なぜうちの子は心身症(不安症、不安障害)を改善できたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも、ザビエルです^^

今日は、ある不安症のお子さんを抱えるお母さんから手紙を頂いたので、ご紹介しようと思います。

13293020_s

前略ザビエル様

筆不精の私が、ザビエルさんへの感謝の気持ちと娘の変化をお伝えしたくお手紙書かせていただきました。

「子供の症状改善」を始めてまだ日も浅いのですが、娘に素晴らしい変化を感じています。

娘(10歳)は、5歳の時に「心身症」と診断され、現在も小児心理に通院しています。

幼稚園の時は、誰とも喋らず関わらず、ただいるだけでした。

入学しても「どうしよう」でいっぱい。

毎日が不安だらけで、新学期の4月から6ヶ月までは神経性下痢で、毎朝トイレに入りっぱなしでした。(毎年です)

何をするのも、人の倍の時間がかかり、小さなおにぎりを30分もかけて食べてる、、、テレビを見ながら、、、パジャマのままで、、、朝ギリギリになって、あれがない、、、これどうしよう、、、部屋は片付いていない、、、

(中略)

今、娘の不安が少しずつ安心へ変わっているようです。

学校で硬筆展の代表に推薦されたのですが、以前なら間違いなく断っていたと思います。

自分より上手な子がいるのに、結果を出せなかったらどうしよう、、、やっぱり○○ちゃんの方が良かった、、、とか、皆から言われるんじゃないか、、、と不安になるはずだから。

それが、「やってみたいです!」と言ったんです。

友達からたくさんの「頑張って!」をもらい、毎年代表になっている子からも「応援してるからね」と声をかけられて感動してました。

娘にとって大きな自信になったと思います。

担任の先生から「最近手を上げて答えてくれるんですよ~」「どうしたんですか~?」「すごい変化ですねー!」と言われました。

そうです。

もう、少しの変化ではなく、激的な変化です。

先月、娘が私に抱っこして言ってくれた言葉。「ママは私の気持ちがわかるんだねー」

とってもとっても嬉しかった。

(中略)

1年前ザビエルさんとワークをやって、たくさんのことに気づくことができて、今少しずつ夫婦がお互いの気持ちに寄り添い、思い合えるようになりました。

笑顔いっぱい、幸せ家族になります。

私の人生、家族皆の人生を変えてくれたザビエルさんに、本当に心から感謝です。

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

なっちママより

では、一体どうしてなっちママさんのお子さんの心身症(不安症、不安障害)は改善したのか?

ここについて説明していきたいと思います。

ただ、改善した理由を知るには、心身症(不安障害)が起こる原因をまずは知る必要があります。

1.心身症(不安障害)の原因

もっと大切なこと

心身症が起こる原因としては、いろいろと言われています。

日本心身医学会では、

現代社会はストレスに満ち溢れ、多くのストレス関連疾患がみられますが、そのうち高血圧症や胃潰瘍などの身体疾患に、

心理・社会的因子が密接に関与した病態を心身症と呼びます。

という風に定義付けられています。

まぁ、簡単に言うと、精神的ストレスによって心身症(症状)が起こるという感じでしょうか。

でも、それだけでは不十分で、そもそもストレスと心身症の因果関係がわかりにくいですよね。

なので、ここでは、認知心理学という学問から紐解いていきましょう。

そもそも、心身症などの「心の病」(を伴う身体疾患)は、自己肯定感、自己重要感、存在価値などが低いことによって起こると言われています。

では、自己肯定感、自己重要感、存在価値とは一体何でしょうか?

もしかしたら、いまいち理解が難しいかもしれません。

僕自身は、存在価値という言葉をよく使っていて、その定義は、「自分が思っている自分という人間の価値」と言っています。

ようは、ストレスを感じ続けることで、自分の価値が低くなり、心身症(特に不安症、不安障害)が起こるというイメージですね。

ストレスを感じることで、自分はダメな人間なんだと感じ、自信がなくなっていく。

そして、何をやってもうまくいかない自分、ダメな自分、何をしても間違う自分というレッテルを自分自身に貼り、

そんな自分だからこそ、周りの目が気になる。失敗ができない。笑われる。何をしてもうまくいかない。と思い込んでしまう。

その思い込みが自分自身の心を傷付けていき、「不安症、不安障害」などの「心の病」に関連した症状がぽつぽつ出始める。

それがどんどんひどくなると、ひきこもり、登校拒否、家庭内暴力などの大きな問題に発展していくわけです。

そして、この存在価値(=自己肯定感、自己重要感)を高めることで、症状を改善しようと世間一般では言われています。

それが、「認知行動療法」と言われる方法。(日本認知・行動療法学会などで詳細は説明されています)

