今すぐできるモラハラ夫を従順にしつける対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プリント

ザビエルです。

あなたはもしかしたらモラハラ夫に困っているかもしれません。

辛い日々を送っているかもしれません。

ですが、安心してください。モラハラ夫を従順にしつけるための対処法をこれからじっくりと説明していきたいと思います。

ぜひ最後までじっくりと読んでみてくださいませ^^

SPONSORED LINK

1.モラハラ夫を従順に躾けるために

それでは、これからあの超強敵なモラハラ夫を従順にしつけるための方法というものをお伝えしていきたいと思います。

これは、主に心理学を応用していますので、人間の本質に基づいたしつけ方法になります。

そして、実はこの方法というのは2つあるので、どちらでしつけるかはあなたが選んでください。

それでは、いってみましょう。

2.人間の本質

人間は快か痛みかのどちらかで動くというふうに言われています。

まあ、簡単にいえば飴と鞭の理論ですよね。

例えば、これをやったら何かをあげる、ごほうびをあげる、もしくは、これをやらないとこんな痛みがあるというどちらかです。

そして、一番いい動かし方は、痛みを最初に与えて、その後で快で走り続けるというのが、最も効果的というふうに言われています。

では、モラハラ夫をしつけるために、この痛みと快による、人間が動く本質をどう活用していけばいいのか。

それについて、お話ししていきたいと思います。

3.あなたはどちらでしつけたいのか?

先ほども言いましたが、人間は快か痛みかで動きます。

すなわち、モラハラ夫を痛みでしつけたいのか、快でしつけたいのかによって、あなたの行動が変わります。

ただし、これは非常に注意が必要なのですが、このどちらかで動かした結果、どのような未来が待っているのかというのも、常に見据える必要があります。

それでは、一体それぞれのしつけ方法で、どのような未来が待っているのか。

4.痛みを与えた未来

大半の人は、この痛みを与えるしつけ方法を取ろうとします。

例えば、離婚で脅したり、もしくは、いかにこのモラハラ夫がおかしいのかということを言ったり、逆には泣いて「自分が悪いの、自分が悪いんでしょ」と自分を責める。

そして、いかにあなたが私を苦しめているのかということを表現しようとする。

そして、旦那にそれがいかにおかしいことなのかを分からせようと努力をします。

もちろん、この方法でもいいと思います。

ですが、その先に待っている未来というのはどういうことかというと、モラハラ夫の凶暴化や、あなたが疲弊して精神病にかかったり、離婚という決断を取る可能性が高くなります。

すなわち、夫婦関係というのはどんどん壊れていく可能性のほうが高くなるということです。

では、逆に快を与えた未来はどうなるのか。

5.快を与えた未来

快を与えた未来というのは、夫に快を与える、要は夫を気分良くさせるということです。

ただ、ここで勘違いしてほしくないんですが、夫を喜ばせるためにあなたが頑張る必要性は全くありません。

そうではなく、あなたと一緒にいて楽しいと夫が思うことが重要なんです。

あなたが努力して、夫の言うことを聞くわけではありません。

それをすればするほど、あなたは疲弊していきますし、夫は図に乗ります。

なので、そこではないわけです。

それでは、もう少しお話ししていきたいと思います。

6.痛みなら痛みが快なら快が与えられる

これは簡単に言えば、どちらかの感情を与えれば、どちらかの感情が返ってくるという法則が働くということです。

先ほども伝えましたが、痛みを与えれば、相手はストレスを溜めます。(そうとうM気質なら快になるかもしれません苦笑)

そのストレスは、より弱い相手に向きます。たとえば、子供や物にあたる、自分を責めて、自分をうつ病にしてしまう、、、どんな結果が出るかわかりませんが、あなたが痛みだと感じるものが返ってきやすくなるわけです。

では、快ならどうでしょうか?

