花婚式、絹婚式、皮婚式、書籍婚式のプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
花婚式、絹婚式、皮婚式、書籍婚式

 

倦怠期や、相手の気になるところ、嫌なところを乗り越えてとうとう結婚4年目となる記念日。

それが花婚式。

他にも絹婚式、皮婚式、書籍婚式なんて言葉もありましたが、

他は意味がわからなかったので花婚式で説明しますね(爆

SPONSORED LINK


花婚式、絹婚式、皮婚式、書籍婚式の意味とは

花婚式の意味は、花が咲く4年目という意味でありお互いのことを理解し、より夫婦としての形が見えてきたのではないでしょうか。

花婚式にプレゼントするのは、その名のとおり「花」です。

こちらの花がすんごいオシャレだったので紹介しますね。(少し高いですが、他ではあまり見たことが無いプレゼントだったので紹介しますね^^)

ただ・・・

花婚式、絹婚式、皮婚式、書籍婚式の我が家

花というのは良い意味に聞こえるかもしれませんが、花にもいろいろな花があります。

きれいな花だけでなくとげのあるバラ、首がとれるひまわり、わなを張るハエとり草、毒のあるトリカブト

まぁ、花だけではありませんがいろんな花というか植物があります。

これと同じように夫婦にも

幸せな夫婦だけでなく

・我慢している夫婦

・罵り合う夫婦

・あきらめた夫婦

・離婚した夫婦

いろいろな形があってそれにあった花が咲いたと思います。

植物は自分の特性を選ぶことはできませんが、人間はどの花を咲かすのか選ぶことができます。

うちの4年目は特に大きな問題はありませんでしたが転機はありました。

その転機というのが、、、

ある日、うちの奥さんからこんなことを言われました。

「そろそろ海外行きたいな~もうずっと海外に言ってないから行こうよ。」

僕は仕事で忙しかったのでそうだね、いけたらいいね~という言葉で濁していたんです。

うちの奥さんは海外大好きで特にオーストラリアが好き。

若い頃は、オーストラリアにワーキングホリデーに行き、その後も、立て続けにオーストラリアに行ったそうです。

僕と付き合っていたときもヨーロッパに女友達と2人で行ってましたし、

僕とはタイに行きました。

そんな、海外大好きな奥さんから以外な一言が飛び出します。それが、息子(当時3歳半)との海外留学。

しかも行き先はやっぱりオーストラリア。

奥さんの両親や親戚は「旦那を置いてあんただけいくなんて常識がない!」

と言われたそうですが、うちの奥さんはへっちゃらです(笑

しかも、ふつうの旦那さんなら「家事とかどうすんだ!」的な感じかもしれませんが、僕の答えは、

( ゚∀゚)イィョ―ゥ

という回答。奥さん的にはそんなにあっさりとOKをもらえると思ってなかったようです。

でも、僕は自分の時間が欲しかった。

大好きな漫画喫茶に入り浸りたかった。

ゲームもしたかった。

その当時流行っていたネットゲームで

徹夜をしたかった。同僚とパチスロにも行きたかった。

そんな下心満載の僕は何の考えもなしに、

( ゚∀゚)イィョ―ゥ

という返事。

そこからの奥さんの行動は早かった・・・ホームステイ先を探し、息子を入れる保育園を探し、チケットや、必要なもの、必要なお金をなどをすべて用意。

息子のパスポートの用意や保険などにもしっかりと入り、

トータル2ヶ月ほどで用意はすべて完了。

さっささと海外に行ったんです。

空港まで送ったんですが、その帰り道は半端なく寂しかったです(涙

そして、海外に行っている間に僕はあるものと出会うんですが・・・

それが、今やっているインターネットでのお仕事。

まぁ、簡単に言えばインターネットを使って商品販売の代行をしたり、集客の代行をしたりする仕事でした。

このおかげで、切迫早産した奥さんに対して、毎日家事や育児を僕が担当し負担を減らすことが出来ました。

最初は、インターネットでお金を稼ぎたーい!って気持ちで始めました。

でも、うまくいかない・・・貯金も使い果たしたころに少しずつうまくいって今では毎日家にいても収入が入るようになりました。

ただ、それまでにはどうやったらお客さんはものを買ってくれるのか?どうしたらリピートのお客さんを増やせるのか?

こういうことを考えた結果、心理学というものを学ぶことになったんです。

SPONSORED LINK

そのおかげで、自分のことや奥さんのことがわかるようになり、今では幸せな家庭を築いています。

まぁ、だからといってインターネットを使ってビジネスをしましょー!なんてことは言いません(笑

そうではなくて、自分のことや相手のことを知るために、まずは「人間について知りましょう」ということです。

こちらのメルマガで、僕が学んできたことを出来る限りわかりやすく伝えているつもり(笑)

なのでよければ読んでみてください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 


フォームに移動する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す