一般的に、存在価値を高めるために、「褒めましょう」「抱きしめましょう」「イライラしない」「怒らない」「認める」「受け入れる」などと言われたりします。

もちろん、この方法も効果はあるのですが、残念ながら、「根本解決に至らない場合が多い」かもしれません。

なぜ、根本解決に至らないのか?そこについてもう少し深く入っていきましょう。

2.心身症(不安症、不安障害)の改善方法

魔法の正体

そもそも僕自身、根本解決するには、3つのアプローチが必要だと思っています。

それが下記の図です。

roooop

この図の「イライラ」「ネガティブフィルター」「存在価値の低下」の3つにアプローチを掛けるってことです。

もう少し具体的にすると、

たとえば、宿題をしない子供をみて、「宿題をしなさい!」「なんでやらないの!」「いつもいつも・・・!」と怒りを子供にぶつけたとします。

その怒りを受け取った子供は、自分の中で(勝手な)解釈をします。

特に感情的に怒れば怒るほど、子供の中では「怒られた」という印象しか残らなくなります。

 

すなわち、「勉強をしないから怒られた」とは受け取っていない可能性が高いです。

実際に、何でも良いので怒ったあとに、お子さんに「何で怒られたと思う?」と聞いてみてください。

大半が、「わからない」とか、検討違いな理由を言うと思います。

そうなると「勉強をしないから怒られた」とは受け取っていなくて、「怒られる理由を考え始める」わけです。

そこで「自分がダメだから怒られる」「自分が嫌いだから怒られる」「自分がいるからお母さん(お父さん)は怒る」と思い込みます。

(これは決して、親が悪いとか、育て方が悪いって話をしたいのではありません。そうではなく一例です。)

これがネガティブフィルターとなります。

そして、ネガティブフィルターが出来上がると、目の前の出来事をこのネガティブフィルターを通してみてしまいます。

たとえば、家や学校で何か失敗をしたら、「やっぱり自分がダメだからうまくいかないんだ」とか、やったことが無いことであれば、「自分はダメだからきっと失敗する」と思い、一歩踏み出せない。

そうなると、「自分がいるからみんなの足を引っ張るんだ」「自分が邪魔をしてるんだ」「自分のせいで怒るんだ」「自分なんていない方がいいんだ」と存在価値が低下していくわけです。

この場合は、「不安症、不安障害」と言われる症状が現れ始めます。

3.心身症(不安障害)への3つのアプローチ

16183387_s

それでは、どうやってこの3つのアプローチを行うのか?というと、、、

3-1.存在価値を高める

ちょっと有料会員さん向けに提供している方法なので、具体的にここではお伝えできませんが、世間一般で言われている、「褒める」「スキンシップ」などでも大丈夫です。

ただ、やはり「褒める」って無理して褒めたり、頑張って褒める部分を探して褒めたり、褒めなきゃ!と思ってやるんで、結構ストレスがかかりますよね。

僕が提案している方法は「褒めなくても良い」という方法なので、無理をせず誰でも実践が可能です。(しかも、効果があるのもわかっています)

3-2.ネガティブフィルターをポジティブフィルターに変える

次に、ネガティブフィルターですが、こちらも申し訳ないです・・・具体的にはお話しできません。

ただ、ヒントとしては、ネガティブフィルターが出来上がる流れは説明しましたよね。

簡単に言えば、ネガティブフィルターが出来上がる流れとは逆のことをすれば良いということになります。

ですが、これは絶対に勘違いして欲しくないんですが、「ポジティブシンキング」ではありません。

あれはやればやるほど、精神的に追い詰めることになりかねませんので、注意が必要です。

3-3.自身のイライラを開放する

そして最後は、ご自身のイライラについてですね。

こちらも有料会員さんにお伝えしている方法なので、ここでは書けませんが、実はつい最近、わずか8つの質問に答えることで、このイライラが極端に減るスキルを生み出しました^^

流れ的には、自分のイライラに気付く、イライラがどういうものか分解する、分解したイライラから、そのイライラを持ち続けると、お子さんがどんな大人になるのか?を想像する。

本当にそのイライラは持ち続ける必要があるのかを検討するって感じです。

(本当はもっともーーーっと簡単ですが^^;)

で、この3つのアプローチが重要になってきます。

ここからは、少し心理学などの勉強が必要になるので、ここでは書ききれませんが、興味があれば、学んでみませんか?

下記メルマガで、教えているので、興味があれば、読んでみて下さい^^

1、2通読んで、何か違うと思われたらいつでも解除できますので!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

ブログ投稿者

コメントを残す


興味がある方をどうぞご覧ください^^
興味がある方をどうぞご覧ください^^