相手に快を与えると、相手は喜びやすくなります。相手が喜ぶと、当然ですがあなたにも快を与えたいと思うわけです。

人の感情は非常にシンプルです。

痛みを与えれば、痛みを返したいと思い、快なら快を返したいと思うわけです。

ただし、これは100%そうなるという話がしたいのではありません。

そうではなく、あくまで確率の話です。

そして、どちらを与えるのかはあなたが選ぶことができます。

7.オススメは快

僕としては、お薦めは快を与えることです。

そして、快を与えるというのは先ほどもお話しした通り、夫があなたといて「楽しい」「嬉しい」「感謝できる」というような、いい感情を感じることだと思っています。

そして、いい感情を与えるからこそ、このモラハラというものはなくなっていきます。

しかし、先ほども言った通り、痛みを与え続けると、「あなたはいかにおかしいのか」「あなたはいかに間違っているのか」ということを認識させようと努力すればするほど、夫のモラハラはひどくなったり、DVに発展したり、はたまた、あなたには精神病や離婚という決断に向かわせる可能性が出てきます。

ですので、ぜひここではお薦めは快の選択を取ることをお薦めしています。

8.快の与え方

それでは、夫があなたと一緒にいて「幸せだ」「楽しいな」と思うにはどうすればいいのかというと、これは実は非常に簡単なんですが、あなたが幸せになることが最も重要になってきます。

これは、よく考えてほしいんですが、あなたの状態がいいときと悪いときという2つの種類があったとします。

あなたの状態がいいときというのは、いわゆる機嫌がいいときですね。

このときは、例えば、ちょっと手間でも旦那の好きなものを作ってあげようとか、ちょっとしたことでイライラしなかったりとか、笑顔が増えたりとか、ちょっと面白いことを言ってみたりとか、そういうことができると思います。

しかし、一方であなたの気分が良くないと、ちょっとしたことでイライラしたり、夫を喜ばせるという発想は全く生まれずに、それよりも嫌なところばかりが目についてしまうということが起こるかもしれません。

なので、ここで重要なのが、あなたがあなたのご機嫌を取ること。

そして、機嫌を取ることによって状態が良くなれば、あなたは気分良く過ごせるわけです。

気分良く過ごせてるあなたと接する夫は、あなたからいい感情というものを受け取ります。

そうすると、実はそのいい感情というのは、夫からあなたにまた戻ってくるんですね。

なので、ここでは、まずあなたが気分良く過ごすというのがすごく重要であるということを覚えておいてください。

9.あなたがご機嫌に過ごすこと

先ほども話しましたが、あなたがいかに機嫌良く過ごせるのかが、実はモラハラ夫を従順にしつける方法であるわけです。

何度も言いますが、痛みでしつける方法と快でしつける方法の両方があります。

そのどちらを選んでも、あなたにとっては正しい選択なので、僕はどちらでもいいと思います。

ただ、未来を想像して行動に移してほしいんです。

痛みを与えた未来はどんな未来なのか、快を与えた未来はどんな未来なのか。

あなたはこれまで、痛みを与えるようなしつけ方法をしてきたのではないでしょうか。

結婚当初はそこまでモラハラというふうに感じなかったのが、結婚して何年か経つと、「何てひどいことを言ってくるんだ、この人はモラハラなんじゃないか」と感じ始めた。

でも、実は過去を振り返ってみると、痛みであなたはしつけようとしてたかもしれない。

その結果、モラハラという行動で返ってきた可能性もあるわけです。

ということは、当然また同じような痛みでしつけるようなことをすればするほど、そのモラハラというものはもっとひどくなる可能性が高くなるわけです。

なので、ぜひここでは、まずは夫のモラハラ云々はちょっと置いておいて、あなたが機嫌良く過ごすことに意識を向けてみてください。

10.あなた次第で夫は変わる!

