旦那がしっかりしないと恥をかく?赤ちゃんのお祝い行事を知り尽くせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
c14f59c576cb3c739820858cf8ec8c2d_s

子供が生まれる前に、安産祈願に行ったりはしたと思います。

もちろん私もしましたよ!

犬の日でしたっけ?

ちゃ~~~んといきましたからね!

私の住んでいるところでは、犬の日の安産祈願に行くと

腹帯と、五色米と、安産の御札と、安産のろうそくをもらうんです。

そして、腹帯はいつもして、五色米は、産婦人科に入院するときにそのまま食べて

安産の御札を肌身離さずもち、予定日の3日前くらいに、安産のろうそくを寝ている隣で火をともし、燃え尽きるまで待つ。という感じでした。

私の親から見ても、妻の親から見ても初孫に当たる赤ちゃんでしたので、

両方の親は、お宮さんにおまいりに行ったり、願掛けに行ったり右往左往してました。

そうしたかいあってか、分娩室に入って、1時間もしないうちにするっと生まれてきました(笑)

術後の経過も良くて、すぐに元気を取り戻してよかった良かったとひと段落していましたよ。

赤ちゃんは、高ピルビン血症だったものの、すぐに元気を取り戻し、横断もすぐに消えて、

生まれて1日目に、ものすごい量の母乳とミルクを飲み干していく大食らいでした(笑)

看護師さんもびっくりする食べっぷりでしたよ!

 

生まれてから2~3日して、私のほうの両親から言われたんです!

「お七夜どうする?」

私は、

「は?なにそれ?」

はい、ここから両親の大目玉(涙)

「そのくらいも知らんで(知らないで)どげんすっとね!(どうするの!)」

病院中に響き渡りましたよ(笑)

よっぽど印象に残っていたんですね!

娘が生まれると気に入ったら、看護師さん全員が覚えていましたよ。。。

恥ずかしいったらありゃしない(涙)

 

ということで、パパになる旦那さん。今まさにパパになったお父さん!

知らなきゃ恥をかく、赤ちゃんのお祝い行事について、今回は説明しますね!

覚えておかないと・・・大変なことになりますよ。

赤ちゃんが生まれたときのお祝い事のカレンダーとして

行事名

お祝いの日

お七夜

生後7日目

お宮参り

生後1ヶ月

男の子は、31日目

女の子は、32日目

(※地方によって若干ずれます。)

お食い初め

もしくは、百日(ももか)

生後100日目

初節句(女の子)

生後最初の3月3日

初節句(男の子)

生後最初の5月5日

初誕生日

生後1年

になります。

それでは、それぞれの行事についてご説明しますね。


最初の難関!お七夜

32bcd3acce39cc09285fe716c761aaee_s

 

 

 

 

 

赤ちゃんが生まれてから、ちょうど7日目に赤ちゃんの名前を決め命名書を旦那が書き、親族へのお披露目と、無病息災を祈願するお祝い事です。

なぜ、生まれてから7日目に行うのかご存知ですか?

昔は、医療技術が発達しておらず、生まれてから1週間以内に亡くなる確率がすごく高かったんです。なので、生まれてから1週間は、子供は神様の子供、神子とされて大切にあがめられてきました。※諸説あり

そのため、神の子に名前をつけるなんてもってのほか!という意味合いをこめていたので、生まれてから1週間は、命名書を作らなかったんです。1週間たちましたら、お互いの子供として、無病息災を願い、命名書を書き、お披露目をする行事になります。

 

ここで旦那がすることチェック!

・お互いの両親に、いつ、どこで、どのようなお七夜を行うか段取りをする(基本的には、嫁の実家でします。)

・お七夜のお膳立て、料理の手配をします。(今は、簡素化してお茶だけというところも多くなっています。)

・命名書に子供の名前を記入する。(命名書は、今はいろんなデザインがあるのでお好きなものを選んでください。字を書くのが苦手な人は、パソコンで作っても大丈夫です。)私みたいに(笑)

 

と、このくらいです。

新米パパさん!

生まれたといって浮かれてないで、要チェックですよ!

 

1ヶ月がたったらお宮参り

6f5621ae43c26c49f0a9999da53eb6a9_s

 

 

 

 

 

 

1ヶ月がたったら、パパさんの方の地元の氏神様に赤ちゃんの誕生の報告と、無病息災を祈願するお祝いです。男の子の場合は、生後31日目。女の子の場合は、生後32日目におこないます。しかし、地域によって若干の誤差があるので、その地区にあった日にちで行います。また、今は、日数にこだわらず、ママさんの体調がいい日、親族の都合が付く日、天候の良い日を選んで行ってもかまいません。

そして、パパさんのお母さんが、赤ちゃんを抱っこしてお参りします。

 

ここで旦那さんがすることチェック!

