつもと違うので、飲もうとしないんです。

もしよければ、赤外線温度計などで温度をきっちりと測ってから飲ませるのが一番です。

SPONSORED LINK

まとめ:赤ちゃんがミルクを飲まない原因を知って、早めの対処を!

09f5464c669c4cdb68882fca17f66434_s

ミルクを飲まないげんいんとしては、

いつもは母乳で育ててる?ミルクの味が違う!?

乳首の形があっていない!?

吸うちからが弱くて吸えない

ミルクを与える前は、落ち着かせて!

いつもと環境が違う!ここはどこ?

ミルクの温度が違う

の6つからなります。

1回ほど、ミルクを飲まなくて、泣きつかれて寝るのでしたらまだ問題はありません。

ですが、1日に1回もミルクを飲まないと、脱水症状にもなりますし、栄養が足りなくて、危険な状態になります。大人と、赤ちゃんは、まったく別物です。

大人と一緒だという考えで、接しないようにしてください。

今回のミルクを飲まない場合は、軽度のものです。

まったく飲まない状況が続くのでしたら、病気などの影響も考えられますので、

早めに、病院に受信してください。

かわいいあなたの赤ちゃんです。

私と一緒に、一生懸命育てて生きませんか?

084571
記事を書いた人:yuuki938
一言:平凡な父親の非凡な日々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す