これも先ほどお話しした、あなたが変わればモラハラ夫は変わる可能性が十分高くなります。

痛みでしつけていたものが、快でしつけるようになるわけなので、それを受け取る夫というのは、痛みやストレスではなくて、喜びや楽しみという感情を受け取るわけです。

そうなると、当然夫から返ってくる反応というのは、いいものが多いです。

当然ですが、ストレスを与えればストレスが返ってきます。

痛みを与えれば、痛みが返ってきます。

脅しを与えれば、脅しが返ってくる。

でも、逆に喜びで与えれば、喜びが返ってくる。

楽しみを与えれば、楽しみで返ってくる。

これは、全てその通り返ってきます。

なので、あなた次第、本当にあなた次第で夫は180度変わります。

ぜひ一度試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12,856名が登録し、毎月700名以上が参加するメルマガ

ちまたでは夫婦関係を良くするためとか、良い子を育てる方法として、

「相手をほめましょう」
「相手を認めましょう」
「少しぐらい我慢しましょう」
「相手にプレゼントを送りましょう」
「相手の目をみて話しましょう」
「相手の話を聞きましょう」
「相手を不快にさせるのはやめましょう」
「一緒に行動しましょう」
「許せないことは忘れましょう」

と言われていますが、実はこんなんじゃー、「本当」のしあわせな家族なんて作れませ。こんなことをしたって、良くなるのは一時だけ。結局は元に戻ってしまうんですが、これは例えて言うなら

キンピラゴボウを作るのに、砂糖を入れるところを塩を入れてしまい泡ぶくになるのと一緒。

そうではなくて、まずは失敗しないレシピを学びませんか?

僕は心理学、哲学、教育学、自己啓発、宗教の考え方などを学んだことで、誰でもしあわせな家族になれるレシピを見つけたんです。(実際にこのメルマガで変化を感じたという声も多数頂いています)

そして、僕はそのレシピを使ったことで、本当に幸せな家族を作ることができました。実際にどう変化したのか?はこちらの幸せな家族を作った学びとは?をご覧ください。

また、こちらのメルマガでは、書籍やテレビでは語られていない具体的な【幸せな家族を作るレシピ】を公開しています。

もし現在、夫婦喧嘩が絶えない、仮面夫婦、別居中、セックスレス、離婚を求められている」という場合、それだけでなく「子供にイライラしてしまう、子供への愛情が湧かない、子育てが辛い、疲れた」という場合や

「姑との関係が悪い、相手や自分の家族を好きになれない、自分を好きになれない、仕事が楽しくない、人間関係に疲れる」という場合でも登録してみてください。

あなたにとってほんの小さな変化のきっかけになれればと思っています。
※必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1、2通読んでみてください^^

 

メルマガの感想の一部をご紹介します。

<ゆーぼんさん> 
苦しくて、辛くて、痛かったけど、当たり前のことが、幸せだったということに気付けた。 
今の自分は幸せだと思えるようになりました。 


<のぶえさん> 
ザビエルさんからのメルマガ、毎回「今回はどんな内容なんだろう」と楽しみにしています。 今迄買って読んだ本と違うのは、難しい事は一切書かれていないし、◯◯するべきだ、◯◯は正しく△△は避けるべきという内容ではない事です。

答えは誰かに与えてもらうものではない。 

内容にヒントを見いだし、答えは自分で足掻きもがいて探していく過程だ、という風に感じました。 
ただ読んで満足していては何も変わらない、変わろう、変えようと望みそして行動に移す、そうする手助けをして頂いている様に感じています。 


<とむさん> 
色々なサイトを見て渡り歩いて、ザビエルさんのサイトに辿り着きました。 ザビエルさんの以前の状況が私の今と全く同じ状況で、とても共感でき、これまで気づかなかったものの見方や心の持ち方を教えてもらいました。 これからも引き続き参考にさせて頂きたく思います。ありがとうございます。 


<あきこさん> 
ザビエル様、こんにちは。あきこと申します。メルマガに登録し、1ヶ月ほどになります。 このメルマガを知る前は、なぜ私はこの人と結婚してしまったのか、なぜこの義両親と付き合っていかなければならないのかをずっと悩み続けていました。 