・和風だと、男の子なら違い鷹羽の紋付など、女の子は、ちりめんの花柄や友禅の祝い着。洋風だと、ベビードレスとケープを用意する。

・パパさんは、スーツ。ママさんは、ワンピースや和装。余所行きの装いを用意する。

・初穂料を包む。白い封筒や、ご祝儀袋(紅白、蝶結び)に入れます。

・写真撮影の準備。お宮参りの日に、フォトスタジオなどで写真を撮ります。(行わなくても大丈夫です。)

・その後の会食の手配(地方によっては、しないこともあります。)

てな感じです。

どんどんすることが増えてきましたね!

大丈夫ですか?新米パパさん!

 

いよいよ本題!お食い初め(百日)

生後100日目に、一生食べ物に困らないで、暮らしていけるように。また、歯がしっかりと生えるようにとの願いをこめて行う行事です。

正式には、白木の三方(さんぼう)、土器の皿、柳の白木箸を用意し、お膳立てをします。

といっても、ここまで私もそろえることができませんでしたので、普通のベビー食器に盛りました(笑)

そして、お膳のメニュは、尾頭付きの鯛、握り寿司、鯉の味噌汁(鯉こく?)もしくは、鯛の味噌汁、煮物、香の物、紅白もちです。

歯固め石は、氏神様の神社の意思を使います。

 

ここで、旦那さんがすることチェック!

・日時の打ち合わせ

・お膳立ての用意(今は業者さんがそろえてくれたりします。)

・歯固め石を拾ってきて、よく洗っておく

です。

業者に頼めば簡単なんですけど、地方では頼めないことが多いので、料理を作って、お膳立てするのが大変なんですよ(涙)

 

どきどきが止まらない初節句

017b09cd99f52df8aa3902595905e5f0_s

 

 

 

 

 

 

初節句は、男の子の場合は、生まれてから初めての5月5日に。女の子の場合は、3月3日に行います。ただし、生後1ヶ月程度で節句を迎える場合は、来年に回すこともあるようです。

男の子の節句は、こいのぼりや武者人形を贈り、大きく育つように。チマキや柏餅などをためべてお祝いします。メニューは決められておらず、子供の好きなものを用意しましょう。

女の子の節句は、雛人形を飾り、両家の両親を招いて、ちらし寿司やハマグリのお吸い物、白酒などの祝い膳を囲みます。こちらは男の子とは違い、メニューが決まっています。

 

男の子の場合は、そこまで大変じゃないんですけど、女の子の場合は大変です。

旦那さんが行うのは

・料理の手配

・こいのぼりを設置する。武者人形を飾る。

・雛人形の飾りつけ

を行ってください!

 

これは、早めに動いておかないと、大変なことになりますよ!

 

やっときたぞ!1歳の誕生日

b940aacd71a3eb3e5901a4034395984f_s

 

 

 

 

 

 

 

やっと1歳の誕生日ですね!

いそんなことがあったとおもいます。

さて、ここできっちり締めないと旦那としてその後が・・・

 

満1歳のときは、盛大に祝うことを年頭に起きましょう。

昔は、栄養状態や生活環境が悪かったので、1歳まで生きられることもが少なかったのです。

1歳のお祝いは、赤ちゃんの好きな料理をそろえましょう。

また、ここで特別に用意するのは、「一升餅」です。なかなか購入するのは難しい品ですが、米穀店などに言えば用意してくれます。よちよち歩きの赤ちゃんに背負わせて、一生食べ物に困らないようにとの願いをこめて行います。ですが、用意するのが大変という場合は、通常の大きさのお持ちを、一升分(1.8kg)リュックに入れて背負わせましょう

 

旦那さんがすること

・両家の予定の日程調整

・料理の手配

・一升餅の手配

・両家のお土産

 

が、必要になります。

 

まとめ:生まれてからは、旦那が主役に!

613c536b3f3c5975e395e6b6bb79a137_s

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てというと、母親が主体って考えになりますけど、行事などさまざまなことでサポートしていかなければなりません。そうしないと、私のように・・・(涙)

とにかく!赤ちゃんが生まれてから1年は、気を張っておかないと大変なことになります。

お七夜  生後7日目

お宮参り 生後1ヶ月 男の子は、31日目 女の子は、32日目

(※地方によって若干ずれます。)

お食い初めもしくは、百日(ももか)生後100日目

初節句(女の子) 生後最初の3月3日

初節句(男の子) 生後最初の5月5日

初誕生日 生後1年

 

ということを忘れないようにしてください!

いまや子育ては、父親だって主役ですよ!

 

084571
記事を書いた人:yuuki938
一言:平凡な父親の非凡な日々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 


フォームに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す