離婚したい旨を話したことも何回かあります。 でも、メルマガを読みながら、少しずつですが、トレーニングを始めています。 
まだまだ、なんとかしたいけど、誰かのせいにしようとしてしまったり、結婚したことをうじうじ悩んでしまったりと、気分のムラはあります。 

でも、ほぼ毎日送られてくるメール に対し、もう一人自分を支えてくれる人が増えたような心強い感覚があります。 

そして、夫婦関係以外のところで、人に心から感謝したいと思う出来事や、自分はもうすでに幸せなんだと感じる出来事がたくさん転がり込んでくるようになりました。 ゆっくりではありますが、トレーニングを続けていくことで、夫婦関係もよくできるのではと思っています。 これからもよろしくお願いします。


<あまるさん> 
毎度なるほど~と、頷きながら読ませていただいてます。変わりたいとは思いつつもやはり、相手の態度、発言にイライラしてしまいます。 

が、前とは完全に違うところがあります。やって欲しいことをやってもらえない時、前にも頼んだのに自らやってくれない時イラっとした後、まぁ、こういう人なんだ、自分と考えが違うだけなんだ、じゃぁ、やって欲しいとお願いしてみよう!と、思えるようになりました。 

時間はかかるかと思いますが少しづつ、少しづつ変われてる気がします。 

でも自分ばっかり努力してるのに相手の為に自分が変わらなきゃいけないのかと思うとそれもまたイラっとする時があります笑 


<Chaikaさん> 
今回のメルマガに限った感想では無くてすみません。 

まだまだ試行錯誤、暗中模索な毎日ですが、本当に日に日に、今までは何とも思わなかった、当たり前だと感じて来たことに、感謝が湧いてくるようになっています。心の状態としては格段によくなっています。 

特に、今まで在り来たりだと思ってきた、なんの深みも感じなかった以下の二つの言葉が、 
今の私にとってとても深く、暗闇から出口へ導いてくれる光のようになっています。 

・ものは考え様
・青い鳥はすぐそばに 

ザビエルさんのブログやメルマガを読む様になって、****など、昔の人はとっくのとうに気付いてたこと、実行してたことでもあったんですね。 
少しずつでも自分の残り半生を、自分が感じる感情の質を高めて、生きていきたい、生きていける、と前向きな気持ちが生まれてきています。 


<グッチさん> 
いつもじっくり拝読させて頂いております。 ザビエルさんが書いて頂いていることを日々少しずつ実践し、自分が変わりつつあると感じています。 
そして、そのことによって(今まで少なからず不満を抱いていた)妻も変わってきているのではないかと感じています。 
引き続き勉強させて頂きますのでこれからも宜しくお願い致します。 

 

ブログ投稿者

コメント

  1. 匿名 より:

    メールマガジンを読ませていただき、とても参考になっています。
    自分なりに考えを改め、自分を満たしてご機嫌な状態を作ったり、相手の本当の気持ちに以前よりは気づけるようになりました。

    ですが、私から夫に話しかけても「あぁ」「ん~」くらいしか返事がなく、夫からは話しかけられない日が続くと、どうしても気持ちが沈んでしまいますし、「私の一方的なコミニケーションに意味はあるのだろうか?」とも思ってしまします。

    自分に無理をしてまで相手に尽くさなくてもいい‥‥ともおっしゃっていましたが、私からの一方的な会話でさえ、無くなるとコミニケーション0の夫婦になってしまうので、どうしたらいいのか悩んでいます。

    何かアドバイスをいただけたら幸です

  2. ザビエル より:

    コメントありがとうございます!

    アドバイスはしておりませんので、ご了承くださいm(_ _)m

    ただ、なぜそのような関係になってしまったのか?ここを理解されると、旦那さんがそのような会話をする理由が見えてくるかもしれません。

    ちょっと抽象的でわかりづらいかもしれませんが、お伝えするのに時間がすごくかかってしまうため、ご理解いただけると幸いです。

コメントを残す


【無料】幸せな家族になる秘訣
夫婦関係が壊れる3つのルールとは?
興味がある方をどうぞご覧ください^^